北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD working on HD 7600 card(Fudzilla)

Radeon HD 7750は“Cape Verde Pro”コアを使用しており、周波数は800MHzかそれ以上である。価格は$100または100ユーロ前後となっている。このRadeon HD 7750に関してはしばらく変化はないまま推移しそうであるが、これとは別に若干安い$90~100という選択肢も出てきそうだ。

AMDはこの“Cape Verde Pro”コアを用いながらも若干スペックの低い新グラフィックカードを計画している。この新グラフィックカードはRadeon HD 7600 seriesとなり、おそらくはRadeon HD 7650となりそうである。ただし、ロシアなどの一部の地域ではRadeon HD 7730として登場することになるだろう。Radeon HD 7650(仮称)はRadeon HD 7750よりも周波数が低く、ひょっとするとスペックも削られたものとなる。

Radeon HD 7650(仮称)はRadeon HD 7750とするには不十分なチップを用いる。このような手法はAMDやNVIDIAがしばしば行うもので、この措置により在庫を解消し、次世代のRadeon HD 8000 seriesへの準備を進めることができる。

GPUコアとしては“Cape Verde”の下に384spの“Oland”というコアも存在していますが、今回話題となっているRadeon HD 7650(仮称)については“Oland”というわけではなく、“Cape Verde”コアを用いながらもRadeon HD 7750よりも下位のスペックとなるグラフィックカードとなるようです。
今回の情報ではこのRadeon HD 7650(仮称)の細かいスペックは明らかにされていません。

Micron Introduces P410m SAS Solid-State Drive(Legit Reviews)
Micron Introduces P410m SAS Enterprise Solid-State Drive(techPowerUp!)

Micronは2月26日、データセンターアプリケーションおよびエンタープライズストレージプラットフォーム向けのSSD製品であるP410m SSDを発表した。
P410m SSDは高耐久性・高信頼性を実現しており、インターフェースはSerial Attached SCSI (SAS) 6.0Gbpsとなる。そしてミッションクリティカルに必要な24時間365日休みなく連続稼働できるだけの性能を有している。
[SASに対応するMicronのP410m SSD]の続きを読む
Intel to expand "Y"-series lineup with Celeron 1019Y CPU(CPU World)

1月にIntelはUltrabookおよび薄型軽量ノートPC向けの超低電圧版CPUであるY seriesをローンチした。Y seriesは従来ULV版として展開されてきたU seriesと比較するとさらに消費電力が削減されており、それこそ性能を下げても省電力性を重視したと言えるものである。現在、Y seriesは機能によってCore i7, i5, i3そしてPentiumのブランドに振り分けられている。Celeronには今の時点ではY seriesは存在しないものの、まもなくこの状況は変わり、CeleronにもY seriesがもたらされる。
Intelは2013年第2四半期にCeleron 1019Yのローンチを予定している。
[Celeron 1019Y]の続きを読む
AMD Announces TressFX Hair Technology - Real-Time Hair Rendering(Legit Reviews)
AMD unveils TressFX Hair simulation technology(bit-tech.net)
AMD TressFX Featured in Tomb Raider: Lara Croft Reborn(Guru3D)
TRESSFX HAIR: A NEW FRONTIER OF REALISM IN PC GAMING(AMD)

AMDは2月26日、“TressFX Hair technology”を発表した。この“TressFX Hair technology”はDirectX 11対応のゲームタイトルで髪の毛をリアルタイムでレンダリングする技術である。リアルタイムの物理演算によりしっとりした質感と風のたなびきの両方をリアルに表現できる。そしてこの技術は2013年にリリースされる“Tomb Raider”で使用される。

文章にしてしまうとなんのことやらという印象になってしまいますが、まずはAMDのWebサイトなどで写真をご覧ください。
今までの3Dでは髪の毛の表現がどことなくカクカクしていたりボタっとしていたりしていたものが、この技術を使うことにより非常に精細な表現を可能とし、しっとりとした質感と風にたなびく様子が表現されていることが静止画からも感じ取ることが出来ます。

・・・この技術をぜひとも3Dエロゲにとか主張したい方もおられるかもしれませんが、その手のメーカーがこの技術を使いこなせるかどうかは別問題です。

Intel teases 22nm tri-gate Atom system-on-chip parts(bit-tech.net)
Intel doubles up on phones with Z2580 Clover Trail+(SemiAccurate)
Atom smartphones boosted by Clover Trail+(The Tech Report)
MWC: Intel Clover Trail+ Atoms for smartphones and tablets(Hardware-Infos.us)
MWC 2013: Intel unveils new mobile processors and LTE solution(VR-Zone)
Intel,「Clover Trail+」ことAtom Z2500シリーズを発表(4Gamer.net)
Intel、タブレット/スマートフォン向けの「Atom Z2500」シリーズを発表(Impress PC Watch)
Intel Accelerates Mobile Computing Push(Intel Newsroom)
Intel(R) Atom(TM) Processors
Z2580, Z2560, and Z2520 for Smartphones and Tablets
(Intel / PDFファイル)

Intelは2月25日、スペインのバルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC)でAtom processorの新Familyとなる“CloverTrail+”を発表した。既に投入されている“CloverTrail”はタブレット向けで、Windows 8を搭載したタブレットや可変型端末(Convertible)で採用されている。一方、今回発表された“CloverTrail+”はタブレット向けにも使用されるが、さらにスマートフォンへの搭載も狙ったものとなる。
[“CloverTrail+”―Atom Z2500が正式発表される~22nm版Atomは今年末]の続きを読む
FirePro R5000 targets remote graphics workstations(The Tech Report)
AMD FirePro R5000 Remote Graphics Card for Usage in Data Centers(Guru3D)
AMD Launches the FirePro R5000 Remote Graphics Card for Deployment in Data Centers(techPowerUp!)
AMD releases FirePro R5000(Fudzilla)
AMD Launches the AMD FirePro R5000 Remote Graphics Card for Deployment in Data Centers(AMD)

Remote graphicsがここ最近熱い分野となっている。NVIDIAはProject Shieldでローカルゲームストリーミングを推進し、SONYもPlayStation 4で似たような機能を導入することを明らかにしている。
そして、AMDもこのRemote graphicsの世界に登場したが、ゲーム向けと言うよりはProfessional向けの市場をターゲットとしている。
2月25日に正式発表されたFirePro R5000はRemote workstationでの仕様を念頭に置いた製品である。
[Remote graphicsをターゲットとしたFirePro R5000]の続きを読む
Intel Core i3-2350 CPU is in the works(CPU World)

“IvyBridge”コアのCore i3は2012年9月にリリースされた。後に下位モデルのCore i3 3210がリリースされており、Pentiumとの差を埋めている。そしてもう1種類Core i3が今年後半にリリースされる。このCore i3は今までのCore i3で最も高速なモデルとなる。先週末に更新されたIntelのMaterial Declaration Data Sheets (MDDS) databaseによると、この新しいCore i3のBOXナンバーは“BX80637I33250”となっており、これからCore i3の新モデルの名はCore i3 3250であることが推測できる。
[Core i3 3250]の続きを読む
The new Opteron 6300: Finally Tested!(AnandTech)

昨年11月にAMDは“Abu Dhabi”ことOpteron 6300 seriesを発表した。しかし、現時点までレビューサンプルを手に入れることは出来なかった。AMDが提示した数値も一部に混乱が見られ、最も良い数字を出しているのがSPECJbb2005で、逆にSPEC CPU 2006の数字はあまりふるわないようであった。

SPEC CPU 2006については周波数とスケールしていないということが指摘されています。周波数では8%の差となるOpteron 6380と6376ですが、SPECint_Rate 2006では3.5%、SPECfp_Rate 2006では3%の差しか出ていなかったようです。

今回AnandTechでOpteron 6300を使用したベンチマークが掲載されたので紹介します。
[Opteron 6300のベンチマークレビュー]の続きを読む
MSI Launches X79A-GD45 PLUS Motherboard(techPowerUp!)
X79A-GD45 Plus(MSI)

MSIは2月22日、LGA2011に対応する“X79A-GD45 Plus”を発表した。北米での価格は$200~250となる見込み。
“X79A-GD45 Plus”はCPUへの電源回路に9-phase DrMOS VRMを採用する。メモリスロットは4ch DDR3-2400までの対応で、合計8スロット、搭載可能な容量は128GBである。拡張スロットの構成であるが灰色のPCI-Express 3.0 x16スロットが3本でこれはCPUからのPCI-Expressに接続される。この他X79 PCHから出るPCI-Expessとして、黒色でPCI-Express x16形状のPCI-Express 2.0 x4スロットが2本、PCI-Express 2.0 x1スロットが1本である。
[MSI LGA2011対応の“X79A-GD45 Plus”]の続きを読む
Microsoft preparing Windows Blue public preview with significant search improvements(The Verge)
Windows Blue has entered the development phase of the MP Preview(Win8China / 繁体中文)

MicrosoftはWindows BlueのPublic previewの開発を現在行っている。Microsoftの計画に詳しい情報によると、MicrosoftはWindows Blueのローンチ予定時期を今年の夏に定めており、確実に開発サイクルを短くしている。Windows Blueは最近Milestone 1を通過し、Public previewの元になるMilestone previewが準備されている。
[Windows Blueのスケジュールがリーク]の続きを読む
GIGABYTE Launch Thin Mini-ITX Series Motherboards(techPowerUp!)
Gigabyte unveils H77TN and B75TN: two thin mini-ITX boards(Hardware-Infos.us)
Gigabyte Launches Two Thin Mini-ITX Motherboards(PC Perspective)

Gigabyteは2月20日、2種類のThin Mini-ITX規格のマザーボード―“H77TN”と“B75TN”を発表した。どちらもスリムで省スペースなAll-In-One (AIO) PC向けに設計されており、IntelのAIO PC specificationに準拠している。

Thin Mini-ITX規格はロープロファイル仕様の設計が特徴で、従来のMini-ITXマザーボードと比較して43%薄くなっている。今回発表されたGigabyteのThin Mini-ITXマザーボードは従来のデスクトップPCが持つ機能と性能を最大現有する。また電源入力とI/Oの拡張性は柔軟なものとなっており、一般向けから産業向けまで幅広い分野に合うものとなっている。

スペックを以下にまとめます。
[Gigabyte 2種類のThin Mini-ITXマザーボードを発表]の続きを読む
Specifications of AMD Opteron 4365 EE CPU(CPU World)

昨年10月、SeaMicroはSM15000 micro serverを発表し、この際にAMDとIntelそれぞれのCPUを搭載したCompute cardを同時に発表した。ローンチ時に用意されたのはXeon E3-1260Lで、11月には“IvyBridge”コアのXeon E3-1265L v2とAMDの名無しの“Piledriver”系Opteronが追加された。この名無しのOpteronに関する資料が今回明らかになり、このOpteronは定格2.00GHz/Boost時2.80GHzで動作し、コア数は8となる。そして今週になり、AMDのWebサイトに該当するCPUが掲載された。その該当するCPUがOpteron 4365である。Opteron 4365は非常に低いTDPであることから、より正確に記述するのであればOpteron 4365EEとなるだろう。
[Opteron 4365EE]の続きを読む
リンクス、PLEXTOR「M5S」シリーズのハードウェア仕様変更をアナウンス(hermitage akihabara)
Plextor SSD M5Sシリーズの仕様変更について(リンクスインターナショナル)

2月21日、リンクスよりPlextor M5S series SSDの仕様変更がアナウンスされた。

仕様変更されるのはNANDフラッシュとコントローラで、旧来のM5S seriesはNANDがMicron製、コントローラがMarvell 88SS9174であるが、今後はNANDが東芝製、コントローラがMarvell 88SS9187となる。この仕様変更はMicron製NANDフラッシュメモリの供給変更によるとしている。
[Plextor M5Sの仕様が変更される―Micron NANDから東芝NANDへ]の続きを読む
GeForce GTX Titan review(Guru3D)
NVIDIA’s GeForce GTX Titan, Part 2: Titan's Performance Unveiled(AnandTech)
Review: NVIDIA GeForce GTX TITAN(HEXUS)
NVIDIA GeForce GTX TITAN Performance Review and Frame Rating Update(PC Perspective)
999ドルの超ハイエンドシングルGPU「GeForce GTX TITAN」を試す(Impress PC Watch)
GeForce GTX TITAN(4Gmaer.net)

2月19日に正式発表されたGeForce GTX Titanですが、今回その性能レビューが解禁され、各メディアでレビュー記事が掲載されています。

参考までにGeForce GTX Titanのスペックは以下の通り。
[GeForce GTX Titanのレビュー―その性能が明らかに]の続きを読む
AMD to Showcase Fusion “Temash”-Based Tablets, Convertibles with Turbo Dock Technology.(X-bit labs)
AMD、次期APU「Temash」にハイブリッドタブレット向け機能を搭載(Impress PC Watch)
AMD Aims to Meet Higher Expectations for Tablet and Hybrid PC Performance at Mobile World Congress 2013(AMD)

AMDは2月20日、タブレットおよび着脱式デバイス向けのAPU―“Temash”のデモを来週開催されるMobile World Conference 2013で行うことを明らかにした。そしてこの“Temash”には“Turbo Dock technology”と呼ばれる新技術が搭載され、Mobile deviceをより有効に使いやすいものにするという。
[“Temash”に搭載される“Turbo Dock technology”]の続きを読む
◇4月に“Bonaire XT”を使用したRadeon HD 7790が登場する
New AMD graphics card coming in April(Fudzilla)
AMD Reportedly Preparing Radeon HD 7790 Based On Bonaire XT GPU – Launches in April(WCCF Tech)

正確なスペックなど詳しい事はまだ分からないが、AMDは4月に“Southern Islands”―Radeon HD 7000系のミドルレンジ向けグラフィックカードをローンチするようだ。この新グラフィックカードはRadeon HD 7790となり、Radeon HD 7770と7850の中間に位置するカードとなる。

Radeon HD 7790は“Bonair XT”と呼ばれるGPUをベースとしたカードとなり、性能はRadeon HD 7850に近いものになるという。このことはRadeon HD 7790では7850の売り上げを食わないようにベンダー仕様のオーバークロックカードは認められないというパートナーの声からも推測できる。
[Radeon HD 7000系の新GPUの噂話2題―Radeon HD 7790 他]の続きを読む
AMD "Jaguar" Micro-architecture Takes the Fight to Atom with AVX, SSE4, Quad-Core(techPowerUp!)
AMD to ISSCC 2013: More details on 'Jaguar'(ComputerBase.de / ドイツ語)

ISSCC 2013でAMDは“Jaguar”CPUアーキテクチャについての詳細をより明らかにした。“Jaguar”CPUアーキテクチャを採用し、28nmプロセスで製造される最初の低消費電力APU製品が“Kabini”と“Temash”となり、TDP5~25Wで展開され、タブレットからエントリー向けノートPC、ネットトップに使用される。
[AMD ISSCC 2013で“Jaguar”についての講演を行う]の続きを読む
NVidia launches Tegra 4i processor with LTE modem(CPU World)
Nvidia announces Tegra 4i(Fudzilla)
NVIDIA Introduces Its First Integrated Tegra 4i LTE Processor – Also Unveils Phoenix Reference Smartphone(WCCF Tech)
NVIDIA、モデム統合型SoC「Tegra 4i」をOEMメーカーへ提供開始(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)

NVIDIAは2月19日、Tegra 4i SoCとこのTegra 4iを搭載したスマートフォン・タブレット用リファレンスプラットフォームである“Phoenix”を発表した。Tegra 4iはTegra 4とは異なるARMコアを用いており、GPUコア数もTegra 4より少なく押さえられている。一方でTegra 4iは最大の特徴としてNVIDIA i500 LTEモデムを統合している。パッケージは12×12mmと小型であり、それでいてTegra 4の65~78%の性能を発揮するという。
[NVIDIA モデムを内蔵したTegra 4iを発表]の続きを読む
NVIDIA Announces GeForce GTX Titan, The Fastest GPU in the World(techPowerUp!)
NVIDIA's GeForce GTX Titan, Part 1: Titan For Gaming, Titan For Compute(AnandTech)
NVIDIA、2,688SP搭載GK110コアの「GeForce GTX TITAN」(Impress PC Watch)
「GeForce GTX TITAN」登場。500円玉より大きなモンスターGPUの“性能以外”を徹底解説(4Gamer.net)
NVIDIA Introduces GeForce GTX TITAN: DNA of the World's Fastest Supercomputer, Powered by World's Fastest GPU(NVIDIA / ニュースリリース)
GeForce GTX Titan(NVIDIA / 製品ページ)

NVIDIAは2月19日、GeForce GTX Titanを正式発表した。GeForce GTX Titanは世界最速のGPUを搭載し、個人向けゲーミングスーパーコンピュータとも呼べるような世界最速のゲーミングPCを実現させるべく設計されたものである。

GeForce GTX Titanは“Kepler”アーキテクチャのGPUで、Tesla K20Xを搭載し、現在TOP500のスーパーコンピュータで世界最速を誇るオークリッジ国立研究所のスーパーコンピュータ―“Titan”からその名前をとっている。
[GeForce GTX Titanが正式発表される]の続きを読む
MicroStar Set to Launch “G” Mainboard Family for Gamers.(X-bit labs)

MSIは来月開催されるCeBITでハイエンドゲーマー向けのマザーボード―“G series”を発表する計画である。“G series”はより優れたオーバークロック性能と、高性能ネットワーク、そしてゲーマーが使用する高性能周辺機器のために設計された特別なI/Oポートを備える。
[MSI ゲーマー向けの“G series”マザーボードをCeBITで発表予定]の続きを読む
CPU cooling in tight spaces - Noctua NH-L9(i/a) and Phanteks TC90LS(VR-Zone)
NH-L9i(Noctua)
NH-L9a(Noctua)

VR-Zoneで昨年11月に発売されたNoctuaの薄型クーラー―“NH-L9i / NH-L9a”のレビューが掲載されています。どちらもMini-ITX環境などスペースに制限がある環境での使用を念頭に置いたクーラーで、高さはファン無しで23mm、ファン付きで37mmとなります。
“NH-L9i”がLGA1156/1155/1150対応、“NH-L9a”がSocketAM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2となります。

スペックを以下にまとめます。
[Noctuaの薄型CPUクーラー―“NH-L9i / NH-L9a”のレビュー]の続きを読む
Intel’s Israeli Fab Looking Forward to Make 10nm Chips.(X-bit labs)
Israeli Intel factories would like to master production of 10-nm processors(Xtreview.com)

全世界に先端半導体製造設備を有するIntelは最先端プロセスの製造は選択されたFabで行うという戦略をとっている。
現在、イスラエルのKiryat GatのFab―Fab 28では22nmプロセスの“IvyBridge”を製造している。そしてこのFabは数年後、14nmプロセスを飛ばして10nmプロセスのチップを製造するFabとなる。
[10nmプロセスの製造を目指すIntelのイスラエルのFab]の続きを読む
Valve Releases Steam for Linux!(Legit Reviews)
Steam for Linux Now Available(Steam for linux)

Valveは2月15日、Linux向けのSteam―“Steam for Linux client”を正式発表した。“Steam for Linux client”の発表を記念し、日本時間の2月22日午前3時まで50以上のLinux向けタイトルが50~75% OFFで販売される。

“Steam for Linux client”は現在、Ubuntu Software Centerから無料でダウンロードできる。Ubuntuは現在最も広く使われているLinuxディストリビューションで、世界で数百万のユーザーがおり、一般向けにも簡単に使えるよう良くデザインされていることで知られている。

Ubuntu Linux向けのSteamクライアント―“Steam for Linux client”が正式発表されました。日本時間の2月22日午前3時まで正式発表を記念して50以上のタイトルが50~70%引きで販売されます。

・・・個人的にLinuxは大昔にRed Hat 9あたりをちょっと触ってからはすっかりご無沙汰ですが、Ubuntuはだいぶ使いやすくなったという話をよく聞きますので、余り物のPCに入れてみるのも良さそうです。

AMD has next generation graphics for 2014(Fudzilla)

Fudzillaでは2013年後半に新型の“Sea Islands”をベースとしたGPUが登場するという話をお伝えした。この時はRadeon HD 8000 seriesがどこかの時点で登場すると考えていたが、実際にはAMDはRadeon HD 8000 seriesの一部はRadeon HD 7000 seriesをリブランドして充てるようだ。
[AMDの次世代GPU(Radeon HD 9000 series?)は2014年]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX Titan Graphics Card Pictured in Full(techPowerUp!)
NVIDIA GeForce GTX Titan Pictured – GK110 Finally Arrives to Consumers With a Blasting 6 GB Memory(WCCF Tech)
Alleged pictures and specifications of the GeForce GTX Titanium (Update 2)(ComputerBase.de / ドイツ語)
NVIDIA GeForce GTX Titan Pictured (Update: More Pictures)(Videocardz)

GK110を搭載するGeForce GTX Titanがまもなく発表されようとしている。
そして今回、そのGeForce GTX Titanの写真がEgypt HardwareというWebサイトに掲載された。


まずSLIコネクタであるが2本が搭載され、4-way SLIまでに対応する。
電源回路は6+2-phase VRMを搭載し、PCI-Express電源コネクタは6-pin+8-pinを搭載する。基板にはもう1つ8-pinのコネクタを設置できる空きパターンがあるが、これはAIBパートナーのカスタムモデルで使われるものとなるだろう。
[GeForce GTX Titanのカードの姿が明らかに]の続きを読む
ASUS Launches TUF Sabertooth 990FX GEN3 R2.0(techPowerUp!)
ASUS AMD SaberTooth motherboard with PCI Express 3.0(Guru3D)
ASUS、AMDプラットフォーム初のPCI Express 3.0対応マザー(Impress PC Watch)
SABERTOOTH 990FX/GEN3 R2.0(ASUS)

ASUSは2月18日、TUF seriesの新製品である“Sabertooth 990FX/GEN3.0 R2.0”を正式発表した。“Sabertooth 990FX/GEN3.0 R2.0”はAMD系マザーボードでは世界で初めてPCI-Express 3.0に対応するマザーボードである。“Sabertooth 990FX/GEN3.0 R2.0”は3枚までのグラフィックカードを使用してNVIDIA SLIまたはAMD CrossFire Xを構築可能である。

“Sabertooth 990FX/GEN3.0 R2.0”はASUS TUF seriesの熱設計を新たにし、より優れた廃熱を可能としている。また他のTUF seriesのマザーボードと同様に、軍用・サーバークラスの試験を行い、安定性と信頼性と長寿命を実現している。保証期間は5年である。

スペックを以下にまとめます。
[“Sabertooth 990FX/GEN3.0 R2.0”がローンチされる]の続きを読む
「売れるかどうかは値段次第でしょう」(2/16) ・・・複数関係者談(hermitage akihabara)

様々な噂が飛び交っているGeForce GTX Titanのスペックですが、hermitage akihabaraに最終仕様と思われるスペックが書かれています。

そのスペックを以下にまとめます。
[GeForce GTX Titanの周波数はBase:837MHz/Boost:876MHzか]の続きを読む
AMD Changes Radeon Graphics Roadmap, Delays New Product Launches Till Late 2013.(X-bit labs)
AMD Reiterates 2013 GPU Plans: Sea Islands & Beyond(AnandTech)
Fate of AMD's Sea Islands obscured in the fog(The Tech Report)
AMD wants to set the record straight on its future GPU strategy(PC Perspective)
AMD Possibly Launching New HD 7000 Series SKUs in 1H 2013 – HD 8970M “MARS” Chip Based on New Architecture(WCCF Tech)
New AMD desktop cards in 2H 2013(Fudzilla)
7990 stays the fastest AMD card till end of 2013(Fudzilla)

AMDは2月15日、2013年のGPU製品の最新ロードマップを明らかにした。新たなロードマップによるとAMDは2013年第4四半期までは一切の新製品のローンチ予定を破棄し、現行のRadeon HD 7000 seriesを継続する。しかしながら、デスクトップ向けのRadeon HD 7000 series、およびMobile向けのRadeon HD 7000M seriesへのいくつかの更新は予定されているようである。
[変更されたAMDのGPUロードマップ―次世代GPUは2013年後半に]の続きを読む
Noctua introduces NF-S12A 120 mm fan(Hardware-Infos.us)
Noctua Announces NF-S12A 120mm Case Fan(Legit Reviews)
Noctua Introduces the NF-S12A 120 mm Fan(techPowerUp!)

Noctuaは2月12日、S12 seriesケースファンの第3世代となる“NF-S12A”を発表した。

“NF-S12A”はブレードを改良したファンでを搭載し、Anti-Stall KnobsとAAO (Advanced Acoustic Opimsation) frameと呼ばれる機構を採用している。そして低騒音ながらより高い冷却性能を実現している。“NF-S12A”は3種類が用意される。
[Noctua 120mmのケースファンの新製品―“NF-S12A”]の続きを読む
Gigabyte Intros E350N WIN8 Mini-ITX Motherboard(techPowerUp!)
GA-E350N WIN8 (rev. 1.0)(Gigabyte)

GigabyteはAMD E-350 APU(“Zacate”)を搭載した新しいMini-ITXマザーボード―“E350N-WIN8”を発表した。型番が示すとおり、“E350N-WIN8”はFast BootなどWindows 8の機能を最大限生かせるように設計されたマザーボードである。まず旧来のAwardBIOSに変わり、新しいAMI UEFIが採用され、BIOSアップデートに失敗した際のバックアップを可能とするDual-UEFIを備える。“E350N-WIN8”は大型のヒートシンクとファンでAPUを冷却し、これとは別に小型のヒートシンクでA45 FCHチップセットを冷却する。
[Gigabyte E-350 APUを搭載したMini-ITXマザーボード―“E350N-WIN8”]の続きを読む