北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
先日、Athlon X2 5050eを入手したのでAthlon64 X2 4600+との簡単な比較を行ってみました。Athlon X2 5050eはTDP45W版Athlon X2としては最上位モデルに当たり、周波数は2.60GHz、L2=512kB x2で65nmのRev.G2となっています。一方、比較に使用したAthlon64 X2 4600+はTDP65Wで周波数は2.40GHz、L2=512kB x2、90nmのRev.F2のものです。

環境は以下の通り。

  ・M/B:M2NPV-VM(GeForce6150+nForce430)
  ・Memory:DDR2-800 1GB x2
  ・VGA:ASUS GeForce7600GS
  ・HDD:HGST 160GB(HDS72251 6VLSA80)+250GB(HDP7205025GLA)
  ・OS:Windows XP Home Edition SP3
 
Athlon64 X2
4600+
Athlon X2
5050e
CineBench R101CPU19982109
xCPU38884126
SandraALU1359014729
FPU1442615594
キャッシュ・メモリ11.01GB/s10.65GB/s
L220.49GB/s17.64GB/s
メモリレイテンシ107ns115ns
L1レイテンシ33
L2レイテンシ1922
Crystal MarkALU1744518797
FPU2121821303
MEM1336313315
HDD95609459
GDI1546216080
D2D89539325
OGL2217322690
SuperPi104万桁36sec35sec
発熱Idle24℃26℃
Load43℃41℃
消費電力Idle78W81W
Load147W130W


Load時の負荷はPrime 95。
温度はぷりぷりてんぷ読み。Athlon X2 5050eは補正済み。室温は18℃。

周波数が4600+から5050eで200MHz上昇しているのでSandraやCrystal Mark、CineBenchのCPUのスコアはそれに伴って上昇しています。一方、メモリ速度は4600+とは異なり5050eではDDR2-800と完全に同期できないためか、若干の低下をみています。またL2の速度も低下しています。L2の速度に関しては“Brisbane”コアでレイテンシが増加しているので、その影響でしょう。

さて、一番の目玉である発熱と消費電力ですが、Idle時は4600+の方がわずかながら優秀という結果になりました。一方、Load時は消費電力では5050eが17W下回り、温度も2℃ほど低下しているようです(ただし“Brisbane”コアの出す温度はあまりあてにならないと言われているのでここは参考程度に)。




PCパーツの通販は・・・
ソフマップicon 1's TSUKUMO ネットショップ ドスパラ パソコン工房