北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇6種類の“Kaveri”のラインナップ
AMD Kaveri APU Lineup For 2014 Leaked – Six New A-Series APUs With SteamrollerB and GCN Cores(WCCF Tech)

WCCF Techでは2014年に登場する“Kaveri”APUの全ラインナップの情報を入手した。これらはいずれも“SteamrollerB”CPUコアとGraphics Core Next GPUを搭載し、高速化及びマルチタスク性能の向上が図られ、またHeterogeneous System Architecture (HSA) によりCPUとGPUで統合されたメモリ空間を共有する。

“Kaveri”は当初3種類―A10-7850K, A10-7700K, A8-7600の存在が明らかになっていた。しかし2014年全体で見るとさらに3種類のモデルが存在することになり、その中にはSocketFM2+プラットフォームとしては低価格向けとなるA6, A4 seriesが含まれる。
この2014年のAPUだが、4-coreまでの“SteamrollerB”CPUコアと、512spまでのGraphics Core Next GPUコアを搭載し、HSAに対応する。またAudio DSPを搭載しており、AMD True Audioをサポートする。APIとしてMantle, OpenGL 4.3, DirectX 11.2に対応する。I/OとしてはPCI-Express 3.0に対応、省電力機能はAMD Zero Powerを搭載する。
 
A10-7850Kは2014年の“Kaveri”APUの中ではフラッグシップとなる。CPUは“SteamrollerB”コアを4-core搭載し、L2キャッシュ容量は4MBである。CPUの周波数は定格3.70GHz / Boost 4.00GHzである。iGPUはCompute unit 8基 / StreamProcessor 512基を搭載し、周波数はBase 654MHz / Boost 720MHzとなる。A10-7850Kはオーバークロッカー向けに倍率ロック解除仕様となっている。またメモリはDDR3-2133まで対応し、TDPは95Wとなる。

A10-7700Kは2種類目の倍率ロック解除仕様のモデルである。CPU周波数は定格3.50GHz / Boost 3.80GHzである。L2キャッシュ容量は4MBである。iGPUはCompute unit 6基 / StreamProcessor 384基を搭載するものとなり、周波数は720MHzとなる。TDPは95Wである。A10-7700Kは後述するA8 seriesをTDP95Wにし(てCPU周波数を上げ)たものと見ることも出来る。

A10-7800は新たに明らかになったSKUで、末尾に“K”がつかないモデルである。A10-7800は4-coreでCPU周波数は定格3.50GHz / Boost 3.90GHzである。iGPUはCompute unit 8基 / StreamProcessor 512基で、周波数はBase 654MHz / Boost 720MHzとなる。A10-7800はTDP65Wとなるが、倍率ロックがかけられており、倍率変更によるオーバークロックには対応しない。

A8-7600は4-coreの“Kaveri”の最後のモデルである。CPU周波数は定格3.10GHz / Boost 3.80Ghzであり、L2キャッシュ容量は4MBである。TDPは65Wで、メモリはDDR3-2133まで対応する。iGPUはCompute unit 6基 / StreamProcessor 384基となり、周波数はBase 654MHz / Boost 720MHzである。

残りの2種類、A6-7400KとA4-7300は2-coreモデルで、$100以下の価格帯に投入される。A6-7400Kは2-coreでL2=1MBである。iGPUはCompute unit 4基 / StreamProcessor 256基である。TDPは65W、メモリはDDR3-1866までの対応である。周波数はCPU・GPUともにわかっていない。A4-7300は2-coreでL2=1MBである。CPUの周波数は定格3.40GHz / Boost 3.80GHzである。TDPは65Wとなる。iGPUはCompute unit 3基 / StreamProcessor 192基を搭載し、周波数はBase 480MHz / Boost 514MHzとなる。

より詳しい詳細はCES 2014で明らかにされると思われる。

以下にスペックをまとめます。

A-series 7000 APU(Kaveri / 28nm / SocketFM2+)
コア数定格周波数
TC時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
GPU
SP数GPU周波数
A10-
7850K
4-core
2-module
3.70GHz
TC 4.00GHz
L2=2MB x295W2ch DDR3
-2133
'14/1/14
$189.24
Radeon R7 2**D
512sp654MHz
Max 720MHz
A10-
7800
4-core
2-module
3.50GHz
TC 3.90GHz
L2=2MB x265W2ch DDR3
-2133
'14/1/14
Radeon R7 2**D
512sp654MHz
Max 720MHz
A10-
7700K
4-core
2-module
3.50GHz
TC 3.80GHz
L2=2MB x295W2ch DDR3
-2133
'14/1/14
$167
Radeon R7 2**D
384sp***MHz
Max 720MHz
A8-
7600
4-core
2-module
3.10GHz
TC 3.80GHz
L2=2MB x265W2ch DDR3
-2133
'14/1/14
Radeon R7 2**D
384sp654MHz
Max 720MHz
A6-
7400K
2-core
1-module
*.**GHz
TC *.**GHz
L2=1MB65W2ch DDR3
-1866
2014
Radeon R5 2**D
256sp***MHz
Max ***MHz
A4-
7300
2-core
1-module
3.50GHz
TC 3.80GHz
L2=1MB65W2ch DDR3
-1866
2014
Radeon R5 2**D
192sp480MHz
Max 514MHz


表には登場時期も記されており、4-coreの4モデル―A10-7850K, A10-7800, A10-7700K, A8-7600は1月14日に登場すると書かれています。ただし国内情報で1月14日に登場すると言われているのはA10-7850KとA10-7700Kの2種類のみです。なお、WCCF TechではA10-7700Kの周波数は定格3.40GHz / TC 3.80GHzとしています(hermitage akihabaraの情報では定格3.50GHz / TC 3.80GHz)。



◇A10-7800とA10-6800Kの比較ベンチマーク
AMD A10-7800 Kaveri APU Benchmarked And Compared Against A10-6800K – Tested With HD 7750 (Dual Graphics)(WCCF Tech)
Home at last! The first thing fat "Computer" on kaveri apu full version evaluation(Baidu)

中国語のForumにA10-7800のリテールサンプルとA10-6800Kを比較したというベンチマークが掲載された。

A10-7800は今回新たに明らかになったSKUでCPUは4-coreで周波数が3.50GHz / TC 3.90GHz、GPUはCompute unit数8 / StreamProcessor数512で、周波数がBase 654MHz / Boost 720MHzである。TDPは65Wとなる。

スペックも興味深いが、ベンチマークもなかなかのもので、A10-7800はA10-6800Kに対し、同周波数では明らかに上回っており、“SteamrollerB”コアによるIPC向上が期待できるものとなった。

一方、逆に驚いたのはA10-7800のグラフィック性能がVLIW 4系GPUを搭載するA10-6800Kの3~5%増しにとどまることであった。A10-7800はRadeon HD 7750とDual-graphicsを構築することが可能であり、この場合は性能が大きく底上げされ、Radeon R7 255, R7 260, R7 260XといったRadeon R7 seriesにも対抗しうるものとなっていた。

A10-7800のグラフィック性能が振るわないのはAMDがまだ“Kaveri”に最適化したCatalyst driverをリリースしていないためと考えられる。そのため、“Kaveri”のローンチ時点でのiGPUの性能向上は“Richland”に対し5~10%程と推測される。
消費電力はA10-6800Kより10W低いという結果となった。


今回のベンチマークはA10-7800とA10-6800Kのどちらも周波数を3.50GHzに固定して行われています。そのため、本来の周波数でA10-7800(あるいはA10-7850K)とA10-6800Kを比較した場合はまた結果が異なってくることになります。

CPU性能はおおむねA10-7800@3.50GHz>A10-6800K@3.50GHzとなっていますが、大差をつける項目もあればそれほど差がないもの、逆に僅差でひっくり返されるものもあり、“SteamrollerB”と“Piledriver”でコアの特性が異なっているのではないかという印象を受けます。GPU性能もA10-7800がおおむね上回ることが多いようですが、指摘されているとおりそれほど大きな差ではありません。


PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房

コメント
この記事へのコメント
142115 
「CPU性能はおおむねA10-7800@3.50GHz>A10-6800K@3.50GHzとなっていますが、大差をつける項目もあればそれほど差がないもの、逆に僅差でひっくり返されるものもあり」

あかん
2014/01/05(Sun) 01:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142116 
HSAが全く生かされてない状況のベンチは辛いのか
それとも意識せずHSAは動いてるのか
2014/01/05(Sun) 02:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142118 
>>一方、逆に驚いたのはA10-7800のグラフィック性能がVLIW 4系GPUを搭載するA10-6800Kの3~5%増しにとどまることであった。

こっちがあかん
2014/01/05(Sun) 03:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142120 
値段と消費電力だけが跳ね上がるなんてことになりそうで怖い
2014/01/05(Sun) 05:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142122 
>142115
いやいや、100W → 65Wならかなりのものだ
2014/01/05(Sun) 06:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142123 
ちゃんと見よう。ひっくり返されてるのは定格同士の比較のやつだよ
2014/01/05(Sun) 08:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142124 
Kaveriの目玉はHSAなんだからIPC向上はそんなもんだろう
AMDは以前からマルチスレッド、や高周波数でパフォーマンスアップすると言っていて何よりAPUなのだからいい加減シングルスレッド性能でCPUの価値を断じる悪癖を断つべきだ
2014/01/05(Sun) 09:33 | URL | LGA774 #Fu/cmvJM[ 編集]
142126 
A-5000でも同TDPの3000から実消費電力は上がっていたが、100W 6800Kに対して65W 7800が消費電力10W減とは…また消費電力が上がるのか
2014/01/05(Sun) 12:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142127 
Steamrollerの改良点は整数演算だぞ
浮動小数点は変わってないし
GPU側で3Dはメモリ帯域が最大のボトルネックだからあまり変わらず
HSA対応がメイン
2014/01/05(Sun) 13:59 | URL | - #-[ 編集]
142128 
定格だと6800K≧7800になるんじゃないですかね…
省電力版とかはわりと品良く纏まりそうな気はするけど
dGPU無しitxゲームマシンの決定版とは行きそうにないなあ
2014/01/05(Sun) 14:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142133 
思い切ってTDP200Wにして4.7G TC5Gの限定販売してくれないかな一部のマニアは買うと思う。
2014/01/05(Sun) 18:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142138 
14日にA8-7600が出てくれるなら、値段にもよるけれど一台組みたいな
発売せずに発表だけだったら悲しい
2014/01/05(Sun) 20:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142139 
まぁまぁ、CPUの価値を断じているわけではないでしょ。

比較してどう変化したかを捉えるのは大事かと。
2014/01/05(Sun) 21:25 | URL | LGA774 #C1NMR3JQ[ 編集]
142140 
65Wはインパクトあるなぁ
2014/01/05(Sun) 21:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142141 
8コアのっけてよ
2014/01/05(Sun) 23:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142142 
>>142124

いや…、そのマルチスレッドも4コア…
 っていうか2モジュールなんだけども…

まぁ 買うけども。
2014/01/05(Sun) 23:55 | URL | 773 #IzkbfxZU[ 編集]
142143 
よりGPGPU性能にふったGCNアーキテクチャとグラフィック性能にふったVLIW4での比較でしょ?
コア数は25%増しクロックは15%ダウン。何も驚くことかいな?ドライバで多少改善されるだろうけどグラフィック性能は微増で当然でしょ。

TDPも65Wなら悪くないかな。

驚いたのはx87性能がグンとあがってる事かな。未だに無意味なπ焼きベンチをレビューに使ってる向きにはいいかもしれんけど。
2014/01/06(Mon) 01:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142145 
春先までに自宅PC新調するんでスケジュール通りにお願い!
2014/01/06(Mon) 09:29 | URL | LGA774 #EnGitwzo[ 編集]
142146 
命令デコーダ強化が効くところは性能UP、効かないところは周波数分性能DOWNですね。
2014/01/06(Mon) 11:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142147 
"A10-7800"はさっさと出ろよ。
こっちは待っているんだよ!
2014/01/06(Mon) 14:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142151 
>142128
R9との組み合わせでMantle版BF4が登場してから評価すべきとは思う。
基本的にこのAPUはMantleを考えられて設計されていると思うし。
2014/01/06(Mon) 19:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142153 
4モジュール8コアとまでは言わないけど
125w枠で3モジュール6コアくらいの出てきてくれないもんかねぇ。
A8-7600くらいの周波数でなら(TC3.5Ghzくらい)さほど選別の必要なく出来そうな気もするけど。
2014/01/06(Mon) 21:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142154 
未だによく分からんのは、何で4Wayデコーダのままなの?ってことなんですが・・・。
2014/01/06(Mon) 21:22 | URL | LGA774 #9zOzYU0I[ 編集]
142159 
今までのラインナップを考えると
7800は95W DDR3-2133か65W DDR3-1866のどちらかな気がするんだよなぁ・・・
2014/01/07(Tue) 08:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
142177 
しかしまぁメモリ高くなったよね

DDR3とGDDR5のスポット価格って比例してるの?
独立してるようだとビデオカード付けたほうが安いというオチに…
2014/01/07(Tue) 23:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7297-6cae19c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック