北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Lynnfield launch rumored being set for September 7th(TechConnect Magazine)
Intel Lynnfield rumoured for September launch(The Inquirer)
Intel updates CPU launch schedule(DigiTimes)

“Lynnfield”はこの2009年第3四半期中に登場する。もっと具体的に言うと、9月7日にローンチされる。

9月のローンチ時点では“Lynnfield”は3モデルが登場する。周波数は上から2.93GHz, 2.80GHz, 2.66GHzである。いずれも45nmプロセスで対応SocketはLGA1156、Dual-channel対応DDR3メモリコントローラを搭載、L3キャッシュ容量は8MBとなる。TDPは95Wである。また、上位2モデルにはHyperThreading technologyが搭載される。価格は上から$562、$284、$196である。

“Lynnfield”と同時期にP55チップセットが9月8~11日の時期に登場する。
 
DigiTimesには同時期に登場するCPUの名が挙げられています。
デスクトップ向けはこの“Lynnfield” 3種類で全てとなります。
Mobile向けには“Clarksfield”が3種類登場します。周波数は上から2.00GHz, 1.73GHz, 1.66GHzです。DigiTimesでは“Clarksdale”がCore2 ExtremeやCore2 Quad Pという名前になるとしていますが、真偽の程は定かではありません。新アーキテクチャである“Nehalem”系のCPUに旧アーキテクチャの“Penryn”系を匂わせるようなCore2というブランドが使われるというのははなはだ疑問です。
サーバー向けでは8月前半にXeon W5590, L5530, W3580, W3550が登場します。また“Lynnfield”コアのXeonであるXeon X3470, X3460, X3450, X3440, X3430も予定されており、対応チップセットである3400と3420も登場するようです。

見えてきたIntelの新しいプロセッサブランド戦略(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)
単価もコストも低いIntelのAtomの損得(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)

“Lynnfield”や“Clarksdale”のモデルナンバー・周波数が掲載されています。

◇Core i7(Lynnfield / 45nm / 4-core 8-thread / LGA1156)
  870 2.93-3.60GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP95W $562
  860 2.80-3.46GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP95W $284
  860S 2.53-3.46GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP82W

◇Core i5(Lynnfield / 45nm / 4-core 4-thread / LGA1156)
  750 2.66-3.20GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP95W $196
  750S 2.40-3.20GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP82W

◇Core i5(Clarkdale / 45nm / 2-core 4-thread / LGA1156)
  3.46-3.73GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP73W
  3.33-3.60GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP73W
  3.20-3.46GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP73W

◇Core i3(Clarkdale / 45nm / 2-core 4-thread / LGA1156)
  3.06GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP73W
  2.93GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP73W

◇Pentium(Clarkdale / 45nm / 2-core 2-thread / LGA1156)
  2.80GHz L2=256kB x2 / L3=3MB TDP73W

◇Core i7(Clarksfield / 45nm / 4-core 8-thread / LGA1156)
  920XM 2.00-3.20GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP55W※
  820QM 1.73-3.06GHz L2=256kB x4 / L3=8MB TDP45W
  720QM 1.60-2.80GHz L2=256kB x4 / L3=6MB TDP45W
  ※Extreme Edition

◇Core i7(Arrandale / 45nm / 2-core 4-thread / LGA1156)
  2.66-3.33GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP35W
  2.13-2.93GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP25W
  2.00-2.80GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP25W
  1.20-2.26GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP18W
  1.06-2.13GHz L2=256kB x2 / L3=4MB TDP18W

◇Core i5(Arrandale / 45nm / 2-core 4-thread / LGA1156)
  2.53-3.06GHz L2=256kB x2 / L3=3MB TDP35W
  2.40-2.93GHz L2=256kB x2 / L3=3MB TDP35W

低消費電力版“Lynnfield”はTDP82Wと通常版(TDP95W)と比較してもそこまで低い値ではありません。わざわざSつきを名乗るのですから、もう少し低い値に収まって欲しかったというのが正直な感想です。周波数も低消費電力版の最高峰が2.53GHzとこれもやはり低い値となっています。

しかし・・・Core i7リンちゃんのモデルナンバーは800番台ですか。なんとなく初代Pentium Dを思い出してしまって憂鬱になります。

リンちゃんは炭なんかじゃない!



PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房