北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Broadwell and Skylake-S coexist, Intel desktop processors in the second quarter 2015 update(VR-Zone Chinese / 繁体中文)
"Broadwell" and "Skylake" with parallel desktop start(ComputerBase.de / ドイツ語)

9月に“Haswell-E”がローンチされた後、人々の興味は2015年のラインナップに映ることになるだろう。最新のロードマップによるとIntelの2015年のデスクトップ向けCPUは2種類の14nm CPUが“Haswell Refresh”の後継として現れることになる。

ロードマップの図を見ると明らかであるが、“Broadwell”と“Skylake-S”という2種類の14nm CPUが2014年第2四半期にローンチされる。このうち“Skylake-S”はIntel 100 seriesチップセットに対応する。また、“Skylake-S”は“Haswell-E”に続いてDDR4メモリに対応するが、DDR3にも対応する。
[“Broadwell”と“Skylake-S”は並存する]の続きを読む
"Tonga" to replace Tahiti Pro, AMD Radeon R9 280 is expected in mid-August update(VR Zone Chinese / 繁体中文)
AMD Tonga arrives in August, replaces Tahiti PRO(VideoCardz)
AMD Tonga GPU Arriving Sometime in August – Will Replace the Radeon R9 280 GPU(WCCF Tech)

8月には新たなグラフィックカードが登場する。しかしそれはハイエンド製品ではなく、20nmプロセスのコアを使用した物ではない。

信頼できる情報筋によると、AMDは8月に“Tahiti Pro”を使用するRadeon R9 280を更新するという。

5月の情報ではAMDは新たに“Tonga”と呼ばれるカードを投入すると言われており、この“Tonga”はRadeon R9 270XとR9 280の中間に位置するするものとされていた。しかし最新の情報では“Tonga”は“Tahiti Pro”の後継であるという。そしてRadeon R9 280を置き換えるものになるという。なお、Radeon R9 275という名は出てきていない。
[“Tonga”は“Tahiti Pro”の後継として8月中旬に登場するらしい]の続きを読む
Hawaii XTX GPU non existent(Blackholetec)
[Updated] AMD’s Hawaii XTX 48CU GPU Doesn’t Exist After All – Reliable Source Denies Existence Completely(WCCF Tech)

Radeon R9 290Xは“Hawaii”のフル仕様のダイではないのではないかという噂が出回っている。この噂は8Packと呼ばれる人物が少し前にながしたものだが、この情報は間違いである。そして多くのPCニュースサイトがこの話題を取り上げたが、最初の発端となった投稿は既に削除されている。
[“Hawaii XTX”は存在しない?]の続きを読む
AMD Unveils A10-7800 Quad-core Socket FM2+ APU(techPowerUp!)
「cTDPがあるから、いらないかも」(6/28) ・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)

AMDは“Haswell”コアのCore i3に対抗するミドルレンジAPUとなるA10-7800(OPN:AD7800YBI44JA)を明らかにした。A10-7800は28nmプロセスの“Kaveri”をベースとし、SocketFM2+に対応する。A10-7850Kとの違いは倍率がロックされていること、TDPが65Wに抑えられていることがある。A10-7800はx86 CPUコアとして“Steamroller”を4-core/2-module搭載し、L2キャッシュを4MB搭載する。CPUの周波数は定格3.50GHz、Boost 3.90GHzである。iGPUはRadeon R7を搭載し、512基のGraphics Core Nextコアを搭載する。APIとしてDirectX 11.2とMantleの対応が挙げられる。メモリコントローラはDual-channel DDR3-1866に対応、PCI-ExpressコントローラはPCI-Express 3.0に対応する。価格は$140~150と予想されている。

“Kaveri”としては初の65W版となるA10-7800がまもなく登場する模様で、hermitage akihabaraでは7月3日の発売であると述べています。
TDPが65WとA10-7850Kの95Wよりも低く抑えられていることが特徴ですが、hermitage akihabaraで指摘されているとおりA10-7850KもConfigurable TDPにより65Wや45W相当で動作させることが出来るため、この65Wで倍率ロック仕様というA10-7800の需要がどこまであるかは未知数です。

実際私もA10-5700, A10-6700とTDP65W版を好んで使ってきましたが、今回に関してはA10-7850KかA10-7800か決めかねている状況です。
A10-7850KのConfigurable TDPで十分熱とA10-7800相当に消費電力を抑えられるのならA10-7850Kの方が良いとも考えてしまいます。
More details on Skylake processors(CPU World)
Intel Skylake in four variants in 2015(SweClockers.com / スウェーデン語)

2015年にIntelは14nmプロセスで製造される新しいx86アーキテクチャとなる“Skylake”を投入する。“Skylake”は数々の改良が施されるが、その中でも重要なものの1つがDDR4メモリのサポートとGPUの改良である。“Skylake”のGPUについてはこれまでもCPU Worldで述べてきたが、今回は対応するメモリとTDPの情報が入ってきた。

まずおさらいだが“Skylake”は4種類があり、低消費電力向けのSystem on a chipがU seriesとY series、高性能MobileとAll-in-one向けがH series、デスクトップ向けがS seriesとなる。このうち、U seriesとY seriesは“Skylake Platform Controller Hub (PCH)”をオンダイで統合するが、H seriesとS seriesは従来通り単体のPCHを必要とする2チップ構成となる。H seriesとS seriesのCPUとPCHの接続はDMI 3.0となり、現行のDMI 2.0(5.0GT/s)よりも転送速度が高められて8.0GT/sとなる。これら4種類の“Skylake”は全てDual-channelメモリコントローラを搭載し、U seriesとY seriesは1 DIMM/chまでの対応、H seriesとS seriesは2 DIMM/chの対応となる。
[少しずつ明らかになる“Skylake”の姿]の続きを読む
AMD to launch new FX processor or processors(CPU World)

AMDは倍率ロックを解除したFX CPUの新モデルを計画している。AMDの幹部であるRoy Taylor氏が投稿した写真を見ると、このCPUは水冷クーラーを同梱したものであることはわかるが、モデルナンバーは分からない。

今のところこの新CPUの情報はまだ入ってきていないが、少し前にCPU Worldが得た情報によるとAMDは“Vishera”コアのFX CPUの新製品を2種類予定しており、モデルナンバーはFX-8310, FX-8370になるという。FX-8310, FX-8370はともに8-coreで8MBのL3キャッシュを有する。TDPはFX-8310が95W、FX-8370が125Wとなる。周波数などこの他のスペックは分かっていない。そのため、FX-8310やFX-8370がそもそもローンチされるかどうかも分からない。
[ひょっとしたらFX CPUの新SKUが登場・・・したらとっても嬉しいなって]の続きを読む
Intelの本命CPU「Devil's Canyon」がついに発売(AKIBA PC Hotline!)
インテルの新型倍率ロックフリーモデル「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」が発売に!(アキバ総研)
“悪魔”は手強い!? Devil's Canyonこと「Core i7-4790K」の性能(ASCII.jp)
定格4GHzに達した「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(Impress PC Watch)
Core i7-4790K(4Gamer.net)

“Devil's Canyon”の名で知られる“Haswell Refresh”世代の倍率ロック解除仕様のCPU―Core i7 4790KとCore i5 4690Kが発売された。価格はCore i7 4790Kが38400~39400円前後、Core i5 4690Kが26800~27300円前後となる。
このうちCore i7 4790Kは周波数が4.00GHz/TC 4.40GHzとなり、Intelの4-core CPUとしては初めて定格4.00GHzに達した製品となる。


スペックは以下の通り。
[“Devil's Canyon”―Core i7 4790K, i5 4690Kが発売される]の続きを読む
Rumor: Microsoft Working on Windows 8.1 Update 3(Microsoft News)

Windows 8.1 Update 2が近いうちにリリースされるという噂が立っているが、新たにWindows 8.1 Update 2に続くWindows 8.1 Update 3が開発されているという噂が入ってきた。

今回の情報ではコードネームと製品名、登場時期が記されています。以下にまとめます。
[Windows 8.1 Update 3なるものが開発されているらしい?]の続きを読む
Intel unveils more on ‘Knightss Landing’(VR-Zone)
Intel Details Its Next-Gen Xeon Phi Processor(techPowerUp!)
Intel Details Its Next-Gen Xeon Phi Processor(Guru3D)
Intel、60 Silvermontコア/オンパッケージメモリ16GB搭載のXeon Phi(Impress PC Watch)

Intelは6月24日、“Knights Landing”のコードネームで呼ばれる次世代Xeon Phiの新たな詳細を明らかにした。“Knights Landing”は新しい高速Fabricをオンパッケージで搭載でき、また広帯域なオンパッケージのメモリも搭載される。現時点ではメモリもFabricもサーバー内の独立したコンポーネントとしての利用となるため、性能や密度に限界がある。

新たな内部接続技術はIntel Omni Scale Fabricと呼ばれる。Omni Scale Fabricは次世代HPCに必須のものとして位置づけられるよう設計されている。このOmni Scale Fabricは“Knights Landing”だけでなく、将来の一般向けXeon processorにも統合されるという。
[Intel 次世代Xeon Phi―“Knights Landing”の詳細を明らかに]の続きを読む
AMD Announces FirePro W8100(AnandTech)
AMD announces FirePro W8100 based on Hawaii PRO(VideoCardz)
AMD Introduces the FirePro W8100 Professional Graphics Card(techPowerUp!)
AMD、4Kの4画面同時出力が可能なワークステーションGPU (Impress PC Watch)

AMDは6月23日、プロフェッショナル向けのグラフィックカードの新製品となるFirePro W8100を発表した。FirePro W8100は第2世代のGraphics Core Nextアーキテクチャを採用しており、ワークステーションの性能を新たなレベルまで引き上げることが可能だとしている。近い製品と比較するとOpenCLによる倍精度浮動小数点テストで38倍の性能を有しているという。FirePro W8100は4K CADやMedia and Entertainment (M&E)、技術解析やスーパーコンピュータアプリケーションで使用できるよう設計されている。
[AMD FirePro W8100を正式発表]の続きを読む
Roy Taylor’s mystery FX chip is a refreshed FX-9590 CPU(VR-Zone)
AMD to Launch FX-9590 Refresh Package(techPowerUp!)
AMD Will Relaunch 5GHz FX-9590 Processor with Liquid Cooling(Guru3D)
The renewed FX-9590, still up to 5GHz(PC Perspective)
Exclusive: AMD to Launch "New" FX-9590 CPU(HardwareCanucks)

AMDはFX-9590 8-core processorの新たなリテールパッケージを用意している。この新パッケージはFX-9590にAsetek製のCPUクーラーを同梱したもので、価格は$359となる。クーラーなしのFX-9590単体の価格は$319であるので、$40で水冷クーラーがついてくることになり、お得なパッケージと言える。
[予告された“新FX CPU”の正体はFX-9590に水冷クーラーを同梱したもの]の続きを読む
Windows 8.1 Update 2 Coming(Guru3D)

Windows 8.1 Update 2―あるいは
Windows 8.2と呼ばれであろうWindowsの次のUpdateががまもなくリリースされるようだ。7月にRTM (Release-to-manugfacturing) を迎える模様で、8~9月にはローンチされる見込みだ。Windows 8.1 Update 2(仮称)ではデスクトップの拡張が行われるものの、Start Menuが復活するわけではないようだ。


このWindowsのUpdateのダウンロード容量は3GBとなる見込みである。

Windows 8.1の次のUpdate(Windows 8.2 or Windows 8.1 Update 2)が近いうちにリリースされるようです。この情報では7月にRTMを迎え、8~9月に正式発表されるとしています。
ありがとう藍澤光さん 台湾Microsoftの公式サイトが終了(ITmedia)
Microsoft Silverlight / 藍澤光のFacebookページ(Facebook)

4年間弱Microsoft Silverlightのキャンペーンガールとして続いてきた藍澤光ですが、6月23日正午を持って公式Webサイトを終了することになりました。この4年間弱台湾の「特別な」公式Webサイトを支えてくださりありがとうございました。
今後、藍澤光はFB fan groupに場を移すことになり、近い将来新たなファングループコンテンツを用意します。新しい藍澤光がまもなく始まります。全てがなくなってしまうわけではありません、心配なさらず・・・。


繁体中文から英語に機械翻訳したものを無理矢理訳しているのでかなり怪しかったりしますが・・・大筋は間違っていないはずです多分。

初出時は「台湾Microsoft始まったな・・・」あるいは「ええい! 日本Microsoftは何をやっておるのだ!!」などと(局地的に)大きな反響を呼び、日本国内でも知る人ぞ知るキャラでしたが、いつの間にか4年近くの年月が過ぎ、そしてその公式Webサイトが終了することになったようです。今後はFacebookに場を移し、また藍澤光そのものもなくなるわけではないようですが、これが一つの節目となることは確かです。

お疲れ様、そしてありがとう。

(過去の関連エントリー)
【Silverlitht】Microsoft Taiwanの見せる本気とは【藍澤光】(2010年9月29日)
ISC 2014: NVIDIA Tesla Cards Add ARM64 Host Compatibility(AnandTech)
NVIDIA GPUs Open the Door to ARM64 Entry Into High Performance Computing(techPowerUp!)
NVIDIA Tesla adds ARM64 Host Compatibility High Performance Computing(Guru3D)

NVIDIAは6月23日、NVIDIA GPU acceleratorの性能を増強すべく64-bit ARMシステムをHigh performance computing (HPC) 向けに開発を行うことを明らかにした。

ARM 64のサーバーProcessorはその電力効率の高さから、当初MicroサーバーやWebサーバーなどを中心に開発が行われてきた。しかし、今回はこれをGPU acceleratorと組み合わせてHPC向けに投入する。そしてこのシステムはNVIDIA CUDA 6.5 parallel progamming platformに用いられる。CUDA 6.5は64-bit ARM processorをサポートしている。
[NVIDIA HPC向けにARM 64の投入を発表]の続きを読む
Core i7 "Haswell-E" HEDT Platform Launch Date Revealed(techPowerUp!)
Intel Haswell-E released in September Core i3 and Pentiums 20 july(Guru3D)
New Haswell CPUs to launch in July, Haswell-E to launch in September(CPU World)
Haswell-E to launch in September(Fudzilla)
Determine the Sept. 14 lifted, Intel Haswell-E and the X99 platform has been on the road(VR-Zone Chinese)

次のHEDT向けCore i7 processorとなる“Haswell-E”とその対応チップセットであるX99を搭載したマザーボードは2014年9月14日にローンチされる模様だ。この情報はVR-Zone Chineseにサプライチェーン向けの資料からのリークとして掲載されたものである。“Haswell-E”とX99チップセットは現行のHEDTプラットフォームである“IvyBridge-E”とX79チップセットの後継となる製品である。Socketは現行のLGA2011とは互換性のないLGA2011-3となり、メモリはDDR4メモリに対応する。ラインナップは6-coreのCore i7 5820Kとi7 5930K、8-coreのCore i7 5960Xから構成される。
[“Haswell-E”は9月14日に解禁されるらしい]の続きを読む
AMD A8-6410 "Beema" APU shipped in HP notebooks(CPU World)

“Beema”をベースとする新モデルのA8-6410 APUがHP Pavilion notebookに姿を現した。A8-6410が掲載されているのはPavilion 14z Touch, Pavilion 15z, 17z, 17z Touchである。“Beema”は4月にローンチされたが、この時点での最速モデルは4-coreのA8-6310であった。A8-6310の周波数は1.80GHz/TC 2.40GHzである。今回新たに姿を現したA8-6410は“Beema”系APUの新たなフラッグシップとなるもので、CPUの定格周波数がA6-6310から高められるとともに、グラフィックもA6-6310よりも良いものを搭載している。

資料によるとA8-6410は4-coreで2MBのL2キャッシュを搭載する。CPU周波数は2.00GHz/TC 2.40GHzとなる。メモリはDDR3L-1600のサポートとなっており、A6-6310のDDR3-1866よりも劣るが、これはノートPCのマザーボードによる制約の可能性もある。内蔵GPUはRadeon R5となる。TDPは“Beema”の他のモデルと同様にTDP15Wとなる。

スペックをまとめます。
[A8-6410]の続きを読む
AMD’s Radeon R9 290X Hawaii XT GPU might not be the full chip after all(VideoCardz)
AMD Could Already Have A Radeon R9 290X Successor – Hawaii XT Also Not Full Chip, Planning To Tackle GeForce GTX 780 Ti(WCCF Tech)

8 Packと呼ばれる有名なグラフィックカードのオーバークロッカーがOCUK forumsに興味深い投稿をした。これによると、AMDは既に新たなフラッグシップGPUを予定しているという。そして現行のRadeon R9 290Xは“Hawaii”の完全仕様のコアではないという。つまり“Hawaii”は元々44を超えるCompute unitを有しているというのである。
[“Hawaii”の完全仕様となるRadeon R9 295X(?)が予定されているらしい]の続きを読む
AMD teases new FX desktop chip(The Tech Report)
AMD Preps a New FX-Series Microprocessor with Bundled Liquid Cooling.(X-bit labs)
New AMD Desktop FX-Series Processor is Incoming – Will Ship with Closed Loop Liquid Cooler(WCCF Tech)
Something new is coming... @AMDFX pic.twitter.com/VCP7AoJHV9(Roy@AMD @amd_roy / Twitter)

AMDのGlobal channel sales部門の上級副社長であるRoy Taylor氏が6月20日にTwitterでとある予告を行った。このツイートにはFX processorのパッケージの写真がともに投稿されており、しかもそのパッケージのデザインは今までのFX CPUとは異なるものであった。そして箱のラベルには“FX-Series Processor with Liquid Cooling Sysstem”の文字が見られた。そしてツイートの文章は「新しい何かが来る・・・」というものであった。
[AMDが新たなFX CPUを予告]の続きを読む
Can AMD increase APU power efficiency 25-fold by 2020?(VR-Zone)
AMD Details Plans to Deliver 25x APU Energy Efficiency Gains by 2020(techPowerUp!)
AMD plans to deliver 25x APU efficiency gains in next six years(HEXUS)
AMD: APUs to get 25x more efficient by 2020(Guru3D)
AMD、2020年までにAPUの電力効率を25倍向上させる計画(Impress PC Watch)
AMD Newsroom(AMD)※
※2014年6月19日付けでこの項目があるが、デッドリンクとなっている。

AMDは6月19日、2020年までにAPUの電力効率を25倍に向上させると発表した。この発表は China International Software and Information Service Fair (CISIS) conferenceでAMDのCTOであるMark Papermaster氏がキーノートで明らかにしたものである。この“25×20”の目標は今までの6年間(2008~2014年)の電力効率向上幅よりも大きいものであり、通常この期間であれば電力効率の向上幅は10倍強程度である。
[2020年までに電力効率を25倍に向上させるAMD APU]の続きを読む
Intel to combine Xeons with programmable fpga(Guru3D)

Intelは来年、3rd party製のFPGAを組み合わせたXeon processorをリリース計画のようである。このXeon processorはデータベース・サーバーに特化したものとして開発され、ARMに対応する狙いがある。FPGAを組み合わせたXeonを開発しているという話はデータセンターグループのDiane Bryant氏から語られたもので、Xeonと組み合わされるFPGAはCPUと直結されたメモリにアクセスすることが出来るという。
 
XeonとFPGA(Field-programmable gate array)として知られるProgrammableなチップを組み合わせることにより、FPGAとXeon processorが互いにリンクし、メモリの共有アクセスを可能とする。このコヒーレンシはProcessorの高速化とボトルネックの解消に必須もののである。

FPGAを開発しているメーカーとしてはXilinx, Altera, Lattice Semiconducorがあるが、Bryant氏はどこのメーカーとともにFPGAを開発するかは、あるいはIntel自身がFPGAを設計するのかは明らかにしなかった。しかし、テストを行い、チップを顧客に提供するのはIntelになるようだ。

XeonにFPGAを組み合わせたものをIntelが計画しているようです。この内容を読む限りでは単純な拡張カード的なものではなさそうで、XeonにFPGAが統合されたものになりそうです(1ダイになるのかMCMになるかまではわからないが)。
Intel HEDT Haswell-E ‘Core i7-5820K’ to be 20% More Expensive, Core i7-5930K and Core i7-5960X Will Remain the Same(WCCF Tech)
Intel X99 motherboards ready, Haswell-E processors might Price Revealed(VR-Zone Chinese / 繁体中文)

“Haswell-E”は8-coreのCore i7 5960Xと6-coreのCore i7 5930K, i7 5820Kがラインナップされ、命名とそれぞれのモデルが担う価格帯は現行の“IvyBridge-E”と大きく変わらない。

ただし、最下位のCore i7 5820Kについては若干の調整が入り、現行のCore i7 4820Kよりも20%程高くなるようである。
NeweggではCore i7 4820Kは$325で販売されているが、Core i7 5820Kはこれが$390前後になるのではないかと推測される。上位のCore i7 5930Kとi7 5960Xについては現行価格からの大きな変更はない見込みである。
[Core i7 5820Kはi7 4820Kよりも20%程高い価格になる・・・らしい]の続きを読む
Intel to refresh Core i3 and Pentium lines in Q3 2014(CPU World)

先月、Intelは“Haswell Refresh”のデスクトップ向けを25種類ローンチし、上から下までほぼ全てのラインナップを置き換えた。いずれも前モデルと比較すると若干周波数が向上したものとなっている。Intelのロードマップによると、今後Core i5やCore i7は2015年第2四半期の“Broadwell-K”と“Skylake-S”のタイミングまで更新されることはない。一方、エントリーレベルからミドルレンジのCeleron, Pentium Core i3については2015年下半期まで現行の“Haswell Refresh”が続投するものの、この間に少なくとも1回はラインナップの更新が行われるようである。そしてPentiumとCore i3は2014年第3四半期にラインナップ更新が行われ、Pentium G3250, G3250T, G3450T, G3460, Core i3 4160, i3 4160T, i3 4360T, i3 4370が登場する。Celeronについては2014年第3四半期のタイミングではラインナップ更新は行われない。

以下にスペックをまとめます。
[2014年第3四半期にCore i3とPentiumのラインナップが更新される模様]の続きを読む
NVIDIA Announces GeForce GT 730(techPowerUp!)
Nvidia and partners launch GeForce GT 73(Guru3D)
NVidia Introduces GeForce GT 730(CPU World)
NVIDIA introduces GeForce GT 730(VideoCardz)

NVIDIAは6月18日、エントリー向けのグラフィックカードとなるGeForce GT 730を発表した。GeForce GT 730は3種類の派生品があり、128-bitインターフェースでDDR3メモリを搭載するもの、64-bitインターフェースでDDR3メモリを搭載するもの、64-bitインターフェースでGDDR5メモリを搭載するものがある。搭載カードの多くはロープロファイル仕様となる見込みで、冷却機構は1スロット仕様のファン付きとなる。

スペックを以下にまとめます。
[NVIDIA GeForce GT 730を正式発表]の続きを読む
New details on Nvidia’s Maxwell-based GTX 870 and GTX 880 leak(VR-Zone)
NVIDIA GeForce GTX 880 and GTX 870 to Launch This Q4(techPowerUp!)
NVIDIA GeForce GTX 880 and GTX 870 to Launch Q4 2014(Guru3D)
NVIDIA GeForce GTX 880 and GTX 870 coming this fall(VideoCardz)
Geforce GTX 880 and GTX 870 with Maxwell arrives in autumn(SweClockers.com / スウェーデン語)

NVIDIAの次世代ハイエンドSingle-GPUカードとなるGeForce GTX 880, GTX 870のローンチは早くとも2014年第4四半期―おそらくは10月または11月となるようだ。GeForce GTX 880, GTX 870はGM204と呼ばれるシリコンが用いられ、以前の情報でも示唆されていたとおり現行の28nmプロセスを用いたものとなる。
[GeForce GTX 880, GTX 870は第4四半期にローンチされる模様]の続きを読む
PCIe 4.0 should see throughput increased to 64GB/sec from 32GB/sec(TweakTown)

現行のPCI-Express 3.0が32GB/secであるのに対し、PCI-Express 4.0は64GB/secとなる。
今回の話題はPCI-Expressの次世代規格―PCI-Express 4.0についての話題である。
[PCI-Express 4.0のスループットはPCI-Express 3.0の2倍となる]の続きを読む
New AMD A4 PRO series processors surfaced(CPU World)

今月初めにAMDはデスクトップ向けとノートPC向けの中でもビジネス向けとされるA Pro series APUを発表した。これらA Pro series APUは以前はBusiness class processorと呼ばれてきたもので、一般向けよりも長いサポート期間を有し、OEMシステム向けのみに出荷される。
AMDはA Pro series APUとしてデスクトップ向け4種類、ノートPC向け3種類、合計7種類のSKUを発表した。
このうちデスクトップ向けとして投入されたのはA10 Pro-7850B, A10 Pro-7800B, A8 Pro-7800B, A6 Pro-7600Bで、それぞれA10-7850K, A10-7800, A8-7600, A6-7400Kとほぼ同等のスペックを有する。そしてAMDはさらに追加のSKUとしてA4 seriesのビジネスクラスAPUを2種類投入する計画だという。A4 Pro seriesとして投入されるのはA4 Pro-7300BとA4 Pro-7350Bとなる見込みで、HP EliteDesk 705 G1の資料にその名が記載されていた。
[A4 Pro-7350BとA4 Pro-7300B]の続きを読む
Intel Braswell (Atom) released in Q1 2015(Guru3D)

Intelの次のAtom SoCは“Braaswell”というコードネームであるが、この“Braswell”は2015年1月に発表される。“Braswell”は14nmプロセスで製造され、2-coreと4-coreのモデルが用意されると見込まれる。iGPUは第8世代のグラフィックコアを使用し、DirectX 11に対応、また最大3機のディスプレイデバイスに対応できる。

“Braswell”は64-bit命令セットに対応している。そして現行の低消費電力Processorである“BayTrail”の後継となり、Chromebooksのような低価格ノートPCやスモールフォームファクタ、NAS、サーバー、デスクトップなどに展開される。

“Braswell”は2015年第1四半期にリリースし、対応OSはWindows 8.1, Windows 7, Android, Chrome OS, Linuxになると思われる。

Guru3Dには2枚のスライドが掲載されています。1枚目は5th Generation Cor Processorsと題されたもので“Broadwell”について記載されています。“Broadwell”は14nmプロセスで製造され、ファンレスの2-in-1からエンスージアストクラスのデスクトップまで展開されるとあります。
そして2枚目が“Braswell”を示したものでエントリーシステム向けの14nmプロセスアーキテクチャとされ、Android, Chrome, Linux, WindowsのアイコンがCPUの下に描かれています。

今回の情報では“Braswell”が次の世代のAtomで14nmプロセスで製造されること(前の情報と合わせると“Airmont”や“CherryTrail”と呼ばれていたものと同世代であろうと思われる)、2-coreと4-coreがあること、iGPUは第8世代で3機までのディスプレイに対応することを抑えておけば良いでしょうか。
Nvidia Geforce GTX 880 Series To Be Cheaper ?(Guru3D)
Nvidia Geforce GTX 880 and 800 Series to be More Powerful But Cheaper than the 700 Series(WCCF Tech)
High End Flagship Core Maxwell GM200 on the 20nm Node Spotted in Shipping Data(WCCF Tech)

NVIDIAのGeForce GTX 880 seires及びGeForce 800 seriesの情報がExpreview.comに掲載されており、GeForce GTX 880 TiとGTX 880が今年末にGeForce GTX 780 seriesの置き換えとして登場するようである。

GeForce GTX 880 seriesは“Maxwell”アーキテクチャのカードで、数段高い性能を実現するという。しかしその一方で価格はGeForce GTX 780 seriesと比較するとかなり抑えられるという。

また20nmプロセスの“Maxwell”は2014年末になるみこみで、GeForce GTX 880 seriesは20nmプロセスの製品群の中ではミドルレンジに位置するものであるという。

GM2xxについては20nmという情報と28nmだという情報が混在していますが、今回の情報では20nmであるとしています。

もしこの情報通りであれば、GeForce GTX 680がGK104を使っていたように、GeForce GTX 880はGM204を使用することになるのでしょうか。
Some details of Intel Broadwell-DE processors(CPU World)

Intelのマイクロサーバー向け及び組み込み向けの低消費電力製品は現在Atom C2000 seriesと“Haswell”をベースとしたXeon E3で構成されている。これらは2014年かあるいはそれ以降に“Denverton”、“Broadwell”、“Broadwell SoC”に引き継がれる。

このうち“Broadwell”のSoCは“Grangeville”プラットフォームを構成しストレージ・通信機器そしてマイクロサーバー向けとなる。SoCのコードネームは“Broadwell-DE”となっており、“Broadwell”CPUコアとメモリコントローラに加え、I/OブロックとPlatform Controller Hub (PCH) を統合する。現時点ではコア数に関する正確な情報はないが、CPU Worldで見たSoCのブロックダイアグラムを見る限りではどうやら8-coreがあるようである。それぞれのコアは1.5MBのL3キャッシュを有しており、8-coreであれば12MBのL3キャッシュを有することになる。“Broadwell-DE”のCPUコアは“Broadwell”が有する機能の大部分をサポートしており、Hyper-Threading technologyやTurboBoost、VT-x/VT-d、Trusted Execution等に対応する。またストレージ・通信機器向けの“Broadwell-DE”は加えてQuickData technology 3.3をサポートする。またAESやAVX2命令も有効化される。“Broadwell-DE”の新機能としてはProcessorr TraseやSupervisor mode accsess preventionそしてADC命令の拡張がある。
[マイクロサーバー向けの“Broadwell-DE”の詳細]の続きを読む
Intel Atom Z3736F and Z3736G processors spotted(CPU World)

Intelは今年初めに“BayTrail-T”SoCの新ラインナップを拡張し、$100以下の低価格タブレットから$200以上のプレミアムタブレットまで全てのタブレット市場に対応できるようにした。この時ローンチされた新製品のうちAtom Z3735FとZ3735Gはローエンド向けで、公式価格は$17となる。そして対応OSはAndroidのみで、搭載タブレットのMRSPは$129以下となる。

最新のProdcut Change Notifictaionを見ると近い将来、“BayTrail-T”に新たなエントリー向け製品が加わる見込みで、Atom Z3736FとZ3736Gの2モデルの名が記載されていた。
[Atom Z3736FとZ3736G]の続きを読む