北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇Corsair
Corsair Shows Off SF Line of SFX PSUs(techPowerUp!)

CorsairはSF seriesで完全にモジュラー化されたSFX電源を用意している。そしてCESでその600W版が展示された。

掲載された写真にはSF seriesとあり600WATTの表記とSF600という製品名が書かれています。そして80 Plus GOLDのロゴも見られます。

やや見難いものの、箱の上面にはケーブルの構成が書かれておりATX 24-pinケーブルとEPS/ATX 8-pinケーブル、PCI-Express 8-pin(6+2pin)ケーブル、SATAケーブル、ペリフェラル4-pinケーブルが用意されます。各ケーブルの本数まではわからないものの、これらは全てplug-in方式となっており、電源の写真を見る限りではATX 24-pinとEPS 8-pinは1本ずつ、PCI-Express 8-pinは2本、SATAとペリフェラル4-pinは合計で3本の構成になりそうです。

このSF series SFX電源は複数ラインナップが2016年中に投入される模様です。
[CESで展示されたCorsairとSilverStoneのSFX電源]の続きを読む
Zotac adds Broadwell CPUs to a pair of Zbox Nanos(The Tech Report)
Broadwell processors into the ZBOX mini-PC family(Guru3D)
Zotac ZBOX gets Broadwell makeover(Fudzilla)
Broadwell-U搭載の超小型ベアボーン、ZOTAC「ZBOX MI522/MI542 nano」(hermitage akihabara)
ZOTAC clocks in new mini-PCs with latest CPU technology(ZOTAC)

ZOTACは4月8日、“Broadwell”を搭載する小型PCであるZbox nanoの新製品を2種類発表した。下位のZbox MI522 nanoはCore i3 5010Uを搭載し、上位のZbox MI542 nanoはCore i5 5200Uを搭載する。
[ZOTAC “Broadwell”を搭載する小型PC―Zbox MI522 nano, MI542 nano]の続きを読む
Dirac Launches Tesla Cube Series 550W and 650W SFX Power Supplies(techPowerUp!)
ディラック、550W/650Wのプラグイン式SFX電源(Impress PC Watch)
SFXで過去最大クラス、容量650Wの電源が近日発売(AKIBA PC Hotline!)
TESLA CUBE SFX Series(Dirac)

Diracは7月4日、SFX規格ながら高容量が特徴の電源ユニット―Tesla Cube SFX seriesを発表した。Tesla Cube SFX seriesは容量550Wと650Wの製品がラインナップされ、ハイエンドグラフィックカード1枚、あるいはPerformace帯のグラフィックカードが2枚程度であれば十分な電源供給を可能としている。+12Vのラインは1系統となる。80Plus GOLD基準を満たしている。ケーブルは完全なプラグイン式となっている。規格はSFXであるが、標準的なATXケースにも取り付け可能なアダプタが付属している。ケーブルは24 pin ATX, 4+4 pin EPS, 6+2 pin PCIe×2, SATA×6, ペリフェラル4 pin/FDD 4 pinとなる。高容量のSFX電源としてはSilverstoneのSX600-Gがあったが、今回の650WのTesla Cube SFXはこの容量を超えるものとなる。

550Wまたは650Wという高容量が特徴のSFX電源です。80Plus GOLD基準を満たしていることも特徴となります。発売は7月17日が予定されており、価格は550Wが14000円前後、650Wが17000円前後となる見込みです。
Asus unveils tiny, Haswell-powered Chrome OS desktop(The Tech Report)
The ASUS Chromebox Will Be Available in March(PC Perspective)
ASUS Chromebox Is Intel Powered, Fanless and Starts at $179(Legit Reviews)
ASUS Chromebox: Fanless Haswell in a NUC-like Form Factor, Starting at $179(AnandTech)
Asus announces Haswell-based Chromeboxes(bit-tech.net)

昨年9月のIDFでIntelは“Haswell”を搭載したChrome OS搭載PCをいくつか展示していた。そしてその1つにASUSの小型デスクトップPCがあった。そして今日、ASUSはこのChrome OS搭載小型PCを正式に発表した。製品名はASUS Chromeboxとなる。
[ASUS “Haswell”とChrome OSを搭載する小型PCを3月にリリース予定]の続きを読む
Gigabyte's Brix Pro mini PC has quad-core Haswell with GT3e graphics(The Tech Report)
Gigabyte BRIX Pro Detailed(techPowerUp!)
GIGABYTE BRIX Pro: A First Look at the Intel i7-4770R with Iris Pro HD 5200(AnandTech)

Gigabyteが昨年9月のIDFでIris Pro 5200を搭載するCore i7 / i5を採用したスモールフォームファクタPCを展示していたのを覚えているだろうか? このCore i7 / i5 4000R seriesを搭載した小型PC―“Brix Pro”の準備がようやく整い、最終版がお披露目された。

Brix Proのケースは寸法は114.4×114.4×62mmで、IntelのNUCとよく似た外観である。しかしBrix Proの方が丈が高い。そして搭載するハードウェアはNUCより遥かに強力である。NUCがUltrabookに使われているTDP15WのU series CPUを搭載するのに対し、Brix ProはTDP65Wの4-core CPUを搭載できる。具体的にはCore i7 4770Rまたはi5 4570Rを選択できる。Core i7 4770RはCPU周波数が3.20GHz / TB 3.90GHz、Core i5 4570Rの周波数は2.70GHz / TB 3.20GHzとなる。Core i7の場合はHyeprThreading technologyにより4-coreで8-thread動作となる。Core i5は4-core/4-thread動作である。
[Gigabyte Core i7 4770Rまたはi5 4570Rを搭載する“Brix Pro”]の続きを読む
Gigabyte debuts BRIX Projector Compact PC(Hardware-Info.us)

GigabyteはBRIX seriesのラインナップを拡充し、新たにBRIX Projector Compact PCを加えた。BRIX Projectorは75 lumen LEDバックライトを搭載したミニプロジェクタとステレオスピーカで構成されるプロジェクタ部分とCore i3 4010Uを搭載するコンパクトPCの部分から構成される。I/OとしてはHDMI, MiniDisplayPort, USB 3.0(4ポート)、デジタル光学オーディオを備える。
[Gigabyte プロジェクター機能を備えた“BRIX Projector”]の続きを読む
Lian Li Announces New PC-Q13 Curved Chassis(techPowerUp!)
Lian Li launches weirdest PC-Q13 chassis evah ! (Guru3D)
MINI-Q PC-Q30(Lian Li)

Lian Liは5月14日、アルミニウム製Mini-ITX / Mini-DTX対応ケースの新製品となる“PC-Q30”を発表した。“PC-Q30”はカーブした形状が特徴で、大型のアクリル製前面窓を配し、内部のシステムが見える構造となっている。また、あらゆる空間にマッチすると謳っており、リビングや寝室、オフィスなどでも、局面デザインとアルミニウムのBrushed仕上げが風景になじむとしている。
[カーブした形状が特徴のLian LiのMini-ITX / Mini-DTXケース―“PC-Q30”]の続きを読む
SilverStone PSU support list for Haswell CPUs(Silverstone / PDFファイル)
Seasonic Power Supplies Ready for Intel's Haswell Processors(Seasonic)

Enermax, Corsairに続き、SilverstoneとSeasonicも“Haswell”に対応する電源のリストを公開しています。

Silverstoneで“Haswell”対応とされた電源は39種類です。
2013年5月13日時点でSilverstoneのWebサイトに掲載されている現行製品のうちStrider, Nightjar, SFX, Zeus seriesは全て、Gemini seriesもST46GF(V3)を除く全ての名が掲載されています。

Seasonicは21種類が“Haswell”対応として挙げられており、Productsの項目の“Retail”のページにある電源のうち、Platinum series, X series, G seriesの全てと、M12II Bronze series EVO editionのうち850Wと750Wモデルが対象となっています。
SilverStone Raven RV04 Chassis Detailed(techPowerUp!)

SilverStoneの新たなフラッグシップとなるケース―“Raven RV04”の写真が明らかになった。Raven RV04の外観はRaven RV03から大幅に変更されており、金色のアクセントが廃止される一方で全面はより曲線的となっている。最も大きな変更は内部構造でRaven RV03ではマザーボードベースが90度回転したものとなっていたが、Raven RV04ではBTXを思わせるような180度反転した構造となっている。最近のトレンドである着脱可能なドライブベイが採用されており、長いグラフィックカードを挿すことが出来る。マザーボードはATX, E-ATX, SSI-CEBに対応する。

ドライブベイは5.25インチベイが2つ、3.5インチ内部ベイが7つ。2.5インチベイが4つ搭載される。3.5インチベイのうち2つはホットスワップに対応する。CPUクーラーは高さ165mmまで、電源ユニットは奥行き180mmまで、グラフィックカードは長さ337mm・高さ170mmまで対応する。フロントパネルにはUSB 3.0ポート2基とAudo jackが据えられている。冷却であるが前面に180mmファンが2基、背面に120mmファンが1基取り付けられている。

ケース全体の寸法は219×581×497mm (Width×Hight×Depth) で、重量は約11kgとなる。材質はSECC steelとABS plasticである。バリエーションは2種類あり、サイドパネルに窓がない“SST-RV04B”とアクリル製の窓が取り付けられた“SST-RV04B-W”がある。

大型・重量級のケースで、E-ATXにも対応します。マザーボードの配置が上下反転した形となるのが特徴で、CPUが下側に、拡張カードが上側に配置されます。

Corsair has, well, Haswell PSU support chart(PC Perspective)
Corsair Publishes List of Intel Core i “Haswell”-Compatible Power Supply Units(X-bit labs)
Corsair sheds light on Haswell PSU support, lists compatible units(The Tech Report)
Haswell compatibility with Corsair power supplies(Corsair / Corsair Blog)

“Haswell”で導入される超低消費電力Power stateの話題が先週頃より議論となっており、特に現行の電源ユニットで対応できるか否かが焦点となっている。“Haswell”のC6/C7 stateでは12Vで0.05A(=0.6W)を安定して供給できる必要があるが、電源メーカーはその対応について沈黙を保っているつもりはないようで、先日Enermaxがこの新しい要件に対応できる電源ユニットのリストを公開した。

そして5月10日にはこれに続いてCorsairが電源製品の“Haswell”対応状況のリストを公開した。同社はまた今後の新製品ではC6/C7 sleep stateに対応していくとしている。

Enermaxに続いて、Corsairからも電源の“Haswell”対応状況が掲載されました。個々のモデル名に関してはここでは取り上げません。
[Corsair “Haswell”対応電源のリストを公開]の続きを読む
Enermax lists Haswell-ready PSUs(The Tech Report)
Enermax Power Supplies Are Ready For New Haswell CPU Sleep States(PC Perspective)
Enermax power supplies are ready for forthcoming Intel(R) Haswell(TM) CPUs(Enermax)

“Haswell”で新たに導入されるC6/C7 sleep stateでは12Vで0.05Aを供給できる必要があるという。そして現行の電源ユニットでは12Vで0.05A / 0.6Wという低電力の供給に問題が生じるケースがあるというケースが指摘された。この問題に関する顧客の混乱を晴らすべく、Enermaxが“Haswell”のC6/C7 stateをサポートする電源のリストを公開した。

このリストは「現行のハイエンドからミドルレンジモデル全て」に及んでいる。Enermaxによるとこれらの電源ユニットではDC-DC converterにより、0Wに近い負荷でも盤石の安定性で電圧供給を行うことが出来ると述べている。

掲載されている電源の種類は30種類以上に及びます。数が多いのでここでその型番を列挙することはしません。詳細はEnermaxのWebサイトをご参照ください。

・・・その他の電源メーカーもこれに続くでしょうか?

Noctua introduces NF-S12A 120 mm fan(Hardware-Infos.us)
Noctua Announces NF-S12A 120mm Case Fan(Legit Reviews)
Noctua Introduces the NF-S12A 120 mm Fan(techPowerUp!)

Noctuaは2月12日、S12 seriesケースファンの第3世代となる“NF-S12A”を発表した。

“NF-S12A”はブレードを改良したファンでを搭載し、Anti-Stall KnobsとAAO (Advanced Acoustic Opimsation) frameと呼ばれる機構を採用している。そして低騒音ながらより高い冷却性能を実現している。“NF-S12A”は3種類が用意される。
[Noctua 120mmのケースファンの新製品―“NF-S12A”]の続きを読む
◇PC-A75X, PC-A76X
Lian Li Debuts Two New Full Tower HPTX Cases – PC-A75X & PC-A76X(Legit Reviews)
Lian-Li Debuts Two New Full Tower Cases - PC-A75X and PC-A76X(techPowerUp!)

Lian-Liはフルタワーケースの新製品として“PC-A75X”と“PC-A76X”をアナウンスした。どちらも13.6×15インチのHPTX規格を搭載することが出来る。

“PC-A75X”と“PC-A76X”は内部構造はどちらも共通であるが、外観が異なっており、“PC-A76X”の前面はフラットな外観を実現すべく扉がつけられているが、“PC-A75X”は扉なしである。

内部構造であるが搭載できるストレージの数は3.5インチHDDが最大12台、2.5インチSSDは3.5インチベイを使用することで最大3台搭載できるようになっている。これらのドライブベイは振動を抑えるマウンタとツールレスなスライドロック機構により簡単にストレージを正しい位置に搭載できるようになっている。
[Lian-LiのHPTX対応ケースの話題2題―PC-A75X, PC-A76X, PC-D8000]の続きを読む
Lian Li Announces Silent ATX Chassis - PC-B12(techPowerUp!)
Lian Li announces the PC-B12(bit-tech.net)

Lian-Liは7月26日、ATXに対応するアルミニウム製ケースの新製品となる“PC-B12”を発表した。PC-B12は騒音を最小限にするための様々な機構を備えたケースで、吸気口を底面に配置して外気を底面より取り込むような構造となっている。一方で前面には吸気口はなく、代わりに140mmのファンが2基設置され、底面の120mmの吸気口から外気を取り込むのを補助している。背面には120mmのファンが取り付けられているが、排気口にはケースからせり出すような覆いが取り付けられている。これにより騒音の低下だけでなく、熱気を直接室内にばらまかないようにしている。

その他の細かいスペックは以下にまとめました。
[Lian-Li 静音性を重視したATXケース―PC-B12を発表]の続きを読む
Lian Li Announces PC-X2000FN Tall and Slim EATX Chassis(Legit Reviews)
Lian Li Announces PC-X2000FN Slim EATX Chassis(techPowerUp!)

Lian-LiはE-ATXに対応するケース―“PC-X2000FN”を発表した。“PC-X2000FN”はスリムで背の高い外観が特徴であり、ベゼルや通風口などを省き1枚板とした全面が優雅さを醸し出している。

“PC-X2000FN”の寸法は69.3cm×24cm(高さ×幅)である。上部は5インチ・3.5インチ・2.5インチそれぞれのドライブを収納する領域となっている。中央部はマザーボードを入れる領域で、E-ATXまでに対応する。マザーボードの背面の空間とゴム製グロメットにより、ケーブル配線のスペースをゆったりと確保している。
そして下部の領域は3.5インチHDDと電源を収納する領域となる。


“PC-X2000FN”が収納できるドライブは3.5インチHDDは上部に4台、下部に3台である。2.5インチドライブは上部に3台が搭載可能である。また中央の領域に3.5インチHDDを2台または3.5インチHDDと2.5インチストレージ1台ずつを搭載可能である。
価格は$500前後となる見込みだ。


内部の写真はtechPowerUp!に掲載されており、それを見て頂くとこのケースの構造がよく分かります。光学ドライブは向かって左側面に開口する形となり、前面にはドライブベイや吸気口など一切ありません。内部は上部・中部・下部の3領域構造となり、中部にマザーボードが収納される形となります。E-ATX対応とありますが、拡張スロットは10本分が用意されており、ひょっとするとXL-ATXなどの特殊規格にも対応するのかもしれません。

Lian Li Outs PC-V750 E-ATX Chassis(VR-Zone)
Lian Li Announces EATX Supported Chassis with Front Placed PSU - PC-V750(techPowerUp!)
PC-V750(Lian Li)

Lian Liは6月25日、“PC-V750”をアナウンスした。この“PC-V750”はアルミニウム製のE-ATX対応ケースで、電源が前方に位置することが特徴である。これによりエンスージアストが満足する拡張性を有しつつも、サイズを縮小させている。
[Lian Li E-ATX対応のアルミ製ケース―“PC-V750”]の続きを読む
Lian Li Announces Two New Brushed Aluminum Cases(techPowerUp!)

Lian-Liは5月31日、アルミニウム製PCケースの新製品として“PC-V355”と“PC-A55”をアナウンスした。
“PC-V355”はMicroATX対応のケース、“PC-A55”はATX対応のスリムケースとなるが、どちらもLian-Liらしいアルミニウムのフレームを仕様し、ツールレス機構を搭載したケースである。


以下に“PC-V355”と“PC-A55”の基本スペックをまとめます。
[Lian-Li アルミ製PCケースの新製品―“PC-V355”と“PC-A55”を発表]の続きを読む
Lian Li Announces PC-TU200 Mini-ITX Chassis(techPowerUp!)
Lian Li PC-TU200 chassis arrives(HEXUS)

Lian-Liは9月22日、Mini-ITX, DTX対応のミニタワーケース―“PC-TU200”をアナウンスした。色はBlackとSilverが用意される。
オールアルミニウム製で、重量は3.15kgと軽量化されている。


スペックは以下の通り。
[Lian-LiのMini-ITX対応ミニタワーケース―“PC-TU200”]の続きを読む
Lian Li unveils the PC-90 full tower PC case(TechConnect Magazine)

Lian-LiはフルタワーPCケースの新製品となる“PC-90”(The Hammerとも呼ばれていた)を発表した。このケースは独特なHDD / SDDのマウントシステムが特徴で、左側に2個のトレイがあり、そこにストレージを垂直方向に搭載する形となる。

“PC-90”の大きさは230(W)×512(H)×489(D)mmで、重量は6.6kgである。マザーボードはMini-ITXからE-ATXまでとHPTXに対応する。
全面には2本のUSB 3.0と1本のeS-ATA、2本のAudioポートを備える。5.25インチベイは2個である。ファンは140mmの物が前面に2基、120mmのものが背面に1基取り付けられている。
価格は$219で来月に店頭販売が開始される予定である。


その「独特なストレージ搭載機構」についてはリンク先の写真を見てもらうのが一番わかりやすいと思いますが、通常のケースのように前側に水平方向に設置されたストレージが層状に搭載されるのではなく、左側に取り付けられた2個のマウンタに3台ずつストレージが横に並び、それが垂直方向に取り付けられます。
つまり、このケースにHDDを6台分取り付けると左側の板を外すとHDDの壁が現れるような形となります。

・・・余談ですが、TechConnect Magazineの写真にはMaxtorのHDDがさりげなく紛れ込んでおり、その他のHDDもなんとなく年代を感じさせるものとなっています。

Lian Li debuts the PC-V600F mini-tower PC case(TechConnect Magazine)
Lian Li Announces the PC-V600F High-End Mini Tower Computer Case(techPowerUp!)

Lian Liは7月5日、フルアルミ製のミニタワーケース―“PC-V600F”を正式発表した。“PC-V600F”は黒、赤、銀の3種類のカラーバリエーションが用意される。対応するマザーボードはMicroATXまたはMini-ITXとなる。

“PC-V600F”の寸法は190(W)×390(H)×470(D)mm、重量は5kgとなる。上面にあるI/OパネルにはUSB 3.0×2とeS-ATA×1そしてAudioコネクタを備える。ベイの構成は5インチ:2 / 3.5インチ:5 / 2.5インチ:2となる。冷却ファンは120mmの物を3基搭載できる。

“PC-V600F”は既に出荷が開始されており、価格は$225前後となる。

Lian Liらしいケースです。内部ベイは取り外しが可能な構造のようで、この構造を有効活用することにより最大370mmのグラフィックカードを搭載できます。