北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Microsoft Windows 7 Ultimate DSP Limited Pack Nanami Edition retails 4 November in Japan(VR-Zone)
日本マイクロソフト、窓辺ななみ特典付きのDSP版Windows 7 Ultimate~限定の「TOUCH MOUSE」も付属(Impress PC Watch)

日本Microsoftは特別限定版となるWindows 7 Ultimate DSPのNanami Editionをローンチした。このWindows 7 Ultimate DSP Nanami EditionにはOSに加え、Windows 7に対応するMicrosoft Touch Mouseや追加コンテンツが封入されている。

発売日は11月4日予定です。
詳しい内容はImpress PC Watchの記事を見て頂くとして・・・・・・なにやってるんですかVR-Zoneさん。

AppliedMicro Shows World's First 64-bit ARM Processor(Bright Side Of News)
AppliedMicro Shows Off World's First 64-Bit ARM Chip.(X-bit labs)

ARM TechCon 2011でApplieMicroは“X-Gene”と呼ばれる64-bit ARMアーキテクチャを採用した世界初のProcessorをお披露目した。このチップはFTPGA SoC(この場合のSoCはSystem on ChipというよりはServer on Chipだろう)で、次世代クラウドコンピューティングやワイヤレス設備、エンタープライズ向けネットワークシステム、あるいはストレージ・セキュリティアプリケーションでの使用が考えられている。
[AppliedMicro世界初となる64-bit対応のARMv8ベースのチップをお披露目]の続きを読む
◇X79 Extreme9
ASRock X79 Extreme9 Tops Off Lineup(VR-Zone)

ASRockはX79搭載マザーボードとして“X79 Extreme7”を準備しているが、もう1つ別のマザーを用意している。このもう1つのLGA2011マザーは“X79 Extreme7”よりも多機能なものとなり、ASRockのX79搭載LGA2011マザーボードの中では最上位に位置するものとなるだろう。そしてそのマザーボードこそが“X79 Extreme9”である。
[ASRockのX79マザー2種―X79 Extreme9とMicroATXのX79 Extreme4-M]の続きを読む
AMD FX-8150 CPU Overclocked to 8461.51 MHz - New World Record!(Legit Reviews)
AMD OC Record Broken, Still Powered by AMD FX-8150(techPowerUp!)
Andre Yang reached 8461.51 MHz with an AMD FX (32 nm)(CPU-Z validation database)

9月中旬にAMDが集めたオーバークロッカーのチームがSilicon processorの最高周波数の世界記録を更新した。このとき使われたのはFX-8150 CPUで達成した周波数は8429.38MHzであった。
だが、この記録は早くも破られることになった。


Andre YangらがFX-8150を使用して行ったオーバークロックで前述の記録を上回る8461.51MHzを達成し、新たな世界記録となった。CPU-Zにもこの数字が承認され、掲載されている。

CPU-ZのValidation pageを見ると、この8561.51MHzという数字はベースクロックを272.95MHz、倍率を31倍としている。コア周波数は1.992Vである。使用されたマザーボードはASUSのCrosshair V Formula、メモリはCorsiarの2GBメモリモジュールを1枚のみ搭載し、909.8MHz / 9-9-9-24Tで動作させている。また、FX-8150の8-coreのうち2-coreのみを有効化して動作させている。

冷却方法についてはまだ明かされていません。ちなみに前回の記録では液体ヘリウムが使われたようです。

ARM Unleashes ARMv8 64-Bit Architecture.(X-bit labs)
ARM Discloses Details On New ARMv8 Processor Architecture(Legit Reviews)
ARM guns for servers with 64-bit ARMv8 architecture(HEXUS)
ARM reveals 64-bit processor architecture(NordicHardware)

ARMは次の新アーキテクチャとなるARMv8アーキテクチャの技術的詳細を明らかにした。ARMv8はARMとしては初めて64-bit命令セットに対応するアーキテクチャとなる。ARMv8はARMアーキテクチャを拡張し、64-bit演算への対応と仮想割り当て(Virtual addressing)の拡張を行った物である。一方でARMv8はCortrex-A9やA15に使われてきた32-bit ARMv7アーキテクチャの特徴も数多く受け継いでいる。
[ARM 64-bitに対応したARMv8アーキテクチャを明らかに]の続きを読む
Prices of Xeon E5-2600-series CPUs(CPU World)

Intelは2012年上半期にXeon E5 seriesを投入する。Xeon E5 seriesには1-way向け・2-way向け・4-way向けがあるが、そのうち2012年第1四半期に登場するのが1-way向けでLGA2011を使用するXeon E5-1600と2-way向けでLGA2011を使用するXeon E5-2600である。今回Xeon E5-2600の価格が明らかになった。
[“SandyBridge-EP”―Xeon E5-2600の価格]の続きを読む
More next-gen GPU codenames revealed(VR-Zone)

ここ最近は次世代GPUのコードネームやブランドのリークネタに事欠かないが、今回NVIDIAの次世代GPUのコードネームとして新たにGK104というものが明らかになった。
GK104というコードネーム自体は今までの命名規則を踏まえると出てきても全くおかしくはない物である。このGK104はMobile向けのQuadroとなるN14Eにも用いられる物となる。
[GK104―“Kepler”世代のGPUのコードネームがまた1つ明らかに]の続きを読む
日本AMD、FX-8150/8120リテールボックスを11月4日に発
~FX-8150の空冷版も24,800円で11日より発売
(Impress PC Watch)
AMD,「FX-8150」「FX-8120」を11月4日発売。安価な「空冷版FX-8150」も11日発売へ(4Gmaer.net)
「何回でも言いますが、来るまで信じません」(10/27) ---某ショップ店員談(hermitage akihabara)

日本AMDは10月28日、8-coreのハイエンド向けCPUであるFX-8150とFX-8120のリテールBOXの発売日を明らかにした。

FX-8150の水冷クーラー同梱版とFX-8120(空冷クーラー付属)の発売予定日は11月4日となる。
また今回FX-8150の通常版ともなる空冷クーラー付属版についても発売日が明らかにされ、FX-8150の通常版は11月11日の発売となる。
[【発売日決定は】FX-8150/FX-8120は11月4日に発売予定【うれしいなって】]の続きを読む
Atom D2500 has significantly faster graphics (Fudzilla)

Atom D2500, D2700のサンプルは既に登場しており、プラットフォーム全体もまもなく出回るだろう。既にIntelのプライスリストにはAtom D2500, D2700は掲載されている。

そのAtom D2500, D2700であるが、CPU部分は前世代とそれほど変わっておらず、劇的に高速化されたわけではない。逆にGPU部分は大幅に改良され、前世代から大幅な性能向上がなされたという。ただドライバがくせ者で、現在Intelが提供してるドライバははっきり言ってしまえばタコな代物だ。

現在のIntelのドライバでは“Cedarview”のGPUはDirectX 9までしか対応できない。DirectX 10に対応できるようになるにはもう少しかかる。

ノートPC向けの“Cedarview-M”は2011年第4四半期後半となる。

・・・IntelにとってGPU周りのドライバはどうも鬼門のようです。

EVGA X79 FTW Motherboard Pictured - Bring On Sandy Bridge-E!(Legit Reviews)
EVGA X79 FTW Motherboard Pictured(techPowerUp!)

EVGAが“X79 FTW”の画像を掲載した。“X79 FTW”はE-ATXの“Super Record 3”、XL-ATXの“X79 Classified”に続く3番目のIntel X79搭載マザーボードとなり、規格は標準的なATXとなる。
主なターゲットはゲーマーやオーバークロッカーとなる。


電源回路は14-phase VRMとメモリ向けの4-phaseとなる。メモリは4ch DDR3対応スロットが4本となる。
[EVGAのX79搭載ATXマザーボード―“X79 FTW”]の続きを読む
ASUS reveals lineup of Intel X79 Express Chipset Motherboards(LegitReviews)
◇Rampage IV Extreme
ASUS Intel X79 Motherboards - P9X79, TUF, WS and ROG Rampage IV Extreme(Legit Reviews)
ASUS Rampage IV Extreme Cometh(techPowerUp!)
First Looks: ASUS ROG Rampage IV Extreme (Intel X79) - Hardcore is back!(VR-Zone)
◇TUF Sabertooth X79
ASUS TUF Sabertooth X79 Detailed, Too(techPowerUp!)
First Looks: ASUS TUF Sabertooth X79 - Stay Cool, Be TUF(VR-Zone)
◇P9X79 Deluxe, P9X79 Pro
ASUS P9X79 Deluxe Detailed(techPowerUp!)
First Looks: ASUS P9X79 Pro & Deluxe - Mainstream Boards, High End Features(VR-Zone)

ASUSは10月25日、LGA2011 CPU向けのIntel X79搭載マザーボードのラインナップを明らかにした。今回ASUSが明らかにしたX79搭載マザーボードは幅広いPCユーザー向けの“P9X79”シリーズ、ワークステーション向けで堅牢製を高めたTUF series、そしてハイエンドゲーマー・エンスージアスト向けのR.O.G.シリーズに属する“Rampage IV Extreme”がある。

以下に今回明らかになった4製品のスペックをまとめます。
[ASUSの4種類のIntel X79搭載マザーボード―“Rampage IV Extreme”他]の続きを読む
MSI reveals the Z68MA-G43 (G3) PCI-Express 3.0-enabled motherboard(TechConnect Magazine)
MSI Announces Z68MA-G43 (G3) PCI-Express Gen. 3 Ready mATX Motherboard(techPowerUp!)

MSIはPCI-Express 3.0に対応するエントリー向けのMicroATXマザーボード―“Z68MA-G43 (G3)”を開発している。

“Z68MA-G43 (G3)”はエントリー向けながらPCI-Express 3.0に対応し、さらにDDR3対応メモリスロットを4本搭載する。ストレージはS-ATA 6.0Gbpsが2ポート、S-ATA 3.0Gbpsが4ポートとなる。拡張スロットはPCI-Express 3.0 x16スロットが2本、PCI-Express x1スロットが2本となる。この他にはGigabit Ethernet、2ポートのUSB 3.0、7.1ch Audio、HDMI, DVI, D-subを搭載する。加えて、オーバークロック機能であるOC Genie IIや、UEFI BIOSを搭載する。
価格はまだ明らかになっていない。


スペックは以下の通り。
[MicroATXでPCI-Express 3.0に対応したMSIの“Z68MA-G43 (G3)”]の続きを読む
Faster ECC memories for servers coming(NordicHardware)

サーバーやワークステーション向けDDR3メモリの速度はこの2年半の間1333MHzにとどめられてきた。しかし、AMDとIntelの新たなサーバー向けCPUはより高い周波数をサポートしており、メモリメーカー各社はECCをサポートし、より高速動作するRAMの大量生産を開始しつつある。
[高速化するサーバー向けメモリ―DDR3-1866 ECCモジュールが視野に]の続きを読む
Report: AMD Brazos 2.0 in Q1 2012(VR-Zone)
AMD's "Brazos 2.0" platform unveiled(ComputerBase)

2011年1月のCESでAMDは“Brazos”プラットフォームをローンチした。この“Brazos”プラットフォームは一定の成功を収めたといえるが、2012年第1四半期にこの“Brazos”プラットフォームの更新が予定されている。それが“Brazos 2.0”である。
[“Brazos 2.0”なるプラットフォームが2012年第1四半期に予定されている]の続きを読む
Quartet of Gigabyte X79 motherboards slide into view(TechConnect Magazine)

“SandyBridge-E”のローンチが近づく中、その対応マザーボードの画像も姿を現しつつある。今回はGigabyteのIntel X79マザーボードの画像が明らかになった。現時点ではGigabyteは4種類のX79マザーボード―“G1.Assasin 2”、“X79-UD7”、“X79-UD5”、“X79-UD3”を予定している。
[Gigabyteの4種類のIntel X79搭載マザーボード]の続きを読む
New mobile AMD APUs sighted(CPU World)

“Konrad”と名乗るユーザーが3DCenter ForumにAMDのMobile製品のロードマップ図を投稿したのは1ヶ月ほどの前のことである。このロードマップ図には2012年後半までのAMDのMobile製品の製品移行図が描かれていた。そしてその中には現行の“Llano” APUと“Sabine”プラットフォームの新製品としてA8-3550MX, A8-3520M, A6-3430MX, A6-3420M, A4-3330MX, A4-3320M, A4-3305Mの記載があった。
そして今回、このロードマップに記載されていた未発表“Llano”がすべてHP Pavilion dv7 Notebook PC Maintnence Service Guideというファイルに掲載された。
[Mobile向け“Llano”の新モデル―A8-3550MX他]の続きを読む
Report: AMD Trinity details revealed(VR-Zone)
DH Special: AMD's code-named Trinity 2 Details of next-generation Fusion processor family(DonanimHaber.com)
AMD Trinity Detailed Further, Compatible with A75 Chipset(techPowerUp!)
Trinity to run on A75 chipset (Fudzilla)

DonanimHaber.comが第2世代のA series APUとして予定されている“Trinity”の情報を明らかにした。“Trinity”はCPUとして“Piledriver”コアを搭載し、第3世代のTurbo Coreに対応する。またGPUはVLIW 4系アーキテクチャの物となる。対応チップセットは“Llano”でも使われているA75 FCHがそのまま使えるが、対応SocketはSocketFM2となる。
[次世代A series APU―“Trinity”の詳細を記したスライドがリーク]の続きを読む
NVIDIA preparing revised GTX 560 Ti(VR-Zone)
Nvidia reportedly releasing GeForce GTX 560 Ti with 448 CUDA Cores(TechConnect Magazine)

28nmプロセスの新GPUが待たれる今日この頃であるが、NVIDIAは現行製品の主力であるGeForce GTX 560 Tiに更新を施すようだ。
2008年にはGeForce GTX 260が192spから216spに変更されたことがあったが、今回の更新もそれと似ている。現行のGeForce GTX 560 TiのCUDA core数は384であるが、新GeForce GTX 560 TiのCUDA core数は448となる。また新GeForce GTX 560 Tiは製品名こそ“GeForce GTX 560 Ti”であるものの、その中身はGeForce GTX 570と似たものとなる、つまり使用されるGPUコアはGF110となる。

[GF110でCUDA core数448のGeForce GTX 560 Tiが計画されているらしい]の続きを読む
AMD launching new platform for ultrabook-like products(DigiTimes)

AMDはこの2年間にUltrabookのカテゴリに入るであろう製品を計画している。そのプラットフォームとして2012年に“Deccan”が、2013年には“Kerala”が登場するという。

CPU全体で見たときのAMDのシェアは20%前後であるが、ノートPC向けCPUに限ると10%ほどしかない。AMDはUltrabookのような超薄型ノートPC向けの製品を準備し、ノートPC向けCPUにおけるシェア向上を目指すようだ。
[AMDの対Ultrabookプラットフォームが2012~2013年に登場するよう]の続きを読む
OFFICIAL: NVIDIA Confirms Tegra 3 "Kal-El" Name, Launch on November 9th(Bright Side Of News)

NVIDIAのCEOであるJen-Husn Huang氏はAsiaD conferenceでWalt Mossbergのインタビューに報じた。その中で同氏はT30(“Kal-El”)に関する興味深い話を明かしてくれた。

まず“Kal-El”の製品名だが、Jen-Husn氏は「NVIDIA最初の4-core processor―Tegra 3は“Kal-El”と呼ばれていた物だ」と述べた。つまり“Kal-El”の製品名はTegra 3となる。

“Kal-El”―Tegra 3のローンチ予定日に関してはNVIDIAからは明らかにされなかった。
しかしASUSのCEOであるJonny Shih氏が“Kal-El”を搭載した“Transformer Prime”タブレットを11月9日にローンチすると述べている。


Transformer Primeのローンチが11月9日であるならば、それに搭載される“Kal-El”も11月9日には正式発表されるだろうという話です。
“Kal-El”の製品名はTegra 3となり、極めて順当に命名された印象です。

TSMC says its 28nm process is in volume production(TechConnect Magazine)
TSMC's 28nm in volume production(VR-Zone)
TSMC 28 nm Technology in Volume Production(techPowerUp!)
TSMC,28nmプロセスで量産を開始(4Gamer.net)
TSMC 28nm Technology in Volume Production(TSMC)

TSMCは10月24日、28nmプロセスの大量生産開始を発表した。また28nmプロセスを用いた製品場ウエハの顧客への出荷も開始された。
[TSMC 28nmプロセス製品の大量生産開始を発表]の続きを読む
Intel rolls out the Core i7-2700K, cuts a few prices(TechConnect Magazine)
Intel launches the Core i7-2700K, reduces pricing on some CPUs(VR-Zone)
Intel Releases Core i7-2700K Processor(techPowerUp!)
Intel launches Core i7-2700K with higher price than 2600K(NordicHardware)
Intel launches Core i7-2700K, drops prices on three CPUs(CPU World)
SandyBridgeが最速更新、Core i7-2700Kが発売に 動作クロック3.5GHz、TB時3.9GHz(AKIBA PC Hotline!)

Intelは10月24日、Core i7 2700Kをローンチした。またCore i7 2700Kの正式発表に合わせてデスクトップ向けCPUのラインナップの更新が行われ、下位モデルにおいては小幅ながら価格改定が行われ、13~15%ほどの値下げが行われた。
[Core i7 2700Kが正式発表される―秋葉原でも販売開始]の続きを読む
◇“Bulldozer”アーキテクチャを採用したFX-6100, FX-4100が発売される
AMD FXの4コア/6コアが発売に、9,800円から 「Bulldozer」CPUが初登場、全てBlack Edition(AKIBA PC Hotline!)
“ZAMBEZI”こと「AMD FX」シリーズの販売が本日解禁(ASCII.jp)

“Bulldozer”アーキテクチャのデスクトップCPUとなるFX seriesの単品販売が10月23日より開始された。今回単品販売が開始されたのは6-core,3-module / 3.30GHzのFX-6100と4-core,2-module / 3.60GHzのFX-4100である。価格はFX-6100が15000円前後、FX-4100が10000円弱となっている。
TDPはどちらも95Wとなる。


先週のイベントのアナウンス通りFX seriesの下位モデルであるFX-6100とFX-4100の単品販売が開始されました。
上位モデルで8-core,4-moduleとなるFX-8150, FX-8120に関してはまだ単品販売開始予定日は明らかにされていません。FX-8150に関してはBTO PCに組み込まれた形では販売されているため、入手不可能というわけではないですが、自作ユーザーとしては単品で手に入れたいものでしょう。
[2011年10月第4週の秋葉原の新製品―FX-6100, FX-4100他]の続きを読む
Intel expected to unveil 22nm Ivy Bridge CPUs in March 2012(DigiTimes)
Report: Ivy Bridge could debut in March(The Tech Report)

Intelは22nmプロセスの“IvyBridge”を早ければ2012年3月にリリースする見込みだ。最初に登場するのは2-coreと4-coreのモデルとなる。

4-coreの“IvyBridge”はTDP77W, 65W, 45Wで、2-coreはTDP55W, 35Wで登場する。

“IvyBridge”と対になる7 seriesチップセットはデスクトップ向けがIntel Z77, Z75, H77の3種類が登場し、ビジネス向けがQ77, Q75, B75の3種類が登場する。

“IvyBridge”の登場時期に関しては前々から3~4月と言われていましたが、今回は3月と時期の幅がやや狭まった印象です。
TDPやチップセットについては既報通りです。4-coreの通常版のTDPが77Wに下がったのが非常に印象的ですが、2-coreの通常版も現在のTDP65Wから55Wに引き下げられており、4-core同様2-coreも低発熱化と省電力化が期待できそうです。

AMD Bulldozer B3 stepping in development (NordicHardware)
AMD Bulldozer B3 Stepping Due(bit-tech)

AMD FX seriesが先週にローンチされたが、残念ながら期待に添う物ではなかった。性能も期待されていたほどでもなく、消費電力についても同様であった。
AMDの資料を見るとこの第1世代“Bulldozer”には新しいB3 steppingなる物が存在し、ひょっとするとこのB3 steppingが“Bulldozer”の抱える問題の一部を解決してくれる物になるかもしれない。

[第1世代“Bulldozer”のB3 steppingの話]の続きを読む
NVIDIA boss details Tegra future(HEXUS)

NVIDIAのCEOであるJen-Hsun Huang氏は10月20日。ARMベースのProcessorであるTegraが3世代にわたり、NVIDIAのラボで開発されていることを明らかにした。
直近でリリースされるのは“Kal-El”―Tegra 3となりCortex-A9ベースの4-core processorとなり11月が予定されている。そしてこの後3世代の開発も行われている。


以下に表にして示します。
[NVIDIAが描くTegraの未来]の続きを読む
AMD E2-3200 is shipped in HP PCs, New Llano core revision(CPU World)

当初予定されていたデスクトップ向け“Llano”第1弾のラインナップは7種類で、うち6種類がA series APU、1種類がE2 series APUであった。このうちA series APUは2011年第3四半期に登場したが、A6-3600とA8-3800についてはどこを見ても在庫がないような状態である。一方Dual-coreのE2-3200 APUは第4四半期予定となり、今のところはまだ市場には出回っていない。A8-3800, A6-3600, E2-3200については今現在ショップではその姿を見かけない状態である。
しかし、今回HPの“TouchSmart 320m series”のAll-in-One PCにA8-3800 APUとA6-3600 APUが搭載され、さらに“TouchSmart 520z”やPavilion p7z、GatewayのSX2370にもA8-3800, A6-3600の姿が見られるようになった。
[E2-3200 APUと“Llano”の新リビジョン]の続きを読む
AMD and BlueStacks join forces to bring Android apps to x86-based tablets and PCs(DigiTimes)
AMD and BlueStacks Join Forces to Bring Android Apps to x86-based Tablets and PCs(techPowerUp!)

AMDはソフトウェアを開発するベンチャー企業であるBlueStacksとの提携を発表した。BlueStacksはAndroidアプリケーションをMicrosoft Windowsベースのシステムでより高速にかつより大きな画面で動作させることが出来るようにするソリューションを提供している。
 
AMDとBlueStacksWindows向けのBlueStacks APP PlayerをAMDのAPUおよびVision technologyを搭載したタブレットやノートPCに最適化する。BlueStacksのソフトウェアとAMDの技術により、ユーザーは気に入ったAndroidアプリケーションをAMDシステム搭載のWindowsシステムでも使用することが出来るようになる。

これでAndroid向けだったぺしぺしikinaがWindowsでも・・・!?
まあFlash版は既にあるのですが。

EVGA going all out for Sandy Bridge E, preps dual-socket LGA2011 board(TechConnect Magazine)
EVGA SR3 'Super Record 3' Motherboard Pictured(Legit Reviews)
EVGA SR3 (Super Record 3) Cometh(VR-Zone)
Further EVGA LGA2011 mainboard pictured(HEXUS)
EVGA SR3 Super Record 3 Motherboard Pictured(techPowerUp!)
EVGA Teases X79 Based Dual LGA 2011 Socket Motherboard, Replacement for SR-2?(WCCF Tech)

Dual-CPU環境をこよなく愛するユーザーに朗報である。EVGAは現行の“SR-2”の後継となるDual-socketマザー―その名も“Super Record 3”を予定している。今回その“Super Record 3”のイメージ図がEVGAのWebサイトに掲載された。このマザーボードはS-ATAを合計で14ポート搭載、PCI-Express x16スロットは7本搭載で、4-way SLIに対応、そしてコンデンサにはPOSCAPを100%使用する。
[“SR-2”後継となるEVGAのLGA2011 Dual-socketマザー]の続きを読む
Intel Begins Volume Production of 22nm Microprocessors.(X-bit labs)

Intelは10月18日、22nmプロセスを用いたCPUである“IvyBridge”の量産が第3四半期中に開始されたことを明らかにした。

IntelのCEOであるPaul Otellini氏がフィナンシャルアナリスト向けのカンファレンスコールで次のように語った。
「Intelは第3四半期中に22nmプロセスの“IvyBridge”の量産を開始した。22nmプロセスでは3D transistorが用いられ、省電力化や高性能化、そして高密度化に寄与することになるだろう」

[Intelは既に22nmプロセスCPUの生産を開始している]の続きを読む