北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Seagate buys SandForce from LSI in $450 million deal(The Tech Report)
Seagate sets its eyes on SSDs with $450 million deal for SandForce(VR-Zone)
Seagate plans SSD push with LSI acquisition(bit-tech.net)

Seagateは5月29日LSIのFlash Compornents DivisionとAccelerated Solutions Divisionの買収について合意に至ったと発表した。LSIのフラッシュグループにはSSDで広く使用されているコントローラであるSandForceが含まれており、エンタープライズ向けのPCI-Express SSDにも採用されている。

昨年、半導体ファームであるAvago Technologyが66億ドルでLSIを買収した。しかしAvagoは明らかにSSD事業に興味がなかったと見え、Seagateは今回の2部門をわずか4億5000万ドルで買収している。取引は2014年第3四半期に完了すると見込まれている。
[Seagate LSIからSandForceを4億5000万ドルで買収]の続きを読む
[CPU] domineering E5-2699V3! 18-core Xeon E5 seems to be ahead of the(Chiphell / 繁体中文)
Supermicro X10DRFF(Xeon E5-2683 v3)(Geekbench Browser)
2x Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W v3 @ 3.10GHz (10C 20T 3.09GHz, 10x 256kB L2, 25MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)
2x Genuine Intel(R) CPU @ 2.70GHz (14C 28T 2.7GHz, 14x 256kB L2, 35MB L3) (Xeon E5-2697 v3?)(SiSoftware Official Live Ranker)
2x Genuine Intel(R) CPU @ 2.30GHz (14C 28T 2.3GHz, 14x 256kB L2, 35MB L3) (Xeon E5-2695 v3?)(SiSoftware Official Live Ranker)

SiSoftware Official Live RankerとGeekbench Browserに“Haswell-EP”ことXeon E5-2600 v3のものと思われるCPUが登録されています。
分かる範囲でスペックをまとめると以下の様になります。

◇Xeon E5-2600 v3(Haswell-EP / 22nm / 4ch DDR4-2133 / LGA2011-3)
  E5-2699 v3 18-core/36-thread 2.30GHz L2=256kB x18/L3=45MB TDP145W?
  E5-2687W v3 10-core/20-thread 3.10GHz L2=256kB x10/L3=25MB TDP160W?
  E5-2683 v3 14-core/28-thread 2.00GHz L2=256kB x14/L3=35MB
  E5-2697 v3? 14-core/28-thread 2.70GHz L2=256kB x14/L3=35MB TDP145W?
  E5-2695 v3? 14-core/28-thread 2.30GHz L2=256kB x14/L3=35MB TDP120W?
  E5-26xx v3 14-core/28-thread 2.20GHz L2=256kB x14/L3=35MB
[次世代Xeon―“Haswell-EP”がベンチマークサイトに出現―最上位は18-core?]の続きを読む
GeForce GTX TITAN Z 究極のゲーミング・グラフィックスカード(NVIDIA)
最安でも税込36万円の「GeForce GTX TITAN Z」が発売、12GBメモリ搭載(AKIBA PC Hotline!)
価格は約40万円~約45万円! 「GeForce GTX TITAN Z」が降臨(ASCII.jp)

3月のGTC 2014でお披露目されたGK110のDual-GPUカードであるGeForce GTX Titan Zの販売が開始された。5月29日時点で発売されたのはGigabyte, ZOTAC, MSI, Palitの製品で、価格は36万円から45万円となる。

スペックは以下の通りです。
[GeForce GTX Titan Zが発売される]の続きを読む
NVIDIA Announces the GeForce GT 740(techPowerUp!)
Nvidia and partners launch GeForce GT 740 Series(Guru3D)
Nvidia aims for the sub-$100 market with the GeForce GT 740(VR-Zone)
NVIDIA GeForce GT 740 features GK107-425 GPU(VideoCardz)
GeForce GT 740 グラフィックスカード(NVIDIA)

NVIDIAは5月29日、GeForce 700 seriesのエントリー向けグラフィックカード製品となるGeForce GT 740を発表した。

GeForc GT 740はGeForce GT 640をリネームしたものと見なすことも出来るもので、“Kepler”世代のGK107コアを使用する。CUDA core数は384、TMU数は32、ROPは16である。メモリはGDDR5を1GB搭載するが、2GBのオプションもある。メモリインターフェースは128-bitである。TDPは64Wで、PCI-Expressスロットからの給電のみで駆動できるが、2GB版のオーバークロック仕様のカードは6-pin×1のPCI-Express電源コネクタを搭載する。NVIDIAはこのGeForce GT 740により$100未満の価格帯を攻めたいという考えである。

スペックを以下にまとめます。
[NVIDIA GeForce GT 740を発表]の続きを読む
Intel Broadwell GPUs to use HD 5x00, Iris 6100 and Iris Pro 6200 branding(CPU World)

“Broadwell”は用途・分野に応じてH series, U series, Y seriesが用意される。そしてこれに応じて内蔵されるGPUも異なるものが使われる。今回明らかになったのは“Broadwell”のGPUについての基本的な情報で、どのようなブランドが使われるかまでは語ることが出来るが、それぞれのGPUがどれほどの周波数になるかまでは分からない。

Mobile向けで最も高性能なチップであるH seriesはTDPが47Wかそれ以上となる。TDPが高い分、周波数を高められると同時に、GPUそのものも高性能なものを搭載できる。既に報じられているとおりH seriesではGT2またはGT3eと呼ばれるGPUが搭載される。そしてブランドはGT2がHD Graphics 5600、GT3eがIris Pro Graphics 6200となる。
[“Broadwell”のiGPUはIris Pro 6200, Iris 6100, HD 5x00となる]の続きを読む
(初出:2014年5月27日23時19分)
(追記:2014年5月28日22時27分)

Intel Core i7 "Haswell-E" Processor Lineup Detailed(techPowerUp!)
http://www.guru3d.com/news_story/intel_core_i7_5960xcore_i7_5930k_and_core_i7_5820k_haswell_e_cpus_specs_out.html(Guru3D)
Core i7-5960X, 5930K, 5820K detailed specifications exposure(Coolaler.com / 繁体中文)

Intelの次世代ハイエンドデスクトップCPU―“Haswell-E”のラインナップが明らかになった。“Haswell-E”は今年後半に予定されており、X99チップセットと組み合わされる。
現在のハイエンド向けCPUである“IvyBridge-E”はCore i7 4960X, i7 4930K, i7 4820Kの3種類が用意されているが、“Haswell-E”もこれらの後を継ぐように3種類―Core i7 5960X, i7 5930K, i7 5820Kが用意される。


“Haswell-E”は新たなLGA socketを採用する。このSocketはpin数こそ2011で現行とおなじ数であるが、現行のLGA2011との互換性はない。また“Haswell-E”はクライアント向けプラットフォームとしては初めてDDR4 SDRAMに対応するものとなり、“Haswell-E”はDDR4-2133に対応する。
[“Haswell-E”―Core i7 5900/5800のスペックが明らかに【5/28 追記】]の続きを読む
AMD "Kaveri" desktop APUs emerge in CPU support lists(CPU World)
A88XM-P33 CPU Support(MSI)

“Kaveri”が発表されて4ヶ月となるが、現在までに出回っているのはデスクトップ向けのA10-7850KとA10-7700Kの2種類のみである。これらはいずれも4-coreでTDP95W、倍率ロック解除仕様である。
これらとは別にAMDはA8-7600を明らかにしている。A8-7600はTDP65WでConfigurable TDPにより45Wに設定することも出来る。2014年第2四半期にはA8-7600を含むより電力効率に優れたモデルが登場すると言われている。そしてこの時期に登場すると噂されているのがA10-7800, A6-7400K, A4-7300の3種類である。これらはいずれもTDP65Wとなる。そしてこれら未発表の“Kaveri”の名がMSIとBIOSTARのCPU support listに掲載された。


掲載されたCPU support dataによるとA10-7800とA8-7600はよく似たスペックを有している。どちらも4-coreでL2キャッシュ容量は4MB、GPUとしてRadeon R7 seriesを搭載し、GPUの周波数は720MHzである。CPUの周波数はA10-7800が3.50GHzであるのに対し、A8-7600は3.10GHzである。ただし以前の情報ではA8-7600の周波数は3.30GHzとなっていた。もしかするとTDP65Wの時は3.30GHzで、TDP45W設定時は3.10GHzになるのかもしれない。
[未発表の“Kaveri”がマザーボードメーカーのCPU support listに姿を現す]の続きを読む
AMD Eyefinity 3.0 to Introduce Mixed Resolution Support(techPowerUp!)
AMD Catalyst 14.6 Beta Driver Now Available, Adds Mixed Resolution Eyefinity(PC Perspective)
AMD Catalyst 14.6 Beta Drivers Released, Adds New Eyefinity Functionality & More(AnandTech)
AMD Catalyst 14.6 Beta Download(Guru3D)
AMD Catalyst 14.6 brings Eyefinity with mixed resolutions support(VideoCardz)

AMDは5月26日、Catalyst 14.6 BetaをWindows, Linux向けにリリースした。このドライバでは性能の向上に加え、異なる解像度のディスプレイを複数用いたEyefinityのサポートが加えられた。

異なる解像度でEyefinityを構成すると3つのモードが選択できるようになります。1つめの“Fill”はそれぞれのモニタが有する固有の解像度で表示します。これは今までとそれほど変わりません。2つめの“Fit”では縦方向の解像度を複数のディスプレイ間で統一し、最適な表示とします。図では、縦方向の解像度は最も小さいディスプレイに合わせられ、これよりも縦が大きいディスプレイでは上部が非表示となっています。3つめの“Expand”では縦方向の解像度が最も大きいディスプレイに合わせて表示します。そのため、小さいディスプレイで表示される領域には“Unavailable area”と呼ばれる画面が欠ける領域が出てきます。
PowerColor Devil 13 Dual Core R9 290X Coming at Computex 2014(techPowerUp!)
TUL to launch Devil 13 Dual Core R9 290X at Computex 2014(Guru3D)
PowerColor to unveil the Devil 13 Dual Core R9 290X at Computex(VR-Zone)
PowerColor announces Devil 13 Dual Core R9 290X(VideoCardz)
THE LATEST DEVIL 13 IS GOING TO EMERGE AT COMPUTEX 2014(PowerColor)

TUL CorporationはComputex 2014で最も強力・高速なRadeon R9 290Xカード―“PowerColor Devil 13 Dual Core R9 290X”を明らかにする。この“Devil 13 Dual Core R9 290X”ではダブルブレードを採用した独自設計のファンやTurboTimerなどのPowerColorならではの機能が盛り込まれる。
[“PowerColor Devil 13 Dual Core R9 290X”がComputexでお披露目予定]の続きを読む
Galaxy and Gainward GeForce GT 740 pictured, arriving next week(VideoCardz)
Nvidia Releases the Geforce GT 740 – First Physical Exposure Confirms Entry Level GPU(WCCF Tech)

Expreview.comによるとNVIDIAはGeForce 700 seriesにエントリー向けグラフィックカードの新製品を追加するようだ。そしてそのエントリー向けGPU―GeForce GT 740を搭載したGalaxyとGainwardのカードの写真も掲載された。これらは128-bitメモリインターフェースを有し、1GBのGDDR5メモリを搭載する。

GeForce GT 740であるが、“Kepler”世代のGK107を使用する。また6月にはGeForce GT 730のリリースも予定されている。GeForce GT 740とGT730はそれぞれGeForce GT 640とGT 630のリネームと見なすこともできるだろう。
 
写真が掲載されたGeForce GT 740搭載カードのうち、Galaxyの製品には6-pin×1のPCI-Express電源コネクタが搭載されている。GeForce GT 740はGTX 750よりも消費電力が低いはずで、このPCI-Express電源コネクタの存在は奇妙であるが、ひょっとするとカスタム仕様のサンプルで、通常よりもより電力をGPUに供給する必要があるのかもしれない。ディスプレイ出力はGalaxyのカードはDVI×2, HDMI, DisplayPortを備えるが、GainwardのカードはVGAとHDMI, DVIのみとなる。

カードは2スロット仕様で、カード長は比較的短いものとなります。SLIコネクタは見られません。
Intel Skylake desktop CPUs to launch in Q2 2015(CPU World)
Intel Rumored To Launch Skylake and Broadwell Desktop Processors In Q2 2015(WCCF Tech)

ここ数年続いているIntelの“Tick-Tock”は、“Tick”の時に新しい製造プロセスに移行し、“Tock”の際に既存プロセスで新アーキテクチャを導入するというものである。昨年の“Haswell”は“Tock”の世代で22nmプロセスは前世代そのままで、新たな機能を多数盛り込んだものである。例えばIntegrated Voltage RegulatorやIdle時の消費電力削減、AVX命令などが“Haswell”世代の代表的な新機能となる。そして今年にIntelは“Tick”世代のコアとして“Broadwell”をリリースする。“Broadwell”は14nmプロセスで製造され、低消費電力に最適化したものとなる。最初の“Broadwell”は2014年末に登場するが、来年にはIntelは14nmプロセスで“Tock”世代の“Skylake”を投入することになる。
[デスクトップ向け“Skylake”が2015年第2四半期に登場する?]の続きを読む
AMD to release Pro A-Series mobile APUs(CPU World)
AMD Mobility Kaveri APU Lineup Specifications Confirmed – Possibly Launching on 4th June At Computex(WCCF Tech)
AMD A-Series APU Processors(AMD)

AMDは“Kaveri”APUを中心に構成されるMobile向けの新プラットフォームの準備を進めている。Mobile向け“Kaveri”は2-coreまたは4-coreで、TDPは17~35Wとなる。

先日リークしたスライドによるとAMDは5種類のA series APUと2種類のFX series APUをMobile向け“Kaveri”として投入するとなっていた。そして今回、AMDが公式WebサイトにMobile向け“Kaveri”のスペックを掲載した。そのスペックは先にリークしたものと合致するものであったが、リークしたものとは別に3種類のA Pro series APU―A6 Pro-7050B, A8 Pro-7150B, A10 Pro-7350Bがあることが明らかになった。
[Mobile向け“Kaveri”のラインナップとスペックの全貌―ローンチは6月4日?]の続きを読む
Intel Devil’s Canyon Delayed To Late September 2014(Guru3D)
Devil’s Canyon launch rumoured for Computex(Fudzilla)
Pre-order prices of G3258, i5-4690K and i7-4790K unlocked CPUs(CPU World)
Intel Devil’s Canyon and Anniversary Pentium Processor Pricing Appears Online(Legit Reviews)
Multiplier-Unlocked Pentium G3258, Core i7-4790K and Core i5-4690K Listed(techPowerUp!)
Intel Devil's Canyon, Anniversary Pentium appear in listings(HEXUS)

倍率ロック解除仕様の“Devil's Canyon”(Core i7 4790Kとi5 4690K)は6月2日からのComputex 2014の週に発表されると言われているが、新しく入ってきた情報によるとこの6月の発表はいわゆるペーパーローンチとなるようだ。

“Devil's Canyon”は実際にリテール市場に出回るのは2014年9月になる模様である。
[“Devil's Canyon”の発売は9月下旬になる?]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX TITAN Z to be finally released next week(ViodeoCardz)
NVIDIA GeForce GTX Titan Z Gets Potential New Release Date – Nvidia CEO Also Defends $3000 Price Tag(WCCF Tech)
Nvidia GeForce Titanium Z gets new date(ComputerBase.de / ドイツ語)
「今度は発売されそうです」(5/24) ・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)

NVIDIAの最も強力なグラフィックカードとなるGeForce GTX Titan Zは5月28日にリリースされるようだ。複数の情報が、GeForce GTX Titan Zが5月28日水曜日にリリースされると述べているが、やや奇妙な点があり、それはNVIDIAの新製品ローンチ日が水曜というのは典型的ではないからである。実際、NVIDIAがこれまで水曜日に新グラフィックカードを発表したというのは記憶にない。通常NVIDIAが新製品をローンチするのは火曜日か木曜日が多いので、GeForce GTX Titan Zの発表日が実際には5月27日か5月29日ということはあり得るかもしれない。

VideoCardzは5月28日―つまり水曜日に新製品が発表されるのは典型的ではなく、実際には前後にずれるのではないかと述べていますが、hermitage akihabaraでも5月28日にGeForce GTX Titan Zが発売されると述べており、とりあえずはこの付近の時期に登場するという見方で良さそうです。
価格は$3000で変わらず、日本円では40万円ほどとなるようです。
また使用に当たってはNVIDIAが特別に用意する新ドライバの適用が推奨されるようです。
Marvell 88SS1083 PCIe SSD Controller Supports SATA Express(Guru3D)
Marvell Announces New PCIe SSD Controller Supporting SATA Express(techPowerUp!)
Marvell's dual-lane SATAe SSD controller coming in Q4(The Tech Report)
Marvell Solidifies Leadership in SSD Market with Introduction of PCIe SSD Controller Supporting SATA Express(Marvell)

Marvellは5月21日、PCI-Express 2.0 x2に対応する新型のPCI-Express SSDコントローラ―88SS1083をローンチした。転送率は最大1GB/sに達する。88SS1083により、SSDメーカーはPCI-Express対応SSDをSATA SSDと同等の価格帯で提供できるようになるという。また88SS1083は業界では初めてSATA Express規格に準拠したコントローラとなる。SATA ExpressではインターフェースにPCI-Expressがもたらされ、レイテンシの削減を実現し、またDual-laneでは1GB/sの転送速度を実現する。
[Marvell SATA Expressをサポートする88SS1083 PCIe SSDコントローラ]の続きを読む
Pentium Anniversary Edition G3258 to have unlocked multiplier(CPU World)

6月2日にIntelは“Haswell Refresh”の倍率ロック解除仕様のCPUをいくつか投入する。この時登場するのは“Devil's Canyon”とPentium Anniversary Editionである。

Pentium Anniversary EditionはPentiumブランドが誕生して20年を迎えたことを記念して投入される製品である。ただし、実はPentium Anniversary Editionは決してPentiumとして初めての倍率ロック解除仕様の製品ではない。かつて2009年にIntelはPentium Dual-Core E6500の倍率ロック解除仕様のPentium Dual-Core E6500Kというものを登場させている。このPentium Dual-Core E6500Kは中国市場のみに投入されたが、今度登場するPentium Anniversary Editionは全市場で出回ることになる。Pentium Anniversary EditionはIntel 8 seriesまたは9 seriesでサポートされ、Quick Sync Video technologyが有効化される。
[Pentium Anniversary Edition G3258のスペック]の続きを読む
Preliminary launch dates of Broadwell CPUs(CPU World)
Before the end of 2014 definitely saw, 14nm Broadwell fastest processors shipped in 37 weeks(VR-Zone Chinease / 繁体中文)

VR-Zone Chineaseに“Broadwell”のスケジュールが掲載された。“Broadwell”は次の世代のIntelのCPUアーキテクチャで、主な改良点は大幅な消費電力の削減にある。“Broadwell”搭載製品の多くはY seriesまたはU seriesの低消費電力SoC製品として投入される。これらはCPUコアとGPUコアに加え、システムロジックを統合している。一方、高性能Mobile向けのH seriesとデスクトップ向けはより多くのコアと強力なGPUを搭載するが、別途チップセットを必要とする。

最初に登場する“Broadwell”はY seriesで、2つのCPUコアとGT2 graphicsを搭載した超低消費電力SKUである。Qualification Sampleは2014年第22~23週(5月26日~6月8日)に登場し、生産は第26~29週(6月23日~7月20日)に開始される。そして出荷準備は9月中に整うことになる。
[“Broadwell”のもう少し詳しいスケジュール―最初はY series 次がU series]の続きを読む
Crucial Readies Solid State Drive with 16 nm NAND Memory(techPowerUp!)
Exclusive: Crucial working on next-gen MX100-SSDs with 16nm Flash(Hardware-Info.nl)

CrucialがMX100と呼ばれる次世代SSDを開発しているようだ。
このMX100はMicronの16nmプロセスMLC NANDフラッシュを採用する。結果、非常に競争力のある価格設定が可能となり、Hardware-Infoで得た情報ではM500 seriesよりも安価になるとも述べている。


MX100は7月上旬にM500 seriesの後継として市場に投入される。しかしM550 seriesはCrucialのコンシューマ向けSSDの最速の製品としてとどまることになる。MX100の性能はM500 seriesとM550 seriesの中間となる。

規格は2.5インチとなり、インターフェースはSATA 6.0Gbpsとなるようです。MX100はComputex 2014で展示される見込みで、市場投入は7月上旬となる模様です。

MX100に使用されるMicronの16nm MLC NANDフラッシュは2013年7月に発表されたもので、世界最小の128Gbit MLC NANDフラッシュという触れ込みでした。その当時の予定では大量生産は2013年第4四半期、搭載SSDの出荷が2014年となっていたので、おおむね予定されていた通りの時期にMicronの16nm MLC NANDフラッシュ搭載SSDが登場することになりそうです。

(過去の関連エントリー)
Micron 16nmで128GbitのNANDフラッシュをアナウンス―製品は2014年(2013年7月18日)
AMD Might Be Developing Next Generation APU With x86 Cheetah and ARM Cores – Features GCN 2.0 Cores and HSA+ Support(WCCF Tech)

数週前、AMDは「二刀流」ロードマップを発表し、64-bit ARMコアであるK12とARMとx86コアにPin互換を持たせるProject SkyBridgeを発表した。この時示されたロードマップは主にサーバー向けであるが、同様のアーキテクチャはコンシューマにももたらされMobileやデスクトップ製品として姿を現すことになるとみられる。

GlobalFoundriesに近い確かな情報によると、“Excavator”の詳細は既に多くに知られているとおりで、一部で期待されているような特別なものではないという。“Steamroller”がそうであったように、“Excavator”はプロセス設計・性能向上どちらの面においても、「進化した」アーキテクチャであるものの、「革新的な」アーキテクチャではない。“Excavator”も28nmプロセスにとどまり、コアに小規模な変更が加えられたものとなる。そして“Excavator”は次の“Carrizo”APUで使用される。
[2016年に予定されている“K12” ARMコアと“Ceetah” x86コア]の続きを読む
AMD Mobile Kaveri APU Confirmed – 4 CPU Cores with a Steamroller – Excavator Hybrid Architecture(WCCF Tech)

先日、Mobile向け“Kaveri”と同じくMobile向けの単体GPUである“Crystal series”GPUのラインナップがリークした。そして今回、APU 14 ConferenceでMobile向け“Kaveri”についての説明があった。また同時に興味深い話を聞くことができた。そしてこの新たな“Kaveri”は実際には「革新的な」ハイブリッドアーキテクチャであるという。そしてそのハイブリッドアーキテクチャの組み合わせが“Steamroller”と“Excavator”であるという。
[APU 14 ConferenceでMobile向け“Kaveri”について明かされる]の続きを読む
AMD launches Bald Eagle R-Series APUs(bit-tech.net)
AMD Announces 2nd Generation Embedded R-Series APUs and CPUs(techPowerUp!)
AMD Launches 2nd Generation Embedded R-Series APUs and CPUs(Guru3D)
AMD launches second generation R-Series APUs and CPUs(HEXUS)
AMD、組み込み向け製品強化でパチンコ市場にも進出(Impress PC Watch)
AMD,Kaveriベースの組み込み向けプロセッサ第2世代モデル「Embedded R-Series」を発表。国内ではパチンコ・パチスロ市場を狙う(4Gamer.net)

AMDは5月20日、最新世代の組み込み向けAPUとなる“Bald Eagle”―R series APUを発表した。“Bald Eagle”はゲームマシン、医療イメージング機器、デジタルサイネージ、産業制御・自動化、コミュニケーション・ネットワーク設備などをターゲットとし、最先端の演算性能とグラフィック処理技術が求められる用途に適しているとしている。
[“Bald Eagle”―組み込み向けの第2世代R series APUが正式発表される]の続きを読む
Return of AMD FX processors within two years(Guru3D)
AMD FX Series Making a Comeback Within Two Years – APU 14 Conference Reveals Future Roadmaps(WCCF Tech)

FX seriesがこの2年以内に戻ってくる。
AMDは北京で開催されたAPU 14 Conference Beijingで明らかにした。
[FXは死なず―2年以内に新たなFX processorが登場する]の続きを読む
AMD’s first 20nm APU is Nolan(Fudzilla)

“Beema”の後継となるAPUは2015年に予定されており、“Nolan”と呼ばれている。“Nolan”はAMDとしては最初の20nmプロセスAPUとなる。“Nolan”では新たなコアをベースとし、製造プロセスも20nmとなるが、Socketは“Beema”と同じFT3 BGAとなる。“Nolan”ではConnected standbyが改良されると見込まれる。“Beema”は第1世代となるが、それでもタブレットや低価格市場では良い機能である。

28nmプロセスから20nmプロセスへの移行により、“Nolan”はより高い性能を得ながら低い消費電力を実現することになるだろう。結果としてバッテリ駆動時間も延長されることになる。

先月、新たな低消費電力APUとなる“Beema / Mullins”が発表されましたが、この次の世代となる“Nolan”の話が出てきています。“Nolan”は2015年に予定されており、製造プロセスは20nmプロセスとなるようです。

(過去の関連エントリー)
“Beema / Mullins”がローンチされる(2014年4月29日)
AMD said to acquire SATA Express IP from ASMedia for next-generation platform(DigiTimes)

AMDはASUSの子会社であるASMedia technologyと協力関係を結び、次世代プラットフォームにSATA Expressをはじめとする伝送インターフェースを取り込むようだ。この協力関係によりASMediaはライセンス料を取得する。そして協力関係は2015年より開始されるようだ。

AMDはASMediaとの協力関係により、Silicon intellectual property (SIP) またはライセンス許可を得る。マザーボードメーカーやシステムメーカーはAMDとASMediaの協力関係により、サードパーティ製のSATA Expressチップを載せる必要が無くなり、コストの削減が期待される。

AMDはプラットフォームの実装を強化し、APUとグラフィックカードの競争力を増す狙いがある。

なお、ASUSは既にIntel 9 seriesマザーボードでSATA Expressインターフェースを実装している。

次世代AMDプラットフォームでASMediaのSATA ExpressのIPが採用されるという話です。これを採用したプラットフォームが登場する時期は2015年かそれ以降ということしかわかりませんが、次の世代あたりでAMDプラットフォームにもSATA Expressがもたらされることは期待できそうです。
Exclusive: Intel CEO promises Broadwell PCs on shelves for holidays(Reuters)
Reuters: Intel CEO says Broadwell PCs for sale by holidays(PC Perspective)
Intel's 14 nm "Broadwell" Could Launch by Late-2014(techPowerUp!)
Intel Broadwell will be available in retail before Christmas(Guru3D)
Intel Broadwell To Be Available By This Year’s Holiday Season – But Will Miss Back To School Sales Bump(WCCF Tech)

IntelのPC向け次世代Processorである“Broadwell”は今年のholiday season(2014年11月末~12月末)にローンチされる。しかし、今度の入学シーズン(2014年8~9月)には間に合わない見込みだ。
[“Broadwell”は2014年末―クリスマス前にローンチされる]の続きを読む
AMD Tonga GPU To be a Direct Successor to the R9 280 and R9 280X – Launching in Q3 2014(WCCF Tech)
AMD Radeon Tonga replaces R9 280 and 280X(SweClockers.com / スウェーデン語)

SweClockers.comによるとAMDの“Tonga”はRadeon R9 280X / R9 280の後継になるという。先日のVideoCardzの情報ではミドルレンジ向けであると言われていたが、今回の情報を聞く限りでは“Tonga”はむしろハイエンド寄りのGPUになる模様である。

“Tonga”は“Tahiti”を置き換えるものとなる。つまり、その性能は現在投入されている“Maxwell”―GeForce GTX 750 Ti / GTX 750よりも高いものとなる。同じ情報筋が“Tonga”は“Hawaii”をスケールダウンし、256-bitメモリインターフェースとしたものであると述べている。メモリインターフェースは256-bitに狭まるが、代わりに7GHz駆動の高速なGDDR5を用いることにより、メモリインターフェースの狭さを補う模様である。そしてローンチ予定時期であるが2014年第3四半期―おそらくは8~9月になる模様である。
[“Tonga”は“Tahiti”の後継となる?]の続きを読む
Exclusive: AMD working on Tonga GPU(VideoCardz)
AMD Possibly Preparing Tonga GPU Architecture To Rival NVIDIA’s Power Efficient Maxwell(WCCF Tech)

今回VideoCardzではAMDの新GPUに関する独自情報を入手した。以前の情報ではAMDがフラッグシップGPUを開発していると述べたが、今回のものは良いニュースであるという点では同じであるものの、ハイエンドグラフィックカードのニュースではない。

新たに情報が入った新GPU―“Tonga”であるが、実は1年前からこの名前は出てきている。かつてはBeta版のCatalyst driverに“Hawaii”や“Vesucius”とともに“Tonga”の名があった。“Hawaii”と“Vesucius”に関しては既に実物が姿を現したが、“Tonga”はまだ姿を現していない。

その“Tonga”であるがメインストリーム向けのGPUである。そしておそらくはGlobalFoundriesで製造され、またアーキテクチャにいくつかの変更が加わる。ただし、20nmプロセスやHigh-Bandwidth-memoryはもたらされないだろう。
[AMDが“Tonga”なるGPUを開発している模様]の続きを読む
First review of Nvidia’s GeForce GTX Titan Z reveals it’s matched by AMD’s Radeon R9 295X2(VR-Zone)
NVIDIA GeForce GTX Titan Z Review Leaks Prior To Launch – Lacks Severely Behind The Radeon R9 295X2
(WCCF Tech)
$2,999 Price of GeForce GTX TITAN-Z Not Justifiable: Review(techPowerUp!)
GeForce Titan Z review leaks, card coming in Q2(The Tech Report)
First NVIDIA GeForce GTX TITAN Z review leaks out(VideoCardz)

GeForce GTX Titzn Zは未だに沈黙を保っている。NVIDIAはこのGeForce GTX Titan Zをどうするか―つまり再設計するのかあるいはキャンセルするのかまだ公式には発表しておらず、遅延地獄にはまっているようにも見える。今回、香港のメディアがNVIDIAが何故GeForce GTX Titan Zをリリースしないのかを明らかにした。それは単純にRadeon R9 295X2に対抗し切れていないためであるという。
[GeForce GTX Titan Zのベンチマークが掲載される]の続きを読む
AMD Cuts Radeon R9 280 to $249(AnandTech)

AMDがRadeon R9 280の値下げを行うようだ。
Radeon R9 280は“Tahiti”を搭載するRadeon R9 seriesの下位モデルで、Radeon HD 7950に近いスペックのカードである。Radeon R9 280は3月にローンチされたが、この時のMSRPは$279であった。この上位のRadeon R9 280XのMSRPは$299となっていた。


今回AMDはRadeon R9 280の値下げを行い、他のモデルとの性能・価格比の整合性をより良いものとすることになった。結果、Radeon R9 280は$30値下げされ、$279から$249となった。この価格はNVIDIAのGeForce GTX 760(MRSP $249)と真っ向から競合するものである。

以下にRadeon R9 290からRadeon R9 270の価格を示します。

  Radeon R9 290  $399
  Radeon R9 280X $299
  Radeon R9 280  $279→$249
  Radeon R9 270X $199
  Radeon R9 270  $179

この価格改定によりRadeon R9 280はRadeon R9 280XとR9 270Xのちょうど中間の価格に収まることになります。
Adaptive-Sync added to DisplayPort spec(The Tech Report)
G-Sync is Dead. VESA Adds Adaptive-Sync to DisplayPort Standard(techPowerUp!)
DisplayPort gets G-Sync like Adaptive-Sync tech(bit-tech.net)
VESA announces DisplayPort 1.2a with Adaptive-Sync technology(VideoCardz)
VESA,AMDの「FreeSync」を「Adaptive-Sync」として標準化。DisplayPort接続でカク付き・遅延・テアリングフリーの表示を実現(4Gamer.net)
VESA(R) Adds ‘Adaptive-Sync’ to Popular DisplayPort(TM) Video Standard(VESA)

Video Electronics Standards Association (VESA) は5月12日、DisplayPort 1.2aインターフェースへのAdaptive-Syncの追加を発表した。Adaptive-Syncはゲームにおいてテアリングを無くしてスムースな描画を実現し、また動画再生ではちらつきを抑制する。また静的なデスクトップコンテンツや低フレームレートの動画では消費電力を大幅に抑制する。
[VESA DisplayPort 1.2aにAdaptive-Syncを追加【真紅ぅ】]の続きを読む