北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel to launch Calpella notebook platform in 3Q09(DigiTimes)
Nehalem to shun notebooks until mid-2009?(The Tech Report)
Intel's Nehalem mobile platform is one year away(TechConnect Magazine)

Intelの次世代ノートPC向けプラットフォームである“Calpella”は2009年第3四半期のローン地が予定されている。他の“Nehalem”世代の製品と同様、“Calpella”では従来のノースブリッジとサウスブリッジという構成ではなくなり、ノースブリッジ機能の多くがCPUに内蔵される。そして1チップで構成されるチップセットのコードネームは“Ibexpeak-M”となり、これがその他の機能を担うことになる。

“Ibexpeak-M”はIntelの次世代ノートPC向けCPUである“Clarksfield”と“Auburndale”をサポートする。これらCPUはどちらもDDR3メモリコントローラを内蔵する。さらに“Auburndale”はCPUにグラフィックコアを内蔵する。

“Caopella”プラットフォームでは“Puma Peak”と呼ばれるWi-Fi a/b/g/nワイヤレスLANモジュールか“Kilmer Peak”と呼ばれるWiMAXワイヤレスLANモジュールをサポートする。

デスクトップのメインストリーム向け“Nehalem”である“Lynnfield”と“Havendale”も2009年第3四半期の予定となっています。“Nehalem”アーキテクチャはこの時期に一気に拡充されることになりそうです。