北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Haswell to take 50+ percent of sockets shipped in 1H 2014(Fudzilla)

2013年下半期の時点でIntelは6種類のCPU製品を扱っている。最上位に位置するのが“IvyBridge-E / SandyBridge-E”である。これに続くのがLGA1150の“Haswell”、次いでLGA1155の“IvyBridge”となる。残りは終末を迎えつつあるLGA1155の“SandyBridge”とBGAで提供されている“BayTrail”が占める。

2013年下半期の時点では、LGA2011の“IvyBridge-E / SandyBridge-E”は全体の2%程である。一方、LGA1150の“Haswell”は30%となっている。最も多数を占めているのがLGA1155の“IvyBridge”で60%となっている。LGA1155の“SandyBridge”は3%、“BayTrail-D”とその前の世代の“CloverTrail”は合わせて5%である。

2014年上半期になると“SandyBridge-E”はほとんど“IvyBridge-E”に置き換えられる。またLGA1150の“Haswell”と“Haswell Refresh”は55%を占めるようになる。一方、LGA1155の“IvyBridge”は40%程に縮小する。LGA1155の“SandyBridge”に至っては1~2%程まで縮小する。“BayTrail-D”はローエンド向けで伸びることになる。
2014年下半期は“Haswell Refresh”と“BayTrail-D”が引き続き勢力を拡大することになる。


現時点ではまだ最大多数を占めるのは“IvyBridge”のようですが、来年に入ると“Haswell”と“Haswell Refresh”がデスクトップ向けCPUの中で最大多数を占めるようになります。
コメント
この記事へのコメント
141608 
メーカー製のデスクトップを見てもHaswell増えてるな
一方ノートはぜんぜん来ない・・・
最近ようやく少し出てきたけど
2013/12/03(Tue) 00:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
141629 
100%-(55%+40%程+1~2%程)=BayTrail-D

>“BayTrail-D”はローエンド向けで伸びることになる。
というほどでもなさそうだけど
2013/12/04(Wed) 06:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
141648 
4770Kに手を出すのはRefreshのラインナップが発表されてからでもいいんだろうか
M/Bが確実に互換あるなら今突撃してもいいんだけどな
2013/12/04(Wed) 19:37 | URL | LGA774 #j15/m7TY[ 編集]
141649 
俺も待つか組むか考えてる
ケチくさいけど待ってると税あがってしまうんだよな
AMDマントルもちょと気になるし
intelは相手にしてないだろうけどさ
2013/12/04(Wed) 21:44 | URL | LGA774 #NkOZRVVI[ 編集]
141706 
Haswell-Eを待ってます。
2013/12/06(Fri) 07:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://northwood.blog60.fc2.com/tb.php/7241-c3943fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック