北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
PC demand to enjoy growth thanks to new processors from AMD and Intel(DigiTimes)

マザーボードメーカーは現在積極的にハイエンド向けのX370マザー及びメインストリーム向けのB350マザー、エントリー向けのA320マザーの準備を進めている。そしてマザーボードメーカーは11月末にX370搭載マザーの出荷開始を見込んでいる。

DigiTimesの記事の本題は2017年第1四半期にIntelとAMDの両社から新型CPUが登場することにより、PC市場が活性化されるだろうという話です。
[X370搭載マザーの出荷は11月末に開始されるらしい]の続きを読む
Two versions of Raven Ridge under development(Bits and Chips)
AMD Raven Ridge APU With PS4 Class Graphics Due In 2017 – Packs 16CU Vega GPU, HBM & 4 Zen Cores(WCCF Tech)

Bits and Chipsが得た情報によると、“Raven Ridge”は2種類があり、デスクトップ(AM4)向けで16のCompute Unit (CU) からなるiGPUを搭載するものと、Mobile(FP5)向けで12 CUのiGPUを搭載するものがあるという。

その2種類の“Raven Ridge”の違いをまとめたものが以下となります。
[2種類があるかもしれない“Raven Ridge”―AM4向けはHBM 2搭載?]の続きを読む
Intel Announces Atom E3900 Series - Goldmont for the Internet of Things & More(AnandTech)
Intel Announces the Atom E3900 Series Processors(techPowerUp!)
Intel Atom Apollo Lake Processor E3900 series Launches(Guru3D)
Intel、GPU性能が約3倍に向上した“Apollo Lake”世代のIoT向けSoC「Atom E3900」シリーズ発表(hermitage akihabara)
インテル、ADAS向け最新SoC「Atom A3900シリーズ」発表(Car Watch)

Intelは10月26日、IoT向けのAtom processorの新製品としてAtom E3900 seriesを発表した。また同時に自動車向けのIVI, デジタルメーター, ADAS向けに対応するAtom A3900 seriesも発表されている。

Atom E3900, A3900 seriesはいずれも“Apollo Lake”をベースとしており、製造プロセスは14nmとなります。CPUは“Goldmont”と呼ばれる新設計CPUで最大4-core、GPUは第9世代となり最大EU数は18となります。
[【Intel】“Apollo Lake”世代のAtom E3900 seriesとA3900 seriesを発表]の続きを読む
長さ約145mmの小型モデルもあり、Pascal世代の「GeForce GTX 1050」が発売(AKIBA PC Hotline!)
深夜販売もあった! 「GeForce GTX 1050/1050 Ti」が発売(ASCII.jp)
GeForce GTX 1050 Ti,GeForce GTX 1050(4Gamer.net)
GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を試す - ついにGeForce GTX 750 Tiの後継が登場(マイナビニュース)

10月25日22時よりNVIDIAの新型GPU―GeForce GTX 1050 TiおよびGeForce GTX 1050が発売された。実売価格はGeForce GTX 1050 Tiが18400~21600円前後、GeForce GTX 1050が14900~15100円前後の模様。

発表は事前にされており、10月25日22時をもって発売とレビューが解禁された形となります。スペックは以下の通りです。
[GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050が発売される]の続きを読む
EIZO Announces the FlexScan EV2780 Display with USB Type-C Connectivity(techPowerUp!)
当社初、USB Type-C端子搭載27.0型モニターを発売(EIZO)
FlexScan EV2780(EIZO)

EIZOは10月25日、27インチ液晶モニタの新製品となるFlexScan EV2780を発表した。このFlexScan EV2780は同社では初めてUSB type-C接続に対応する製品となる。このUSB type-Cにより1本のケーブルで画像、音声、USB signalを送受信でき、速度はSuper Speedに準拠した5Gbpsに対応する。またこのUSB type-Cコネクタは30Wまでの給電に対応する。

その他のスペックですが使用される液晶パネルはIPS方式のアンチグレアタイプとなり、解像度は2560×1440となります。接続は前述のUSB type-Cに加え、DisplayPortとHDMIが各1系統搭載されます。消費電力は最大96W、標準23W、待機時0.5W以下となります。
また最近のトレンドを反映してか、ベゼルは1mmと薄く、フレームレス・フルフラットデザインを採用しています。

発売予定日はブラックが11月18日、ホワイトが12月21日が予定されており、EIZOダイレクトでの販売価格は111024円となっています。
New AMD Engineering Sample Zen Processors get higher Clocks(Guru3D)

“Zen”の新たなEngineering Sampleに関する情報が入ってきた。この新たなEngineering Sampleは“Broadwell-E”と同等のIPCを有し、以前のEngineering Sampleより高い周波数で動作する。

まず1つめは8-coreでSMTにより16-threadで動作するが、Base clockが3.15GHz、全コアBoost時が3.30GHz、そして1-coreでのBoost時が3.60GHzとなる。おそらくこれは改良が施され、以前の8-core SKUと同じTDPであると思われる。
[周波数が向上した“Zen”のEngineering Sampleが登場した模様]の続きを読む
AMD Cuts Prices of the Radeon RX 470 and RX 460(techPowerUp!)
AMD drops prices on the Radeon RX 460 and RX 470(The Tech Report)

GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場により、$200以下での市場の優位性を削がれるのを防ぐために、AMDはRadeon RX 470 4GBとRX 460の値下げを行う模様だ。
具体的にはRadeon RX 470 4GBは$169.99から$155.99へ、Radeon RX 460 2GBは$109.99から$99.99に値下げされるとみられている。


対抗となるGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の価格ですが、GeForce GTX 1050 Tiは$139、GeForce GTX 1050は$109となります。またGeForce GTX 1050 Ti対抗としてRadeon RX 470とRX 460の間を埋めるStreamProcessor数1792の“Polaris 10”搭載カードの噂もあります(しかし、これに付いては中国向けという話も出てきているので、国内で出回るかどうかは怪しいかもしれない。なおこれはRadeon RX 470Dと呼ばれていることが多いようである)。

いずれにせよこの価格帯は今後激戦が予想されるでしょう。
18W and 4 +2 configuration, Intel Kaby Lake-H processor 2017 end in the second quarter(BenchLife)

第7世代Core i processorとなる“KabyLake”はU seriesとY seriesが登場しているが、H seriesは12月に、デスクトップ向けのS seriesは2017年第1四半期に予定となる。そしてその後、U seriesとH seriesに新たな製品が加わる。

まずU seriesであるが現時点では2-core/4-threadの製品のみがラインナップされているが、ここに4-core/8-threadのモデルが加わる。正確なProcessorのモデルについてはわからないが、ダイサイズは122mm2でiGPUは第9世代のグラフィックを使用する。現時点ではこの“KabyLake-R U 4+2”はEngineering Sampleが2017年第1四半期でQualified Sampleが第2四半期、そしてRTSが第3四半期となる。
[Mobile向けで4-coreを拡大する2017年の“KabyLake”―“U”と18Wの“H”]の続きを読む
AMD to launch Radeon RX 470 with 1792 Stream Processors?(VideoCardz)
AMD Readying an Answer to GeForce GTX 1050 Ti(techPowerUp!)
AMD Prepping New Radeon RX 470 With A Cut-Down Polaris 10 GPU – Aims To Compete Against the GTX 1050 Ti(WCCF Tech)

GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場により$150以下のグラフィックカード市場が激戦の様相を呈している。AMDはRadeon RX 470とRX 460の間にある隙間があると考え、“Polaris 10”を使用したカードによりこの隙間を埋めようとしている模様である。このカードはRadeon RX 465あるいはRX 470 SEと呼ばれることになるのではなかろうか。
[AMDがSP数1792の“Polaris 10”搭載カードを計画しているらしい]の続きを読む
Qualcomm Announces Snapdragon 653, 626, and 427 SoCs(Impress PC Watch)

QualcommはSnapdragon 600, 400 seriesの新製品としてSnapdragon 653, 626, 427を発表した。これらはより先の800 seriesでも採用された高速なLTE接続とDual-cameraのサポートが行われる。

主なスペックは以下の通りです。
[【Qualcomm】Snapdragon 653, 626, 427を発表]の続きを読む
Intel Kaby Lake Core i5-7600K Spotted (Photo)(Guru3D)
Intel Core i5-7600K, Core i5-7500T, Core i3-7300 and Pentium G4620 Kaby Lake Processors Pictured – ASUS and Gigabyte 200-Series Motherboards Confirmed(WCCF Tech)

“KabyLake-S”のCPU-Zとデバイスマネージャのスクリーンショットが複数掲載されています。

掲載されたのはCore i5 7600K, Core i5 7500T, Core i3 7300, Core i3 7310T, Pentium G4620です。このうちCore i5 7600K, i5 7500Tについては以前の情報で示されたスペックと変わりありません。

Core i3とPentiumは今回が初めて姿を現したものです。Core i3は“Skylake”世代から順当に周波数を上げたものとなっており、特にCore i3 7300は定格周波数がとうとう4.00GHzに達します。TDP35WのCore i3 7310Tになるとさすがに周波数は落ちますがそれでも3.40GHzを維持しています。そのほかの仕様は今までのCore i3同様で2-core/4-thread構成でL3キャッシュは4MBまたは3MB(今回明らかになったモデルではCore i3 7300がL3≒4MB、i3 7310TがL3=3MBである)となります。
[複数の“KabyLake-S”のSSがリーク―Pentiumは再び2-core/4-threadに?]の続きを読む
NVIDIA Announces GeForce GTX 1050 Ti & GTX 1050: Entry-Level Cards Launching October 25th(AnandTech)
Nvidia's GeForce GTX 1050 and GTX 1050 Ti graphics cards unveiled(The Tech Report)
NVIDIA announces GeForce GTX 1050 Ti and GeForce GTX 1050(VideoCardz)
NVIDIA,「GeForce GTX 1050」「GeForce GTX 1050 Ti」を発表。Pascal世代のエントリー市場向けGPU(4Gamer.net)
NVIDIA、2年半続いたMaxwellを終結させる「GeForce GTX 1050」(Impress PC Watch)
GEFORCE GTX 1050(NVIDIA)

NVIDIAは10月18日、GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を発表した。なお、ローンチは翌週の10月25日となる。GeForce GTX 1050 Ti / GTX 1050はエントリー向けとされ、これらの登場によりデスクトップ向けのGeForce 10 seriesはラインナップが一通りそろったことになる。

スペックは以下の通りです。
[【NVIDIA】GeForce GTX 1050 Ti / GTX 1050を発表]の続きを読む
Intel 8000p - The First Consumer-Grade 3D Xpoint Products(techPowerUp!)
Intel 8000P Optane storage products to be offered in 16GB and 32 GB(Guru3D)
Intel Optane (XPoint) First Gen Product Specifications Leaked(PC Perspective)

BenchlifeがIntel Optane Memory製品のスペックをリークした。これはIntelとMicronが共同開発した3D Xpoint technologyを用いた製品である。そして今回リークしたOptane MemoryはSSDとRAMの中間に位置する製品となり、Intelはこれを“System accelerator”と呼んでいる。以前は“Stony Beach”のコードネームで呼ばれていたこの製品は、Intel 8000pと呼ばれることになる。

そのスペックは以下の通りです。
[コンシューマ向け最初のIntel Optane Memory製品となるIntel 8000p]の続きを読む
AMD rolling out revised Polaris GPUs with 50% increase in performance/watt(VR-Zone)
Rumor: Polaris refresh incoming for RX 465, 475, and 485(The Tech Report)
AMD Rolling Out New Polaris GPU Revisions With 50% Better Perf/Watt(WCCF Tech)

AMDは“Polaris 10”及び“Polaris 11”の新Revisionを投入する模様だ。これらの新Revisionの“Polaris”はPerfomance Performance per wattが50%改善するという。“Polaris”は現在デスクトップ向けGPUのRadeon RX 480, RX 470, RX 460に投入されているが、新Revisionの“Polaris”は組み込み向けにまず投入される。そして前Revisionと比較して同等か若干良い性能を有しながらも、消費電力は劇的に低減されている。
[“Polaris”の新Revisionが登場見込み―Performance per wattを50%改善]の続きを読む
Western Digital announces WD Blue, WD Green SSDs(bit-tech.net)
The Western Digital Blue (1TB) SSD Review: WD Returns to SSDs(AnandTech)
Western Digital WD Blue & WD Green SSDs announced(VR-Zone)
Western Digital Announces the WD Blue and WD Green Consumer SSDs(techPowerUp!)
Western DigitalからWD Blue/Greenブランドを冠した“SSD”が登場(Impress PC Watch)
Western Digital introduces WD Blue and WD Green Solid State Drives (Western Digital)

Western Digitalは10月11日、WD Blue SSDとWD Green SSDを発表した。これらはWDブランドを関する初のSATA対応クライアント向けSSD製品となる。

WD BlueはSATA SSDとして性能を重視する製品で、マルチタスクや重いアプリケーションの動作に適しており、デスクトップPC向けとしてもノートPC向けとしても最良の製品となっている。容量は250GB, 500GB, 1TBで、2.5インチ/7mm厚またはM.2 2280で提供される。Sqeuantual Readは最大545MB/s、同Writeは最大525MB/sである。価格は$79~299である。
[【Western Digital】2種類のSSD製品―WD BlueとWD Greenを発表]の続きを読む
GIGABYTE Updates BRIX Mini-PC Lineup with 7th Gen Core Processors(techPowerUp!)
GIGABYTE、超小型ベアボーン「BRIX」に第7世代Coreプロセッサ搭載モデル(Impress PC Watch)

Gigabyteは10月11日、Intelの最新世代となる第7世代Core i processorを搭載したBRIXを発表した。

搭載するCPUはCore i7 7500U, i5 7200U, i3 7100Uのいずれかとなります。各CPUのスペックは以下の通りです。
[【Gigabyte】“KabyLake-U”―第7世代Core iを搭載したBRIXを発表]の続きを読む
ASRock Intros Trio of "Apollo Lake" Motherboards(techPowerUp!)

ASRockは“Apollo Lake”を搭載するマザーごボードとして4-coreのCeleron J3455を搭載する“J3455-ITX”と“J3455M”及び、同じく4-coreのPentium J4205を搭載する“J4205-ITX”を発表した。“J4205-ITX”と“J3455-ITX”はMiniITX規格、“J3455M”はスロットを3本搭載するMicroATX規格となる。
[【ASRock】3種類の“Apollo Lake”搭載マザーを発表]の続きを読む
AMD Vega 10 Coming End Of 2016 With Powerful V9 Architecture, Vega 11 Due 1H 2017 – “Magnum” Board Debuting In November(WCCF Tech)

AMD史上もっとも強力なGPUとなるであろう“Vega 10”は今年末に登場し、続いて“Vega 11”が来年前半に登場する。またAMDは11月に開催されるSC 2016において“Magnum”と呼ばれる新しいボードを展示する。この“Magnum”の展示が“Vega 10”のお披露目になるかどうかはわからないが、WCCF Techで得た複数の情報では“Vega 10”は今年末までに登場すると述べている。
[“Vega 10”は今年末に、“Vega 11”は2017年上半期に登場する]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti & GTX 1050 launching on October 22(VR-Zone)
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 3DMark Fire Strike and Time Spy performance(VideoCardz)
Rumor: GeForce GTX 1050 Ti photographed and benchmarked(The Tech Report)
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 3DMark Performance Revealed(techPowerUp!)
NVIDIA to Launch GeForce GTX 1050 Ti and GTX 1050 on Same Day(techPowerUp!)

GP107-400を使用するGeForce GTX 1050 Tiは今月後半に登場する。ChiphellではこのGeForce GTX 1050 Tiの写真やGPU-Zスクリーンショットが掲載された。
掲載されたカードには6-pin×1のPCI-Express電源コネクタが搭載されているがこれはオプションである。だが、多くのカードがBase 1354MHz/ Boost 1468MHzにオーバークロックされるとも言われている。
[GeForce GTX 1050 Tiの3DMark Fire Strikeのベンチマークスコア 他]の続きを読む
ノートPCはI/Oに劣る、一方でデスクトップPCは場所をとる。ではデスクトップPCのI/Oと性能を有し、ノートPC並みの省スペース性を得るにはどうすればいいか?

答えは簡単、PCを引き出しに突っ込んでしまえばいいのさ!
[【北森瓦版蝋燭レビュー 7】引き出しPC再び―今度は寄せ集めじゃないよ!]の続きを読む
Editorial: NVIDIA GeForce 20 Series(VideoCardz)
NVIDIA Pascal Refresh “GeForce 20” Series Speculation – GeForce GTX 2080 Ti, GTX 2080 and Titan Black V2(WCCF Tech)
How nVidias GeForce 2000 Series (Pascal Refresh) might look(3DCenter.org)

3DCenter.orgによると現行のGeForce 10 seriesの後継として、GeForce 20 seriesが来年に予定しているという。

3DCenter.orgの情報を見るとこのGeForce 20 seriesは現行の“Pascal”を改善した“Pascal Refresh”と呼ばれるものが使われる模様です。同様のことは40nmで“Fermi”世代のGeForce 400 series→500 seriesや28nmで“Kepler”世代のGeForce 600 series→700 series(GeForce GTX 750 Ti/GTX 750は除く)などでも行われており、もう1年“Pascal”世代のGPUが続投するという話自体はそこまで突拍子な話でもありません(この情報の真偽はかなり怪しげだが)。

各SKUの変遷は以下のようになるようです。
[“Pascal Refresh”とGeForce 20 seriesの噂]の続きを読む
ASUS Issues BIOS Updates for Kaby Lake LGA1151 Processors(Guru3D)
BIOS updates for all Asus boards up to C236(ComputerBase.de / ドイツ語)

ASUSは10月5日、全てのIntel 100 series搭載LGA1151マザーボードで次世代Intel Core series Processor―“Kaby Lake”をサポートすると発表した。

対応するマザーは全ての100 seriesチップセット搭載LGA1151マザーとあるだけあって膨大な数になります。
[ASUSのLGA1151マザーにも“Kaby Lake”対応BIOSの提供が開始される]の続きを読む
AMD Announces the 7th Generation AMD PRO Processors(techPowerUp!)
AMD launches Bristol Ridge Pro APU family(bit-tech.net)
AMD goes after vPro with seventh-gen PRO APUs(The Tech Report)
Processors for Business Desktops – 7th Generation AMD PRO APUs(AMD)

AMDは“Bristol Ridge PRO”のコードネームで呼ばれてきたビジネス向けの第7世代PRO series APUを発表した。この第7世代PRO series APUは演算性能とグラフィック性能が向上し、電力効率を改善したほか、安全性と安定性を備えたプラットフォームとなっている。

ベースとなるのは先に登場したデスクトップ向け“Brsitol Ridge”こと第7世代A series APUとなります。
[【AMD】第7世代のPRO series APUを発表]の続きを読む
◇ASRockのZ270 M/BとXeon E3-1200 v6
ASRock Z270 Gaming K6 and Z270 Pro 4 Motherboards Pictured – Kaby Lake Xeon E3-1200 V6 Lineup Launches in Q1 2017(WCCF Tech)

ASRockのZ270搭載マザー“Z270 Gaming K6”の写真が掲載されています。とは行っても掲載されているのは非常にぼやけた外箱の写真だけなので、これだけでは何とも言えません。またもう1種類“Z270 Pro4”の写真も掲載されており、こちらは“Z270 Gaming K6”のそれよりも若干鮮明ではあるものの、やはり外箱だけの写真でどのようなスロット構成になるのか、などスペックを類推することは不可能です。

Intel 200 seriesそのものの機能は現行の100 seriesとそれ程変わらないと言われており、目立つのはIntelの新型SSDであるOptane technologyのサポートが加わる程度だと言われています。

なお“KabyLake”については既存の100 seriesでも対応でき、気の早いメーカーは既に“KabyLake”対応のBIOSを発表しています。
[ASRockのZ270 M/BとXeon E3-1200 v6とCore i7 7700Kのベンチマークと]の続きを読む
AMD prepares Zen for CES 2017 launch; aggressively clearing inventory for platform transition(DigiTimes)

9月にデスクトップ向けに“Bristol Ridge”を発表したのに続き、AMDは“Zen”をベースとしたCPUをハイエンド向けチップセットのX370とともに2017年1月のCES 2017で発表する。プラットフォームの迅速な切り替えのため、AMDは在庫を一掃するために製品価格の調整を行い始めている。しかしながら、“Zen”をベースとした製品が大量に出荷されるのは2月からとなり、利益をもたらすようになるのは2017年第2四半期からであろう。
[“Zen”は2017年1月のCESで発表される・・・らしい]の続きを読む
◇GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場時期
「GTX 1060にもTiが欲しかった」(10/1) ・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti Launches on 18th October, GeForce GTX 1050 Launches on 26th October – GTX 1050 SE Rumored Too(WCCF Tech)

まずGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場時期ですがhermitage akihabaraとWCCF Techで異なる情報が出ています。

WCCF TechではGeForce GTX 1050 Tiが10月18日、GeForce GTX 1050が10月26日にローンチされ、価格はそれぞれ$149と$119となるとしています。一方、hermitage akihabaraにはGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050がともに10月25日に発表・発売になると述べています。GeForce GTX 1050 Tiが先行して10月18日に発表され、実際に出回るのが10月25日前後であるのならば、両者の情報の食い違いもそれなりに説明は出来ます(GTX 1050の10月25日と26日は多少の誤差か?)。

何にせよ10月中旬から下旬の時期にGeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050が登場することは確かなようです。
[GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050の登場時期とその他の話題]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 3DMark Performance Leaked(techPowerUp!)
First GeForce GTX 1050 Ti Benchmarks Leak Online(Guru3D)

ChiphellにGeForce GTX 1050 Tiのものとされる3DMark 11のスコアが掲載された。測定はCore i7 6700K搭載システムで行われ、Performance presetでP10054、Extreme presetでX3860であった。同様の環境でのGeForce GTX 960のスコアはP10000とX3300であり、GeForce GTX 1050 TiはGeForce GTX 960よりも高速であるといえる。
[GeForce GTX 1050 Tiの3DMark 11スコアが明らかに]の続きを読む
AMD’s Brand New ‘Avian APU’ Roadmap Spans From 2017 to 2019 – Codenames Of The Next Generation APU Platforms Revealed(WCCF Tech)

現時点での最新APUは“Bristol Ridge”でこれは28nmで製造され、“Excavator”と“Tonga”世代のGPUを組み合わせたものです。そしてその次の2017年に予定されているAPUが“Raven Ridge”で、製造プロセスが14nmに移行し、“Zen”世代のCPUと“Polaris”世代のGPUを組み合わせたGPUとなります。

そして少し前に名前が出てきたのが“Gray Hawk”と呼ばれるAPUですが、これはさらに先の7nmプロセスで製造されるAPUでCPUは“Zen+”世代、GPUはひょっとしたら“Navi”世代が採用される可能性があるとされています。
[2017年から2019年の羽ばたくAPU―複数世代のAPUの名が明らかに]の続きを読む
NVIDIA Preparing GeForce GTX 1080 Ti for 2017 CES Launch(techPowerUp!)
Nvidia GTX 1080 Ti allegedly launching at CES 2017(Fudzilla)

NVIDIAはGeForce GTXブランドを冠する製品としてハイエンドとなるGeForce GTX 1080 Tiを2017年1月のCESで発表する。GeForce GTX 1080 TiはGTX 1080の$599~699とTitan Xの$1199の間の価格帯に投入され、ベースとなるのは16nmプロセスのGP102である。

スペックについても言及されていますが、これについては9月中旬の怪しい情報に多少の付け足しがあった程度のものです(とはいえ、GP102を使用するという点だけは間違いはないだろう)。
[GeForce GTX 1080 Tiは2017年1月のCESで発表される]の続きを読む
Vega 10 with HBM2 will launch this year(Fudzilla)
AMD could launch Vega 10 with HBM2 memory by year-end(VR-Zone)

AMD製GPUとしては最初のHBM 2搭載GPUとなる“Vega 10”は今年末までにローンチされるかもしれない。少なくともProfessional市場向けにはアナウンスがあるようである。

その時期は9月(もう過ぎてしまったが)とも11月とも言われているようですが正確な時期は全くわかっていないようです。“Vega 10”のスペックについては断片的で今回の情報では16GBのHBM 2を搭載するのではないかと言われています。

今までの情報では“Vega 10”のスペックとしてStreamProceessor数は4096になると予想しているものが多く見られ、TDPも225W前後とされています。