北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel optimize single-thread performance with Anaphase technology(NordicHardware)

“Anaphase”とはMulti-core processorでSingle-threadのアプリケーションの性能を向上させるための研究を行うIntelのプロジェクトである。Intelは2月にSilivon Hiveと呼ばれるベンチャーと提携し、Single-coreのCPU―とりわけAtomの性能を向上さえると説明していた。“Anaphase”はこの動きに反するように思えるが、今後より多くのコアを搭載したprocessorがローンチされることになるだろう。
 
Intelの“Anaphase”は多くのアプリケーションはそのままではSingle-threadなものであり、多くのコアを効率的に扱うことができないと言う事実から出発している。“Anaphase”によりSingle-threadのロードを自動的に分割し、複数コアに割り振るようにすると言う。

新しいハードウェアにはソフトウェアの最適化が必要になるが、Intel-Core Memory Coherency Module(ICMC)は将来のIntel processorの新しいコンポーネントとして見られるようになる。

Intelのソフトウェアとハードウェアを融合させた技術により、Multi-coreでのSpec2006の性能は10%向上するという。さらに、“tiny-core”アーキテクチャでは全体の性能向上幅は41%になる。

後半に出てくる“tiny-core”アーキテクチャを使用したものが先日デモが行われた48-coreのTera-scale processorとなるようです。
今後、更なるMulti-core化を進めるならば、いかにアプリケーションが増えたコアを効率よく使えるようするかが重要になり、ソフトウェア面での最適化もより重要になってくるでしょう。



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房