北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
ASUS Confirms Z270 Platform Could be Compatible with Intel Coffee Lake CPUs(techPowerUp!)
Asus Interview: Andrew Wu (ROG Motherboard PM)(bit-tech.net)

bit-tech.netがASUSのR.O.G. Motherboard producr managerであるAndrew Wu氏にインタビューを行っており、その中でこのような話が出ています。

bit-tech:新CPU(=“Coffee Lake”)がZ270マザーボードと互換性がない理由についてより技術的な詳細を聞かせてもらうことは出来るだろうか。

Andrew:これはIntelの決定による。
[ASUS曰く、Z270マザーでも“Coffee Lake”に対応させることは可能・・・らしい]の続きを読む
AMD Raven Ridge Performance Leaks - APU with GeForce MX150 Performance(PC Perspective)
AMD Ryzen 7 2700U and Ryzen 5 2500U Raven Ridge APUs Performance Leak Out – Desktop Models Launching Next Year(WCCF Tech)

Ryzen 7 2700Uは“Raven Ridge”と呼ばれるAPU製品で、iGPUとして“Vega”を搭載する。TDPは35W以下と考えられている。そしてそのRyzen 7 2700Uの3DMark 11のスコアが掲載された。そのスコアはNVIDIAの単体GPUであるGeForce MX 150に近いものであった。

そのスコアが以下となります。
[“Raven Ridge”―Ryzen 7 2700Uの3DMark 11スコア【10/18 追記】]の続きを読む
ASUS ROG Strix RX Vega 64 Clock Speeds Revealed(techPowerUp!)
Specifications for ASUS' RX Vega Strix Gaming OC have been released(OC3D)
ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING(ASUS)

ASUSの公式Webサイトで、同社のカスタム仕様のRadeon RX Vega 64搭載カードである“R.O.G. Strix RX Vega 64”の周波数が明らかにされています。

スペックは以下の通り。
[ASUS R.O.G. Strix RX Vega 64の周波数]の続きを読む
◇Ryzen 5 2500Uを搭載するHP Ency x360 15-bq101na
HP ENVY x360 15-bq101na Could be First "Raven Ridge" Implementation(techPowerUp!)
Raven Ridge: HP shows first notebook with AMD Ryzen 5 2500U(ComputerBase.de)

HPは今後登場予定の2-in-1ノートPCとしてEnvy x360 15-bq101naを明らかにした。このEnvy x360 15-bq101naはAMDの“Raven Ridge”を搭載するノートPCとなる。
[“Raven Ridge”の話題2題―Ryzen 5 2500U搭載のHP Envy x360 15-bq101na 他]の続きを読む
Rumor: NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti to be frequency-locked?(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti Overclocking to be Restricted(techPowerUp!)
NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti Full Specifications Leak Out – Rumored To Feature Locked Clocks Across AIB Models(WCCF Tech)

NVIDIAは10月26日にGeForce GTX 1070 Tiをローンチする。このGeForce GTX 1070 TiはRadeon RX Vega 56の対抗製品と位置づけられ、Radeon RX Vega 56よりも良い性能を有するものとなる。

そのGeForce GTX 1070 TiであるたEtekhnixとExpreviewがこんな噂を報じている。GeForce GTX 1070 Tiはリファレンスカードは用意されず、メーカー独自仕様のカードのみが登場するが、一方で周波数はNVIDIAの定めたBase 1608MHz/Boost 1683MHzに限定され、ベンダーがオーバークロック仕様のカードを出すことは出来ないという。
[GeForce GTX 1070 TiはBase 1608MHz/Boost 1683MHzに限定される?]の続きを読む
Toshiba launches trio of new, affordable TR200 SSDs(HEXUS)
Toshiba TR200 SSD 960GB review - Introduction (Guru3D)
Toshiba TR200 SSD Review(Tom's Hardware)
Toshiba Introduces TR200 SATA Retail SSD Series with 64-Layer 3D Flash Memory (東芝 / 7月27日付プレスリリース)

東芝は10月11日、同社の3D NAND Flashである64層第3世代BiCS flashを使用したSSD製品―TR200 seriesをリテール向けに解禁した。容量は240GB, 480GB, 960GBの3種類で、いずれも2.5インチ規格・SATA 6.0Gbps対応となる。
 
TR200 seriesの発表自体は7月下旬に行われていますが、今回はそのTR200 seriesがリテール向けに解禁された模様です。これ受けて各メディアからレビュー記事も掲載されています。
[東芝 64層3D NAND Flashを使用したTR200 SSDをリテール向けに解禁]の続きを読む
The unofficial launch of the GTX 1070 Ti(PC Perspective)
NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti Specs Leaked(techPowerUp!)
The NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti Details Leaked!(TechARP)

NVIDIAはAMDのRadeon RX Vega 56への対抗としてGeForce GTX 1070 Tiを投入する。価格は$429が予定されており、Radeon RX Vega 56よりも7.5%だけ上の価格となる。ローンチは10月26日、販売解禁は11月2日が予定されている。

スペックも掲載されています。
[GeForce GTX 1070 Tiのスペック]の続きを読む
Optane 900P SSD, Successor to the Intel 750 Series(techPowerUp!)
Intel to launch second-gen Optane 900P SSDs very soon(TweakTown)

リークした業界向け内部資料によると、Intelの第2世代のOptane driveとしてIntel 900P sereisが予定されている。そしてこのIntel 900P seriesはIntel 750 series SSDの後継となり、U.2ないしはPCI-Express Add-in-card (AIC) の形態で提供される。

第1世代のコンシューマ向けOptane driveはPCI-Express 2.0インターフェースを使用していたが、Intel 900P seriesはPCI-Express 3.0をインターフェースとして用いる。Intel 900P seriesそのものはおおざっぱに言ってしまえばエンタープライズ向けのP4800X seriesと同じものである。容量は240GB, 480GB, 960GB, 1500GBが用意される見込みである。Intel 900P seriesはエンタープライズ向けではなくコンシューマ向けのため、より手の出しやすい価格で登場することが期待される。

リークしたとされる資料はIntel(R) Optane(TM) SSD 900Pと題されたスライドです。
[Intel 750 series SSDの後継としてOptane 900P SSDが予定されている]の続きを読む
Intel Will no Longer Disclose Multi-Core Turbo Boost Frequencies(Guru3D)

Intelは今後CPUのMulti-core動作時のTurboBoost周波数の詳細を明らかにしなくなるかもしれない。
既に気づいているかもしれないが、IntelはTurboBoostの最大周波数のみを掲載しており、それ以外の周波数を掲載していない。


まずそもそもの話、現在CPUの“周波数”で重要なものは以下の3つがあることを抑えておかなければなりません。
[今後IntelはMulti-core動作時のBoost周波数を明らかにしない?]の続きを読む
AMD Navi based Graphics cards Might Arrive in August 2018(Guru3D)

“Vega”が世に出て間もないがAMDは既に次の“Navi”に向けて動き始めている。“Navi”は7nmプロセスでの製造が予定されているが、新しい情報によるとこの“Navi”が2018年夏に登場するという。

情報元はTweakTownのようで以下のように述べています。
[“Navi”が2018年夏に登場するかもしれないという噂]の続きを読む
Intel readies Coffee Lake lineup(DigiTimes)

DigiTimesに今後のIntel CPU・チップセットの動向が記載されています。前半部分は14nmプロセスのCPUとそれに関連するIntel 300 seriesの動きであり、これらはほぼ既報の通りです。
[“Cannon Lake”は2018年6~7月になる?]の続きを読む
The AnandTech Coffee Lake Review: Initial Numbers on the Core i7-8700K and Core i5-8400(AnandTech)
Intel's Core i7-8700K CPU reviewed(The Tech Report)
Review: Intel Core i7-8700K and Core i5-8400 (14nm Coffee Lake)(HEXUS)
Core i7-8700K,Core i5-8500(4Gamer.net)
6コアになってコスパが向上したCore i7-8700Kをベンチマーク(Impress PC Watch)

“Coffee Lake-S”―デスクトップ向けのCore i 8000 seriesのうち6-coreのCore i7 8700KおよびCore i5 8400のレビューが掲載されています。
[“Coffee Lake-S”のレビューが解禁される]の続きを読む
◇Core i7 8700Kの殻を割った話
Intel Core i7-8700K "Coffee Lake" De-lidded, Reveals Larger Die(techPowerUp!)
Intel Core i7-8700K delidded(VideoCardz)

HKEPC tech communityのメンバーがCore i7 8700Kのヒートスプレッダを剥がすいわゆる“殻割り”を行い、その写真を掲載した。Core i7 8700Kにおいてもヒートスプレッダとコアの間を介在するのは相変わらずのサーマルペースト(要はグリス)である。一方、ヒートスプレッダを剥がすことで明らかになった“Coffee Lake-S”のダイは“KabyLake-S”のそれと比較すると一回り大きい長方形のダイとなり、ダイサイズは“KabyLake-S”の126mm2に対し、“CoffeeLake-S”は151mm2程度となっている。
[“Coffee Lake-S”の話題2題―Core i7 8700Kの殻を割った話 他]の続きを読む
Intel to Rebrand Pentium "Kaby Lake" Processors as Pentium Gold(techPowerUp!)

Intelは10月3日、Product-chane Notification (PCN) を新たに発行した。そしてその中で“KabyLake”をベースとしたデスクトップCPUとしてPentium Goldのブランドを新たに使用することを明らかにした(PCN #115827-00)。対象となるのはPentium G4620, G4600, G4560で、これがそのままPentium Goldブランドに移行する形となる模様である。
[“KabyLake”ベースのPentiumがPentium Goldになるらしい]の続きを読む
TSMC to Build World's First 3 nm Fab in Taiwan(techPowerUp!)

TSMCは台南に同社最初となる3nmプロセスのFabを建設することを発表した。

TSMCが3nmプロセスのFabをどこに建設するかはいろいろと業界で憶測が流れていたようですが、順当に台南に建設されることになった模様です。

その3nmプロセスですがTSMCからは3nmプロセス生産の時期は明確にはされていないものの、2022年までの生産開始を見込んでいるとあります。その3nmの前に7nmと5nmが控えていますが、まず7nmのイールドは予定以上であり、2018年の立ち上げを目指すとしています。また7nmのどこかでEUVが導入される予定です。その次の5nmも順調年、2019年第1四半期のローンチを目指しています。
Intel Coffee Lake CPUs Have Different Pin Configuration than Previous Generation(techPowerUp!)
Coffeelake and Kabylake LGA1151 pins are different(VideoCardz)
Intel Coffee lake Uses Different Pin Configuration Than Kaby Lake and Skylake on the LGA 1151 Socket(WCCF Tech)
8th Gen (S-platform) Intel(R) Processor Family Datasheet Vol.1(Intel)

Intelは第8世代Core i processorのデスクトップ向けとしてまもなく“Coffee Lake-S”を解禁する。“Coffee Lake-S”ではこれまでの“Skylake-S”や“KabyLake-S”向けのマザーボードでは対応できないことが注目の1つとなった。

Intelは“Coffee Lake-S”のデータシートを公開し、その資料の中で“Coffee Lake-S”では新しいSocketデザインが必要であることを説明している。
[“KabyLake-S”のLGA1151と“Coffee Lake-S”のLGA1151はpin配置が異なる]の続きを読む
USB 3.2 finalised with dual-lane functionality(bit-tech.net)
USB-IF Publishes USB 3.2 Specification Rated At 20 Gbps With Multi-Lane Operation(PC Perspective)
USB 3.2の仕様が正式公開(Impress PC Watch)
USB 3.2 Specification(USB-IF)

USB Implermetnters Forum (以下USB-IF) はUSB 3.2の規格策定を完了し、正式発表した。

USB-IFのWebサイトではUSB 3.2の仕様書がダウンロード可能となっています。

USB 3.2の最大の特徴はType Cケーブルの2レーン動作モードにより、最大20Gbps(2.0GB/s)の転送速度を実現可能となることです。一方で信号と128b/132bエンコーディングはUSB 3.1と同じとなります。
[USB 3.2の規格策定が完了―Dual-laneで最高20.0Gbpsに対応可能に]の続きを読む
AMD Enables NVMe RAID on X399 Platform(techPowerUp!)
Threadripper owners can now fire up their NVMe RAID arrays(The Tech Report)
AMD Releases NVMe RAID Support for X399 Threadripper Platform(PC Perspective)
Now available: Free NVMe RAID upgrade for AMD X399 chipset!(AMD)

AMDは10月2日、Ryzen ThreadripperとX399チップセットで構成されるプラットフォーム向けでNVMe RAIDに対応可能とした。そして同プラットフォームでNVMe RAIDアレイを構築し、同アレイからのブートも可能とした。X399プラットフォームでNVMe RAIDを構築するためには、AMDより対応したドライバをダウンロードする必要がある。またSATAによるRAIDとNVMe RAIDを同時に構築することは出来ないという。このNVMe RAIDへの対応は全てのX399プラットフォームが対象となるが、OSはWindows 10 64-bit Build 1703が必要となる。
[【AMD】X399プラットフォームにおいてNVMe RAIDに対応可能に]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti Could Feature 9 Gbps GDDR5 Memory(techPowerUp!)

NVIDIAは10月末にパフォーマンス帯のグラフィックカードとしてGeForce GTX 1070 Tiを発表予定である。以前の情報ではこのGeForce GTX 1070 Tiは8.0GbpsのGDDR5を搭載すると言われていたが、今回GeForce GTX 1070 Tiが9.0GbpsのGDDR5を搭載するという情報が入ってきた。
[GeForce GTX 1070 Tiは9.0GbpsのGDDR5メモリを搭載する可能性がある]の続きを読む
Gigabyte's Radeon RX Vega 64 Gaming OC Custom Graphics Card Pictured(techPowerUp!)
Here it is: Custom Gigabyte RX Vega 64 Gaming OC 8G(Guru3D)

GigabyteがRadeon RX Vega 64のカスタム仕様のカードを投入するかどうかが話題となったが、今回そのGigabyteのカスタム仕様となるRadeon RX Vega 64搭載カード―“Gigabyte RX Vega 64 Gaming OC 8G”の写真がリークした。
 
その搭載カードの写真が掲載されています。ファンは90~100mm径のものが2基搭載されています(WindForce 2X coolerではないかと推測されている)。出力はHDMI×3, DisplayPort×3となっています。カードの厚さは2スロットよりも若干厚いようで、結果として3スロット占有となる模様です。

その型番からオーバークロック仕様となることが推測されるものの、今のところ周波数は明らかになっていません。

Microsoft announces Office 2019, scheduled for H2 2018(HEXUS)
Microsoft、「Office 2019」を2018年下半期に提供(Impress PC Watch)
The next perpetual release of Office(Microsoft / Office.com)

Microsoftは9月26日、永続ライセンス版Officeの次のメジャーアップデートとしてOffice 2019を発表した。Office 2019は2018年下半期を予定する。

Office 2019は永続ライセンスのOffice アプリケーション―Word, Excel, PowerPoint, Outlookおよび、サーバーサービス―Exchange, SharePoint, Skype for Buisness等で構成される。

現在の最新版はOffice 2016です。そして次の永続ライセンス版OfficeとしてOffice 2019が発表されました。永続ライセンス版Officeはおおむね3年程度の周期でリリースされており、サブスクリプションタイプのOffice 365が出てきても今のところはその周期は変わっていないようです(今後どうなるかはわからないが)。