北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Details for Computer/Device GigaByte X299 AORUS Gaming 7 Default string(SiSoftware)
Details for Result ID Intel(R) ,i7-7900X%CPU @ (10C 20T 4GHz/4.5GHz, 2.4GHz IMC, 10x 1MB L2, 13.75MB L3)(SiSoftware)

SiSoftwareのRanker listに“Skylake-X”と思われるCPUのスコアが掲載されています。

マザーボードはGigabyte X299 Aorus Gaming 7、CPUはCore i7 7900Xとなっています(Core i9ではない)。

しかしながらそのCore i7 7900Xのスペックがにわかには信じがたいものとなっています。コア数とスレッド数は10-core/20-threadでこれは問題ないのですが、周波数が4.00GHz/TB 4.50GHzと凄まじく高いものになっています。
[【怪情報】Core i7 7900X, 10-core/20-thread, 4.00GHz/Boost 4.50GHz]の続きを読む
HIS Intros Single-slot Radeon RX 550 Graphics Card(techPowerUp!)
HIS introduces single slot Radeon RX550 iCooler OC graphics cards(HEXUS)
HIS Adds Single Slot Radeon RX 550 Slim iCooler OC(Guru3D)
HIS、1スロット対応のRadeon RX 550「RX 550 GREEN Slim-iCooler OC」シリーズ(hermitage akihabara)
HIS RX 550 GREEN Slim-iCooler OC 4GB(HIS)
HIS RX 550 GREEN Slim-iCooler OC 2GB(HIS)

HISは5月22日、1スロット仕様のRadeon RX 550搭載カードとなる“HIS Radeon RX 550 Green Slim iCooler”を発表した。メモリは2GBまたは4GBで、周波数はBoost時1183MHz、OC時1203MHzとなる。

スペックは以下の通りです。
[【HIS】1スロット仕様のHIS Radeon RX 550 Green Slim iCooler]の続きを読む
MSI Intros Radeon RX 560 Aero ITX Series Graphics Cards(techPowerUp!)
MSI debuts slot-powered Radeon RX 560 Aero ITX OC cards(The Tech Report)
MSI Adds Radeon RX 560 Aero ITX Graphics Cards(Guru3D)
全長わずか155mmのショートサイズRX 560、MSI「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」(hermitage akihabara)
Radeon(TM) RX 560 AERO ITX 4G OC (MSI)

MSIは5月19日、Radeon RX 560 Aero ITX seriesを発表した。Radeon RX 560 Aero ITX seriesはオーバークロック仕様のモデルとなり搭載メモリは2GBと4GBのモデルが用意される。そして最大の特徴は15.5cmという短いカード長で、MiniITXケースへの搭載に最適としている。冷却機構は2スロット仕様で、90mmのファンを1機搭載している。

スペックは以下の通りです。
[【MSI】カード長15.5cmの“Radeon RX 560 Aero ITX”]の続きを読む
Plextor Announces M8Se Series SSD Availability(techPowerUp!)
PLEXTOR、高性能TLC NAND採用の高速NVMe SSD「M8Se」シリーズ正式発表(hermitage akihabara)
M8Se(Y)(Plextor)
M8SeGN(Plextor)
M8Se(G)(Plextor)

Plextorは5月22日、PCI-Express接続のSSD製品となるM8Se seriesを正式発表した。M8Se seriesは東芝製のTLC NAND Flash memoryとMarvel 88SS1093コントローラを使用する。フォームファクタはM.2 2280またはhalf-hightのPCI-Express 3.0 x4拡張カードの2種類となる。いずれもPCI-Express 3.0 x4接続となり、NVMeに対応する。
[【Plextor】M8Se series SSDを発表]の続きを読む
Intel to Introduce 3D XPoint DIMM Tech to the Market on 2018(techPowerUp!)
Optane DIMMs and companion CPUs will arrive in 2018(The Tech Report)
A New Breakthrough in Persistent Memory Gets Its First Public Demo (Intel IT Peer Network)

3D Xpoint technologyが発表された当初からIntelはこれをシステムキャッシュやSSDの置き換えだけではなく、DRAMの代替となる可能性についても触れていた。
そしてIntelは5月17日、「Xeon Scalable Familyのrefreshとなる“Cascade Lake”と“Intelの不揮発性メモリ”を2018年に投入する」という表現を用い、Optane DIMMが2018年に投入されることを明らかにした。
[Intel 2018年に3D Xpoint technologyを用いた“Optane DIMM”を市場投入]の続きを読む
AMD Ryzen 2000 Series Processors Based on Refined 14 nm Process(techPowerUp!)

Financial Analsyt DayでAMDから改良型14nmプロセスで製造される次世代Ryzenが示された。この次世代Ryzenは7nmプロセスの“Zen 2”の前に登場するものである。現行の“Summit Ridge”をはじめとする第1世代の“Zen”は14nm FinFETプロセスで製造されているが、AMDは7nmプロセスの“Zen 2”の前に改良型14nmプロセスによるRefresh版を挟みたいようである。
[Ryzen 2000 seriesは改良型14nmプロセスで製造される]の続きを読む
Intel Shows 1.59x Performance Improvement in Upcoming Intel Xeon Processor Scalable Family(Intel)

本題は今度予定されているXeon Scalable Familyが、現行のXeonと比較しin-memory SAP HANA workloadsにおいて1.59倍の性能を有することが、SAP Sapphire Now Conferenceで示された、というものですが、このプレスリリースの中に気になる一分があります。

Intelの不揮発性メモリによって、大容量のデータがXeon processorにより近いところに置かれ、ストレージ階層に革命をもたらす。特にSAP HANAのようなin-memory applicationではこれがより強力な効果をもたらすだろう。2018年にIntel不揮発性メモリはXeon Processor Scalable Family refresh(コードネーム:Cascade Lake)の一部として導入できるようになる。

2018年に“Cascade Lake”の名で呼ばれるXeon Scalable Family refreshに相当するものが予定されているようです。ここではIntelの不揮発性メモリ技術が何らかの形でもたらされるようですが、単純にプラットフォームでOptane memoryないしはOptane SSDをサポートするという話なのか、あるいはXeonのダイと不揮発性メモリのダイを1つのパッケージに封入してしまうのか(“Broadwell-C”のeDRAMを不揮発性メモリに置き換えたようなもの?)、いろいろと推測がなされます。何にせよ2018年に何かがあるのは確かなようです。
[Rumor] Crazy high yields for Ryzen dies, over 80%(bits and chips)

bits and chipsで得た情報によると、現在のRyzenのイールドは非常に良好で、おおよそ80%のRyzenのダイが8-coreで完全動作するものであるという。

ここまで来るのに本当に苦労したんだろうな、とRyzen 7 1700 PCのセットアップをしながら、FX-8300 PCから書いてみたりします。

bits and chipsにはFinancial Analsyt Dayで“Naples”が掲げられている写真が掲載されており、8-coreのダイが4つ載っていることがよくわかります。Infinity Fabricが生まれたからこそできた4ダイ戦略ですが、この8-coreダイのイールドがこのように良好であれば32-core製品を戦略的な価格で投入ことも可能でしょうか(できればシロフクロウちゃんもSocketSP3 2-way対応でお願いします)。
Intel Denies Graphics IP Licensing Deal with AMD(techPowerUp!)

IntelがAMDとGraphics IPのライセンス契約を結んだという話を聞いたことがある人がいるかもしれない。関連して5月15日にはFudzillaがIntelとNVIDIAの間のGraphics IPライセンスが失効することから、IntelがAMDとGraphics IPライセンスを結んだという話を取り上げていた。

だがこのIntelがAMDとGraphics IPライセンスを結んだというのは事実ではなく、Intelはこの話を否定した。
「IntelがAMDのGraphics IPライセンスを取得したという噂は真実ではない」
[Intel AMDとのGraphics IPライセンス契約の噂を否定]の続きを読む
AMD Intros the Radeon RX 560 Graphics Card(techPowerUp!)
AMD Silently Injects Radeon RX 560(Guru3D)
補助電源無しモデルもあり、「Radeon RX 560」がデビュー(AKIBA PC Hotline!)

AMDは5月17日、Radeon RX 560の解禁を発表した。これをもって、Radeon RX 500 seriesは全ラインナップがそろうことになる。Radeon RX 560は14nmプロセスの“Polaris 11”が用いられ、GCN Compute Unitは16基、StreamProcessorは1024基、TMU 64基、ROP16期、メモリインターフェースは128-bitでGDDR5メモリを2GBまたは4GB搭載する。

スペックは以下の通り。
[Radeon RX 560がひっそりと解禁される]の続きを読む
Nvidia partners introduce GeForce GT 1030 graphics cards(HEXUS)
NVIDIA、約1万円のローエンドPascal「GeForce GT 1030」(Impress PC Watch)
NVIDIA,「GeForce GT 1030」を製品リストに追加。Pascal世代初のエントリー市場向けモデル(4Gamer.net)

NVIDIAは5月17日、ローエンド向けグラフィック製品となるGeForce GT 1030を正式発表した。

スペックは以下の通り。
[GeForce GT 1030が正式発表される]の続きを読む
AMD Announces Radeon Vega Frontier Edition - Not for Gamers(techPowerUp!)
AMD Updates GPU Architecture Roadmap: After Navi Comes “Next Gen”(AnandTech)
AMD、25TFLOPSを実現したプロ向けGPU「Radeon Vega Frontier Edition」(Impress PC Watch)
AMD,AIおよび汎用ソフトウェア開発向けGPUグラフィックスカード「Radeon Vega Frontier Edition」(4Gamer.net)

AMD 2017 Financial Analyst Dayで最初の“Vega”搭載製品としてRadeon Vega Frontier Editionが発表された。Radeon Vega Frontier Editionは6月下旬に投入される。

Radeon Vega Frontier EditionはProfessioinal向けのグラフィックカード製品で、Radeon Pro seriesに属し、AI及び汎用ソフトウェア開発向けと位置づけられています。

スペックは以下の通りです。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 4―Radeon Vega Frontier Edition]の続きを読む
AMD Ryzen Mobile Solutions to Launch at the End of 2017(techPowerUp!)
Ryzen Mobile APUs are coming to a laptop near you(The Tech Report)
AMDのノートPC向け次世代プロセッサ「Ryzen Mobile」はVega世代のGPUを統合して2017年第3四半期に正式発表(4Gamer.net)

2017 Financial Analyst DayでAMDのMark Papermaster氏はRyzen Mobileという製品があることを明らかにするとともに、そのRyzen Mobileが今年末までに登場すると説明した。Ryzen Mobileは2-in-1やultraportable、ゲーミング製品向けに2017年下半期に登場する。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 3―“Zen”+“Vega”のRyzen Mobile]の続きを読む
Ryzen Threadripper CPUs will offer 16 cores and 32 threads(The Tech Report)
AMD Confirms Their Threadripper Line-up(techPowerUp!)
AMD's 16-Core Ryzen Threadripper CPUs Coming This Summer(PC Perspective)
AMD,16コア32スレッド対応の「Ryzen Threadripper」を2017年夏に発売(4Gamers.net)
AMD、16コアのデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」を夏に投入(Impress PC Watch)

AMDのJim Anderson氏は同社のエンスージアスト級高性能CPU製品として、最大16-core/32-threadの“Threadripper”を今夏に投入することを明らかにした。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 2―16-core/32-threadの“Threadripper”]の続きを読む
◇Financial Analyst Day全体を扱っているWebサイト
AMD unveils Epyc chips, Ryzen Threadripper, and first Vega GPU(bit-tech.net)
AMD unveils roadmap with Ryzen Threadripper, Ryzen 3, and APUs(HEXUS)
AMD Financial Analyst Day Presentation - Epyc - Mobile - Threadripper - Vega(Guru3D)

AMDは5月17日、2017 Financial Analyst Dayを開催し、エンスージアスト向けやデータセンター向け、ワークステーション向けと言ったハイエンド製品群を明らかにした。その中には“Naples”の名で呼ばれていたサーバー向けCPUであるEPYCが含まれる。

今回のFinancial Analyst Dayで発表された内容は多岐にわたります。順を追って紹介します。
[AMD 2017 Financial Analyst Day 1―EPYCと今後のCPUロードマップ]の続きを読む
AMD Ryzen 9 Series "Threadripper" CPU Socket Detailed(techPowerUp!)
AMD 16-Core ThreadRipper Enthusiast CPUs To Reportedly Utilize 4094 Pin Socket(HotHardware)

AMDはHEDT向けに最大16-core/32-threadのRyzenを投入すると言われている。そしてこの
16-core Ryzen―“Threadripper”はサーバー向けの“Naples”で用いられるSocketSP3と互換性を持ち、かつコンシューマ向けに改良されたSocketSP3r2を用いる。


サーバー向けの“Naples”で用いられるSocketSP3は4094pinのLGAとなる。そしてHEDT向けの“Threadripper”のSocketSP3r2も同様に4094pinのLGAとなる。つまり、物理的な形状やpinの数はSocketSP3もSP3r2も同じである。異なるのは対応する最大TDPとSocket数である。
[Ryzen 9(仮称)―“Threadripper”に用いられるSocketSP3r2の詳細]の続きを読む
AMD to announce Vega tonight(Fudzilla)
AMD Executives Tease Vega Reveal On Today's Event(techPowerUp!)
AMD Vega Announcement Due Today, Teased By Raja Koduri & Chris Hook – New Frontier(WCCF Tech)

AMDがまもなく開催される2017 Financial Analyst Dayで“Vega”を発表するとともに、Raja Koduri氏によりそのさらなる詳細が明らかになる模様だ。

日本時間の5月17日5時00分よりAMDが2017 Financial Analyst Dayを開催します。少し前から出ていた情報によると、このイベントで今後のロードマップや“Vega”の詳細が明らかにされると言われています。当然のことながらこのイベントにはCEOであるLisa Su氏、Radeon technology Groupを率いるRaja Koduri氏、CTOであるMark Papermaster氏などが出席します。そして何かしらの発表がされることになるでしょう。
[まもなく“Vega”の詳細が明らかになる模様 他]の続きを読む
AMD Radeon Vega spotted with 16GB memory and 1600 MHz clock(VideoCardz)
High-end GPU: AMD Vega 10 with 16 GB and 1,600 MHz sighted(ComputerBase.de)
AMD Vega with 16GB HBM2 and 1600MHz GPU leaked(TweekTown)
Compute Performance of AMD 6864:00(CompuBench Database)

CompuBenchのデータベースに新たなdevice IDをもつ“Vega”が登場した。そのIDは6864:00で、HBM 2を16GB搭載すること、周波数が1600MHzであること、Compute Unitの数は64基でStreamProcessor数は4096であることがデータベースの記載から読み取れた。
[“Vega”に周波数1600MHz、HBM2 16GBを搭載するモデルがあるらしい]の続きを読む
AMD Ryzen 9 Threadripper Lineup Leaked – up to 16 Cores & 4.1GHz With Quad Channel DDR4 Support & 44 PCIe Lanes(WCCF Tech)
Final Intel Core i9! AMD Ryzen 9 full exposure: about 9(mydrivers.com)

Intelが最大12-coreのCore i9を登場させると言われているが、AMDはこれに対し16-coreの“Threadripper”と呼ばれるハイエンドデスクトップCPUを投入するという。

先週末に“Whitehaven”という名で16-core RyzenのES品が姿を現していましたが、正確には“Whitehaven”というのは12, 16-core Ryzenを中心とするプラットフォーム全体を指し示すもので、CPUそのものには“Threadripper”という名があるようです。
[【怪情報】Core i9の対抗製品となるRyzen 9 1900 seriesのラインナップ]の続きを読む
艦これ2017年春イベント海域、その最終海域が第5海域(E-5)である。

E-5の海域名は「大ホッケ海北方」、作戦名は“北の魔女”となる。
E-5はまさかの戦略ゲージ2本立てである。また最近のイベント海域では恒例となりつつあるBoss装甲破砕ギミックが仕込まれている。

まず前半のMAPである。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-5甲の記録]の続きを読む
Specifications of Intel’s Core-X i9 and i7 series supposedly leaked(VideoCardz)
Exclusive: Skylake-X (Core i9) Lineup and Specifications(AnandTech)

“Skylake-X”がCore i9 7900X / 7800X seriesになるという話が出てきており、そのスペックも一部明らかになっています。

ラインナップは以下の通り。
[【怪情報】“Skylake-X”はCore i9 7900X/7800X seriesになる??]の続きを読む
New AMD 16 Core Ryzen Whitehaven Engineering Samples Surface(Guru3D)
AMD Ryzen 16 Core “Whitehaven” Enthusiast CPUs Leaked – 3.6GHz Clock Speed, Boatloads of Cache & Quad Channel DDR4 Support(WCCF Tech)

AMDはHEDT向けとして12-core及び16-coreのCPU製品を準備していると言われており、それがComputex 2017でローンチされる可能性も指摘されている。今回、その16-core CPUである“Whitehaven”のES品が確認された。

確認された12-coreまたは16-coreのRyzenとされるES品は以下の通りです。
[16-core Ryzen―“Whitehaven”が姿を現す―周波数はMax 3.60GHz]の続きを読む
Today's bonus AMD rumour: Starship, Naples, Zeppelin and a flock of Owls(PC Perspective)
AMD Zen Enterprise Roadmap Shows 48-core CPUs in 2018(Guru3D)
Starship With 48 Cores in 2018 – Zen 1 and Zen 2 Based Horned Own, Grey Hawk, Banded Kestrel and River Hawk CPUs Detailed(WCCF Tech)

まもなく登場すると言われている“Zen”第1世代のサーバ向けCPU群と、それらに続く“Zen”第2世代―“Zen 2”を使用したCPUに関する情報を含めた2019年までのロードマップが掲載されています。
[【シロフクロウ】AMDのサーバーCPUとロードマップ【アメリカワシミミズク】]の続きを読む
NVIDIA Volta Unveiled: GV100 GPU and Tesla V100 Accelerator Announced(AnandTech)
NVIDIA Announces Its Volta-based Tesla V100(techPowerUp!)
NVIDIA GV100 Silicon Detailed(techPowerUp!)
NVIDIA、Voltaアーキテクチャ採用5,120 CUDAコア/210億トランジスタの新GPU「Tesla V100」(Impress PC Watch)
本格的に深層学習へ舵を切った真のジャイアントコア「Tesla V100」(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
[GTC 2017]NVIDIA,Volta世代の数値演算アクセラレータ「Tesla V100」を発表。815平方mmのダイサイズに5120基のCUDA Coreを集積(4Gamer.net)
[GTC 2017]西川善司の3DGE:Volta世代のGPU「GV100」は,これまでと大きく異なるプロセッサだ――いったい何が?(4Gamer.net)

NVIDIAは5月10日、GTC 2017で新世代のGPUアーキテクチャとなる“Volta”をベースとしたTesla V100を正式発表した。

Tesla V100にはGV100と呼ばれるGPUコアが採用されており、製造プロセスはTSMC 12nmプロセス、ダイサイズは815mm2、トランジスタ数は210億となる。CUDA core数は5120である。メモリにはHBM 2を採用し、900GB/sの帯域を有する。またNVLinkは第2世代となる300GB/sの帯域を有する。
[【NVIDIA】“Volta”アーキテクチャを採用したTesla V100が発表される]の続きを読む
Details for Computer/Device AMD Mandolin Raven(SiSoft Sandra Ranking)

SiSoft Sandra Ranker Databaseに“Raven Ridge”のものと考えられるAPUが掲載されています。

“AMD Mandolin Raven”の名でそれは掲載されており、Processorの項目は“AMD Eng Sample: 2M3001C3T4MF2_33/30_N”、そしてGraphics Processorの項目には“AMD 15DD Graphics”と表示されています。
[“RavenRidge”のものとおぼしきAPUがSandraDatabaseに姿を現す]の続きを読む
◇ローンチ時の“Vega”は20000ユニット未満・・・らしい
AMD Vega May Launch with Less Than 20,000 Units Available(techPowerUp!)
AMD Vega To get 20K Units Released at launch and new Zen+ chatter (Guru3D)

“Vega”は数週間後にローンチされるが、HBM 2の流通量の少なさが冷や水を浴びせることになるかもしれない。

この話はTeaktownがHardwareSfara発の話題として取り上げたものである。
「独自の業界筋の情報によれば、ローンチ時の“Vega”の数はは最大でも20000ユニットとなる。この数字の少なさはHBM 2の供給不足によるものだ」
[AMDの話題2題―ローンチ時の“Vega”は20000ユニット未満・・・らしい 他]の続きを読む
Intel Core i7-8650U: Kaby-Lake-Refresh-CPU taucht in Benchmarks auf(ComputerBase.de)
First Core i7 8650U processor Says Hi In GFXBench Benchmark(Guru3D)
3D Graphics Performance of Intel(R) Core(TM) i7-8650U CPU with HD Graphics 620(GFX bench)
3D Graphics Performance of Intel(R) Core(TM) i5-8250U CPU with HD Graphics 620(GFX bench)

Core i7 8000 seriesがGFX benchデータベースに姿を現した。今回姿を現したCore i7 8000 seriesは“KabyLake Refresh”をベースとしており、型番はCore i7 8650Uである。

Core i7 8650UのiGPUはHD graphics 620となっている。CPUの周波数は1.90GHzである。この周波数はCore i7 8650Uが4-coreであることを示唆するものである。現行の2-coreのU seriesは2.50GHzに達しているからである。
[“KabyLake Refresh”―Core i7 8650UがGFX benchに姿を現す]の続きを読む
AMD new flagship card Vega run points: actually not as good as GTX 1070?(MyDrivers.com)
AMD Vega 10 3DMark Fire Strike Benchmark Entry Spotted – 687F:C1 Device With 8GB of 700MHz vRAM & 1200MHz Core Clock(WCCF Tech)

“Vega 10”を使用する製品は少なくとも687F:C1, 687F:C2, 687F:C3の3種類があると言われています。このうち678F:C1の3DMark FireStrikeのスコアとスペックが掲載されています。

3DMark FireStrikeのスコアは以下の通り。
[“Vega 10”の3DMark Fire Strikeのスコアとスペック]の続きを読む
第4海域 (E-4) からはいよいよ後段作戦である。E-4は通常艦隊で陸上型深海棲艦率いる連合艦隊を相手にすることになる。

そのE-4のMAPが以下である。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-4甲の記録]の続きを読む
艦これ2017年春の限定海域―「出撃!北東方面 第五艦隊」、その前段作戦最後の海域となるのが第3海域(E-3)である。

E-3の海域名は“千島列島沖”、作戦名は「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」である。

E-3もまたE-2同様前半の輸送ゲージと後半の戦略ゲージの2本立てである。そしてこの海域は連合艦隊での出撃となる。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-3甲の記録]の続きを読む