北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Here's how the new Windows Blue Start Button may work(ZDNet)
Coming in Blue: Boot to Desktop, Start Button, and More!(Paul Thurott's Supupersite for Windows)
How the new Windows Blue Start Button may work(Guru3D)
Windows 8.1 Returns Start Button, New Screenshots Reveal.(X-bit labs)
Windows 8.1 can Boot to Desktop and has a Start Button(PC Perspective)
Features of Windows 8.1 Blue revealed!(VR-Zone)

Windows BlueことWindows 8.1ではスタートボタンが復活するという噂が流れていた。
そして今回ZDNetではそのスタートボタンに関するより詳しい情報を入手するとともに、ブート時にデスクトップを起動するオプションについても、最新のWindows 8.1のBuildである“Milestone Preview”より知ることが出来た。
[Windows 8.1でスタートボタンが帰ってきた―そのSSが明らかに]の続きを読む
NVIDIA Announces GeForce GTX 770 Performance Graphics Card(techPowerUp!)
GeForce GTX 770 serves up GK104 in Titan-style package for $399(The Tech Report)
NVIDIA、7GHzのGDDR5を搭載する「GeForce GTX 770」(Impress PC Watch)
GeForce GTX 770(NVIDIA)

NVIDIAは5月30日、GeForce GTX 770を正式発表した。GeForce GTX TitanやGeForce GTX 780十は異なり、GeForce GTX 770は28nmプロセスのGK104を使用しており、前世代のGeForce GTX 680とよく似た製品とも言えるが、GTX 680と比較すると周波数が引き上げられた他、GPU Boost 2.0への対応や強力なVRMの搭載による高周波数での安定性の確保が成されている。コア周波数は定格1046MHz / Boost 1085MHzとなり、メモリ周波数は7010MHzとなる。メモリ容量は2GBであるが、4GBの派生品もまもなくローンチされる見込みである。
[GeForce GTX 770が正式発表される]の続きを読む
PowerColor Reveals the HD 7750 Eyefinity 4 LP Edition Graphics Card(techPowerUp!)
SMALL CARD WITH WILD VIEW, POWERCOLOR HD7750 EYEFINITY 4 LP EDITION(PowerColor)
PowerColor HD7750 2GB GDDR5 Eyefinity 4 LP Edition (UEFI)(PowerColor)

PowerColorは5月29日、ロープロファイル仕様ながら4画面出力に対応するRadeon HD 7750搭載カード―“HD 7750 Eyefinity 4 LP Edition”を発表した。この“HD 7750 Eyefinity 4 LP Edition”はスリムタイプのケースを使いながらも“Eyefinity”への対応は欲しいというユーザーの要求を満たすものである。“HD 7750 Eyefinity 4 LP Edition”は4基のmini DisplayPortを搭載しており、これらがそれぞれ異なるディスプレイへ出力できる。

さらに“HD 7750 Eyefinity 4 LP Edition”はロープロファイルながらも2GBのGDDR5を搭載し、Multi-display時の性能を確保している。周波数はコア800MHz、メモリ1125MHz(4500MHz)である。

メモリインターフェースは128-bitとなり、メモリ容量とディスプレイ出力の構成以外はリファレンス通りのスペックとなります。

AMD Launches the AMD Opteron X-Series Family of Microserver Processors(techPowerUp!)
AMD targets Atom microservers with Opteron X-Series(bit-tech.net)
AMD、初のSoC型/GPU内蔵サーバー向けプロセッサ「Opteron X2150」(Impress PC Watch)
AMD Launches the AMD Opteron X-Series Family: the Industry’s Highest Performance Small Core x86 Server Processors(AMD)

AMDは6月29日、低消費電力サーバー向けProcessor製品の新ファミリーとしてOpteron X seriesを発表した。Opteron X seriesは“Kyoto”のコードネームで呼ばれていたもので、高密度で最も電力効率の高いSmall coreなx86 processorとして開発された。今回発表されたOpteron X1150, X2150はIntel Atom processorに対し、主要なベンチマークで優れた性能を実現しており、Single-thread性能とスループットのどちらにおおいてもより高い電力効率を実現している。Opteron X seriesはAtomと比較して2倍のコアとL2キャッシュを搭載、より優れたパイプラインアーキテクチャを採用し、そしてメモリは4倍の容量となる32GBのDRAMをサポートする。

スペックは以下の通りとなります。
[AMD “Kyoto”ことOpteron X-seriesを正式発表する]の続きを読む
GeForce GTX 770 Specs leak as well as pricing(Guru3D)
GeForce GTX 770 Specifications Leaked, Could Surprise with Pricing(techPowerUp!)
「GTX 680の処分価格と変わりませんね」(5/28) ・・・複数ショップ店員談(hermitage akihabara)

明日5月30日にGeForce GTX 770のレビューが解禁される。それを前にGeForce GTX 770のスペックと価格がリークした。hermitage akihabaraの価格はGeForce GTX 680とよく似たものとなるが、コア周波数とメモリ周波数は高められる。具体的にはコア周波数が定格:1046MHz / Boost:1085MHzに、メモリ周波数が7010MHzになる。

冷却機構はGeForce GTX TitanやGTX 780と非常に良く似たものとなる。価格は40000~56000円となる。

スペックは以下の通り。
[GeForce GTX 770のスペックと価格]の続きを読む
AMD Steamroller FX 9650 - 4.5 Ghz / 4.8 Ghz Turbo Benchmarks!(AMDFX)

“Steamroller”は初代“Bulldozer”と比較して45%増しの、2代目“Piledriver”と比較して32%増しのの性能を達成する。

“Stemaroller”は“Piledriver”比で30%増しのOps/cycleを実現、つまり20%以上のIPC改善が果たされている。結果、IPCは“Nehalem”と“SandyBridge”の中間となり、“Haswell”比では25~30%程劣る程度となる。

掲載されているベンチマークのスコアは以下の通り。
[【怪情報】“Steamroller”のものだというベンチマークスコアとその性能の話]の続きを読む
AMD Radeon 8000 specs and GCN 2.0 release Q3 2013 (again)(Guru3D)
With caution: first AMD Radeon HD 8000 Key data(ComputerBase.de)

興味深いが古い噂話が再燃している。Chiphellが“Graphics Core Next 2.0”を採用するRadeon HD 8000 seriesのスペックを掲載した。そしてこれらRadeon HD 8000 seriesは2013年第3四半期に登場するという。

スペックを以下にまとめます。
[Radeon HD 8000系の噂再び―登場は2013年第3四半期なのか?]の続きを読む
Western Digital Launches WD Se Hard Drive Lineup for Datacenters and High-end NAS Units(AnandTech)

昨年ローンチされたWestnDigitalの興味深い製品の1つとしてクライアントストレージ部門から登場した“WD Red”がある。“WD Red”はローエンドからミドルレンジのNAS向けとして登場しているが、5ベイを超えるのNASユニットでの使用は考えられていない。そして今回WesternDigitalのデータストレージビジネス部門からハイエンドNAS向けの“WD Se”がローンチされた。
[WesternDigital ハイエンドNAS・データセンター向けの“WD Se”]の続きを読む
Intel to release N2805, N2810 and N2910 ULV processors(CPU World)
Processor price list(Intel)※

(※リンク先よりPDFファイルのprice listが閲覧できる)

Intelは5月26日、Processor Price Listを更新し、新たな超低電圧版Processor製品として3種類のN2000 series―Celeron M N2910, N2810, N2805を追加した。Celeron N2910, N2810, N2805はいずれも22nmプロセスで製造されるとあり、Price listでは“ULV Celeron M”の項目に入れられている。しかしながらProcessor Numberの付番はMobile向けのAtomに近いものである。そしてこの3種類のうちCeleron N2910は4-coreであるがHyperThreading technologyには対応しない。このことからこれらCeleron N2000 seriesは“Vallyview-M”をベースにしたものではないかと推測される。
[ULV Celeron Mファミリーに新たに加わったCeleron N2000 series]の続きを読む
Embedded Haswell CPUs to launch in Q2 2013(CPU World)

この2週間以内にIntelは“Haswell”をデスクトップ、Mobile、サーバー向けにローンチする。これらに加え、Intelは組み込み向けとして3種類のSKU―Xeon E3-1268L v3, Core i5 4570TE, Core i7 4700EQを投入する。これらはTDP35~47Wで、ECCメモリに対応し、さらに通常モデルよりも長いライフサポートを与えられる。CPU Worldではこれら組み込み向け“Haswell”は5月27日から6月7日の間に登場するだろうとお伝えしたが、今まではその詳細なスペックは分かっていなかった。
今回、この組み込み向け“Haswell”の詳細なスペックが明らかになったのでお伝えする。
[組み込み向けの“Haswell”が2013年第2四半期に予定されている]の続きを読む
GIGABYTE Also Unveils Z87X-UD4H and Z87X-UD5H Motherboards(techPowerUp!)
Gigabyte G1 Sniper 5 and Z87X-UD4H / Z87X-UD5H(Guru3D)

先日紹介したMini-ITXの“Z87N-WiFi”に続き、GigabyteはIntel Z87チップセットを搭載するATXマザーボード―“Z87X-UD4H”と“Z87X-UD5H”を展示した。これら2製品は今までのGigabyteマザーで見られた青色基調のデザインから完全に脱却し、ヒートシンクにも青の配色は見られない。“Z87X-UD4H”は黒色を基調に銀と赤をあしらっており、“Z87X-UD5H”は黒色基調に金と銀をあしらっている。
どちらもUltra Durable 5と呼ばれる作りを採用しており、オーバークロッカーにも満足できる作りとなっている。
[GigabyteのZ87マザーボード―“Z87X-UD4H”と“Z87X-UD5H”の詳細]の続きを読む
NVIDIA Announces the GeForce GTX 780 Graphics Card(techPowerUp!)
NVIDIA、GK110ベースで2,304SP搭載の「GeForce GTX 780」(Impress PC Watch)
GeForce GTX 780(NVIDIA)
(レビュー)
NVIDIA GeForce GTX 780 Review: The New High End(AnandTech)
Nvidia GeForce GTX 780 review: Titan Light(Hardware-Infos.us)
NVIDIA「GeForce 700」シリーズ第1弾「GTX 780」をベンチマーク(Impress PC Watch)
GeForce GTX 780(4Gamer.net)
「GeForce GTX 780」は新シリーズらしい力を示せるか?(ASCII.jp)

NVIDIAは5月23日、デスクトップ向けGeForce GTX 700 seriesの最初のモデルとなるGeForce GTX 780を発表した。GeForce GTX 780は外観はGeForce GTX Titanとよく似ており、使用するコアもGTX Titanと同じ28nmプロセスのGK110であるが、価格は約2/3となる。
[GeForce GTX 780が正式発表される【5/25 追記】]の続きを読む
AMD’s Jaguar Architecture: The CPU Powering Xbox One, PlayStation 4, Kabini & Temash(AnandTech)
AMD A-Series and E-Series Mobile APUs(Guru3D)
AMD 2013 Mobile Platforms - Temash, Kabini and Richland(PC Perspective)
Jaguar + GCN - The Compute Architecture for Temash and Kabini(PC Perspective)
AMD Temash, Kabini, Richland: new chance?(Hardware-Infos.us)
AMD ups ante with Temash and Kabini APUs(HEXUS)
AMD Amplifies the Mobile Experience(techPowerUp!)
AMD launches Temash, Richland and Kabini mobile APUs(bit-tech.net)
A 'Good Enough' x86: What 2013 Will Bring for AMD's Mobile Efforts(VR-Zone)
AMD、新設計の低価格APU Kabini/Temashを正式発表(Impress PC Watch)
AMDがアーキテクチャを一新した新APU「Kabini/Temash」を発表(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
AMD,SoCになった新世代APU「Temash」「Kabini」を正式発表。Jaguar+GCNとなったそのアーキテクチャを丸裸にする(4Gamer.net)

AMDは5月23日、2013 A-seriesおよびE-series Mobile Accelerated Processing Unit (APU) のラインナップを新たに3系統追加した。

3系統のうち1つめは“Temash”のコードネームで呼ばれていた2013 AMD Elite Mobility APUで、世界初の4-core x86 CPUを搭載したSoCとなる。製造プロセスは28nmである。“Temash”は13インチ以下のデバイスをターゲットとし、小型ノートPCやタブレット、Hybridデバイスなどに搭載される。
[“Kabini / Temash”が正式発表される【5/27 追記】]の続きを読む
MSI Unveils World's First AMD Richland A10 Powered Gaming Laptops(techPowerUp!)
MSI Readies First AMD Richland A10 APU Powered Gaming Laptops(Legit Reviews)
MSI launches AMD Richland powered gaming notebooks(HEXUS)

MSIは5月22日、ゲーミングノートPCの新製品としてGX70、およびモデルチェンジ版であるGX60を発表した。このGX70とGX60は“Richland”コアのA10-5750Mを搭載する世界初のゲーミングノートPCになる。

今回発表された製品はG Series gamingノートPCに属するもので、GX70は完全なる新製品、GX60はAMDの最新APUを搭載してモデルチェンジしたものとなる。今回採用されたAMDの新APU―“Richland”は前世代の“Trinity”と比較して40%程Visual performanceが向上し、CPU性能とバッテリ駆動時間も改善しているという。
[“Richland”なA10-5750Mを搭載するMSIのノートPC―GX70とGX60]の続きを読む
Gigabyte Shows Off Upcoming Intel Z87 Motherboards(Legit Reviews)
GIGABYTE Shows Off First Z87 Mini-ITX Motherboard(techPowerUp!)
GIGABYTE Shows Z87 Mini-ITX Motherboard (Guru3D)

Gigabyteは今までハイエンド向け新チップセットの登場からすぐにはMini-ITXマザーボード製品を出してこなかったが、この状況が変わる。GigabyteはIntel Z87を搭載するMini-ITXマザーボードである“GA-Z87N-WiFi”を明らかにした。この“GA-Z87N-WiFi”はIntel Z77チップセットが登場してからしばらくたってから投入した“GA-Z77N-WiFi”とよく似たマザーボードとなる。

“GA-Z87N-WiFi”は2本のDDR3メモリスロットと、4ポートのS-ATA 6.0Gbpsを有する。PCI-Expressスロットは1本で、加えてPCIe Mini socketが1つ用意される。この他にはUSB 3.0ピンヘッダが目立つ。
[GigabyteのZ87搭載Mini-ITXマザーボード―“GA-Z87N-WiFi”]の続きを読む
Retail GeForce GTX 770 Detailed and Tested(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX 770 Benchmarks Leaked – 10% Faster Than GeForce GTX 680(WCCF Tech)

ChiphellのフォーラムにGeForce GTX 770のリテールモデルのベンチマークが掲載された。

GeForce GTX 780は来週登場見込みで、GeForce GTX 770はさらにその1週間後に登場する。GeForce GTX 770はGeForce GTX 680のリフレッシュ版とも言えるものであるが、リーク情報によるとメモリの周波数は7GHzに達し、GeForce GTX 770はGTX 680とは異なるメモリを用いてる可能性があるといい、8GHzへのオーバークロックも問題なくできるのではないかと指摘されている。GeForce GTX 770の周波数は、コアが定格 1059MHz / Boost 1176MHzで、メモリ周波数が1752MHz(7008MHz)である。GeForce GTX 770はGPU Boost 2.0に対応するとも言われている。

今回のベンチマークはCore i7 3770Kと2400MHz駆動のDDR3メモリを組み合わせた環境で行われた。このベンチマーク結果であるがGeForce GTX 770はGTX 680よりも11~12%高速であるというものになっている。一方で、消費電力は20W程高くなっているという。
 
以下にベンチマークスコアをまとめます。
[GeForce GTX 770のベンチマーク]の続きを読む
HGST packs 1.5TB into 9.5-mm, three-platter Travelstar 5K1500 notebook drive(The Tech Report)
HGST Launches the Highest Capacity Hard Drive for the Mainstream Mobile Market(techPowerUp!)
Western Digitals first 1.5TB 2.5-inch HDD(Guru3D)
HGST、9.5mm厚で最大容量の1.5TB 2.5インチHDD(Impress PC Watch)
業界最大記憶容量のモバイル向けハードディスクドライブ(HGST / PDFファイル)

現在のノートPC向け2.5インチHDDの最高容量は1TBである。もし2.5インチ規格でこれ以上の容量を求めた場合、12.5mmや15mmといった厚さのものとなり、外付け用途には使えるが、ノートPCに搭載するには厚すぎるものであった。
そんな中、HGSTが5月21日に2.5インチ・9.5mm厚で1.5TBのHDD―“Travelstar 5K1500”を発表した。
[HGST 2.5インチ・9.5mm厚で容量1.5TBの“Travelstar 5K1500”]の続きを読む
Toshiba to Start Mass Production of Next Generation NAND Flash Memory(techPowerUp!)
東芝、世界最小の64Gbit NANDフラッシュメモリを開発(Impress PC Watch)
最先端プロセスを用いたNAND型フラッシュメモリの量産について(東芝)

東芝は5月21日、第2世代19nmプロセスを用いた2-bit/cell 64Gbit NANDフラッシュメモリを開発し、今月末より大量生産を行うと発表した。

第2世代19nmプロセスを用いることにより、今回発表された2-bit/cell 64Gbit NANDフラッシュメモリのダイサイズは94mm2となり、世界最小となる。また独自の高速書き込み技術を採用し、この新世代NANDフラッシュメモリは最高25MB/secの書き込み速度を実現し、2-bit/cellのNANDフラッシュとしては世界最速クラスとなる。

東芝は今後、この第2世代19nmプロセスで3-bit/cellのチップの開発を進め、2013年度第2四半期(この場合の“第2四半期”は7~9月を指すものと思われる)に大量生産を始める。3-bit MLC NAND製品はまず、eMMCに対応するコントローラを開発し、スマートフォンやタブレット向けにまず投入される。その後SSDへ対応するコントローラを開発し、ノートPCにも投入される見込みである。

東芝の第1世代19nm NANDはSanDiskと共同で2011年4月に開発されました。今回の第2世代では周辺回路の工夫も合わせ、2-bit/cell 64Gbit NANDフラッシュとしては世界最小の94mm2というチップサイズを実現したとしています。
NVIDIA GeForce GTX 780M, GTX 770M and GTX 765M SLI Performance Unveiled(VideoCardz)

デスクトップ向けのGeForce 700 seriesとともに、Mobile向けにもGeForce 700M seriesのハイエンドモデル―GeForce GTX 780M, GTX 770M, GTX 765Mが登場する。

GeForce GTX 780M, GTX 770M, GTX 765Mのスペックを以下にまとめました。
[GeForce GTX 770MとGTX 765M]の続きを読む
AMD A-Series 'Kaveri' may require a new socket(SweClockers.com)

“Trinity”の後継としてまもなく“Richland”がローンチされるが、この“Richland”はそれほど長命な製品ではない。トロントで開催されたプレスカンファレンスでAMDのDirectorであるLisa Su氏がさらにその次のAPUとなる“Kaveri”を今年末に投入する計画を明らかにした。

“Kaveri”は4-core/2-moduleの“Steamroller”マイクロアーキテクチャのCPUコアと、“Graphics Core Next”を改良した新型GPUを組み合わせたものとなる。GPUのStreamProcessor数は512と推測されている。

“Kaveri”は最初のhUMAとHSAに対応する製品となり、CPUとGPUが物理メモリ・仮想メモリを共有する。さらにシステムメモリとしてGDDR5を使用することも可能となる。
[“Kaveri”のSocketがSocketFM2+になるという噂]の続きを読む
Gigabyte Intel Z87 Motherboard Lineup Preview(PC Perspective)
Gigabyte offers early peek at Z87 motherboards(The Tech Report)
Gigabyte Shows Off Full Z87 Lineup with More to Come (Bright Side Of News)

Gigabyteは5月18日、Intel Z87搭載マザーボードのラインナップを明らかにした。同社のZ87マザーボードは4つのファミリー―“Exreme OC series”、“Gaming series”、“Thunderbolt series”そして“Standard series”にわけられる。

ラインナップを以下にまとめます。
[GigabyteのZ87搭載マザーボードのラインナップが明らかに]の続きを読む
Unreleased Pentium and Xeon Phi parts emerge on the Intel website(CPU World)

5月14日か15日頃に未発表のIntel processorおよびco-processorがIntelのMaterial Declaration Data Sheets (MDDS) に掲載された。掲載されたのはPentium G2140, G2030とXeon Phi 7120X, 7120P, 3120P, 3120Aである。MDDSのリストにはそれほど多くの情報は載っておらず、トレイ版とBox版のナンバーが記載されている程度であるが、これらの製品ノリリースが近づいているということは推測できるであろう。

Pentium G2030のBOX numberは“BX80637G2030”と“BXC80637G2030”でS-specはSR163、Pentium G2140はBOX numberが“BX80637G2140”と“BXC80637G2140”でS-specはSR0YTである。この2種類に加え、IntelはPentium G2030TとG2120Tをリリースする予定であるがこの低消費電力版2種についてはまだMDDSデータベースには掲載されていない。
[Intelのデータベースに未発表のPentiumとXeon Phiが掲載される]の続きを読む
◇Intel SSD DC S3500 series
Intel製SSDに謎の新製品、コントローラ不明(AKIBA PC Hotline!)
エンタープライズ向けSSD「Intel SSD DC S3500」が発売(ASCII.jp)
「取ろうかどうか迷っています」(5/15) ・・・某ショップ店員談(hermitage akihabara)

Intel SSD DC S3500 seriesが5月16日より発売された。
Intel SSD DC S3500 seriesはエンタープライズ向けと位置づけられる2.5インチSSD製品で、Intel SSD DC S3700 seriesの下位モデルに当たるものと考えれる。ラインナップは80GBから800GBまでが存在する。NANDはIMFT 20nm MLC NANDで、コントローラは詳細不明。
[2013年5月第3週の新製品―Intel SSD DC S3500 series 他]の続きを読む
ECS Intel 8-Series Chipset Motherboards Officially Debut(Legit Reviews)
ECS Intel 8-Series Chipset Motherboards Officially Debut(techPowerUp!)
ECS Intel 8-Series Motherboards(Guru3D)
Introducing The New ECS Intel 8 series Motherboards(ECS)

ECSは5月16日、第4世代Core i seires―“Haswell”に対応するIntel 8 seriesマザーボードを明らかにした。ECSが明らかにしたIntel 8 seriesマザーボードはPro, Deluxe, Essentialsの3つのファミリーに区分けされる。

ECSが投入したIntel 8 seriesマザーボードは第2四半期中の登場が予定されている第4世代Core i processorに対応する機能としては6ポートのS-ATA 6.0Gbps、PCI-Express 3.0 x16への対応や、USB 3.0、Thunderboltへも対応する。またSmart Response, Intel Smart connectそしてIntel Rapid Startにより、良好な応答性を実現している。
[ECS Intel 8 seriesマザーボードのラインナップを明らかに]の続きを読む
Innodisk Releases DDR4 RDIMM Samples to Server Market(Legit Reviews)
Innodisk Releases DDR4 RDIMM Samples to Server Market(techPowerUp!)
Innodisk Begins to Ship DDR4 RDIMM Samples to Server Makers.(X-bit labs)

DRAMやNANDベースの製品を供給しているメーカーであるInnodiskは5月16日、サーバーメーカーにDDR4 Registered DIMMのサンプルの供給を開始したと発表した。Innodiskは自社でDRAMを製造していないモジュールメーカーとしては初めてDDR4モジュールのサンプルをサーバーベンダーに供給したメーカーとなる。

Innodiskは今回供給が開始されたDDR4 Registered DIMMのスペックについては明らかにしていない。しかしRegistered DIMMの容量としては4GB, 8GB, 16GBがあることが付記されている。DDR4は2133MHzから3200MHzの周波数で動作するとされる。一方で駆動電圧は1.2Vとなり、消費電力は1.35V動作のDDR3Lと比較すると40%程低減する。

容量についてはDDR4ではモジュールあたり最大128GBまで(DDR3では最大64GB)が想定されているようです(今回出荷されたモジュールの容量は不明)。

DDR4を使用したサーバープラットフォームは2014年から登場すると見込まれており、クライアント向けプラットフォームでは2015年のどこかでDDR4対応プラットフォームが出てくるのではないかと予想されています。
(Update) NVIDIA GeForce GTX 780 Final Specifications(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX 770 Final Specifications(VideoCardz)
Nvidia Geforce GTX 780 detailed(Fudzilla)
Nvidia GTX 770 spec is out(Fudzilla)
NVIDIA GeForce GTX 780 and GeForce GTX 770 Retail Images Leaked – Specifications Confirmed(WCCF Tech)
NVIDIA GeForce GTX 780 Benchmarks Unveiled – 20% Improvement Over GeForce GTX 680(WCCF Tech)
GPU-Z Validation zxgq9(techPowerUp!)

◇GeForce GTX 780

GeForce GTX 780の最終スペックがついに明らかになった。Fudzillaやその他複数の情報によると、NVIDIAは5月23日にGeForce GTX 780をリリースするようである。

GeForce GTX 780はGK110-300をベースとし、2304基のCUDA coreを搭載するGPUとなる。コア周波数は定格863MHzでGPU Boost 2.0によりBoost時の周波数は902MHzとなる。このコア周波数はGeForce GTX Titanよりも高いものである。メモリはGDDR5 3GBを搭載し、メモリインターフェースは384-bitとなる。
[GeForce GTX 780, GTX 770の最終スペックが明らかに【5/20 追記】]の続きを読む
MSI Silently Launches Radeon HD 7730 Graphics Card With 1 GB Memory(WCCF Tech)
R7730-1GD5V1(MSI)

MSIはひっそりとRadeon HD 7730を搭載したグラフィックカード―“R7730-1GD5V1”をローンチした。Radeon HD 7730は“Graphics Core Next”系のGPUである“Cape Verde”を使用し、Radeon HD 7750の下位モデルとなる。

Radeon HD 7730のベンチマークは先月リークしたが、この時点ではスペックは明らかになっていなかった。現在WCCF Techが把握しているスペックではRadeon HD 7730は“Cape Verde”コアで512のStreamProcessorと32のTMU、16のROPを搭載する。メモリはGDDR5 1GBを搭載し、128-bitメモリインターフェースで接続される。コア周波数は800MHz、メモリ周波数は1125MHz(4500MHz)となる。Radeon HD 7730はPCI-Express電源コネクタを必要とせず、TDPは50Wに収まる。
[MSIからRadeon HD 7730搭載カードがひっそりとリリースされたよう]の続きを読む
ASRock Z87 Extreme9/ac Motherboard - First Intel Z87 Board w/ Thunderbolt Certification(Legit Reviews)
ASRock Z87 Extreme9/ac World's First Thunderbolt-certified Motherboard(techPowerUp!)

ASRockは“Z87 Extreme9/ac”マザーボードがIntel 8 series搭載マザーボードとしては世界で初めてThunderboltの認証を通過したと発表した。

これによりThunderboltポートを搭載したIntel Z87搭載マザーボードの登場が期待できそうです。

ASUS Announce Intel Z87 'Haswell' Motherboards(Legit Reviews)
ASUS Intel Z87 Motherboard Lineup Preview(PC Perspective)
Asus reveals Z87 Motherboard Range(bit-tech.net)
Asus shows off Z87-based Haswell motherboards(The Tech Report)
Asus Z87 Motherboard Roundup: ROG Maximus VI, Sabertooth and mainstream channel offerings(VR-Zone)
ASUS Debuts its Z87 Republic of Gamers Motherboard Series(techPowerUp!)
ASUS Unveils its Z87 TUF Series(techPowerUp!)
ASUS Announces its Mainline Z87 Classic Series, with a New Look(techPowerUp!)
ASUS Z87 Republic of Gamers Motherboard Series(Guru3D)
ASUS Z87 TUF Series(Guru3D)
Asus Z87 classic based Haswell motherboards(Guru3D)

ASUSはIntelの新CPUである“Haswell”に対応するZ87搭載マザーボードのラインナップを明らかにした。

Z87搭載マザーボードはASUSのマザーボードの製品ライン―Classic series (Mainstream), Republic Of Gamers (R.O.G.), The Ultimate Force (TUF) そしてWorkstation (WS) の全てに投入される。このうちClassic seriesとWorkstationには黒と金色を基調とした新たな配色が採用された。

以下各製品ラインごとにスペックをまとめていきます。
[ASUSのZ87マザーボードのラインナップが明らかに]の続きを読む
Inno3D GeForce GTX 780 Box Pictured, Specifications Confirmed(VideoCardz)

GeForce GTX 780のCUDA core数は2496と言われてきたが、どうやらそうではないようだ。PCOnlineに掲載さされたダイアグラムによるとGraphics Processor Cluster全体が無効化されているようで、結果、GeForce GTX 780のCUDA core数は2304となる。

GK110は15基のStreaming Multiprocessorを有するが、GeForce GTX Titanが使用するGK110-400では1基が無効化されて14基のStreaming Multiprocessorが搭載され、CUDA core数は2688となっている。GeForce GTX 780はStreamin Multiprocessor数が12となり、CUDA core数は2304で、TMU数は192となる。一方でROPは48のままになると言われている。

メモリはGDDR5 3GBを搭載し、メモリインターフェースは384-bitとなる。コア周波数は863MHzと伝えられており、おそらくこの数字は定格周波数と思われる。メモリ周波数は1502MHz(6008MHz)である。

今回WebサイトにリークしたInno3DのGeForce GTX 780のパッケージにはTXAAやPhysX、DirectX11、SLIへの対応が記載されており、出力としてHDMIを少なくとも搭載することが分かる。

今回明らかになったスペックを以下にまとめます。
[GeForce GTX 780のスペックが明らかに?]の続きを読む