北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Swedish website broke the news Intel ready to release i3-7360X(Baidu)

BaiduにLGA2066対応のCore i3 7360Xなるものが紹介されています。

情報元はスウェーデンのWebサイトらしいですが、上記からその元をたどることは出来ません。

そのCore i3 7360Xのスペックですが 2-core,4-thread / 4.30GHz / L3=4MB / TDP112W で周波数がCore i3 7350Kよりも100MHz高いこと、LGA2066に対応すること、TDPを除けば既存のCore i3 7300 seriesのスペックに準じています。ただし、掲載されている写真には、“QM72 4.00GHz”の刻印があり、周波数4.30GHzを裏付けるものは少なくとも上記を見る限りではありません。
[【怪情報】LGA2066対応のCore i3 7360X?]の続きを読む
Intel shows off 10-nm Cannon Lake wafer and talks process tech(The Tech Report)
Intel shows off 10nm Cannon Lake wafer at Beijing event(bit-tech.net)

Intelは9月19日、北京でtechnology and manufacturing eventを開催し、最先端のシリコン製造技術を明らかにした。最も興味深いのは同社の次世代プロセスとなる10nmプロセス技術で製造された“Cannon Lake”のシリコンウエハが披露されたことである。同社は10nmプロセスでのField-programable gate arreys (FPGA) の製造計画も明らかにした。加えて、さらにデータセンター向けとして64層3D NAND Flashの出荷が開始されたことも明らかにした。
[【Intel】“Cannon Lake”のウエハをお披露目、製造プロセス技術について説明]の続きを読む
Intel reschedules Cannon Lake launch to year-end 2018, say sources(DigiTimes)
Intel Delays 10nm Cannon Lake CPUs To End Of 2018(WCCF Tech)

上流サプライチェーン筋の情報によると、Intelは10nmプロセスの“Cannon Lake”を2018年末に更に延期し、ノートPCのベンダーやサプライヤーに影響が出ているという。

“Cannon Lake”世代をスキップし、次の“Ice Lake”世代に注力するベンダーも出てきている、と続けていますが、最初の10nmプロセスCPUとなる“Cannon Lake”が2018年末に更に延期されるというこの話が本当ならば、“Ice Lake”を待つどころの騒ぎではないように思えます。
[“Cannon Lake”が2018年末に更に延期されたという噂]の続きを読む
Intel NUC Roadmap: Coffee Lake and Kaby Lake with discrete graphics from Q2 / 2018(ComputerBase.de)
Intel NUC Roadmap 2018 – 2019 – Gemini Lake, Coffee Lake, and Kaby Lake H(CNXSOFT)

Intelの小型PCであるNUCのロードマップが明らかになった。これによると2018年のNUCのフラッグシップモデルは“KabyLake-H”に単体GPUを組み合わせた物となる。また“Coffee Lake”や“Gemini Lake”を搭載した物も登場する模様である。

上から順に見ていきます。
[Intel 2018年のNUCロードマップ]の続きを読む
Intel's 18-core Core i9-7980XE Benchmarks Surface(techPowerUp!)
Core i9-7980XE 18-core Benchmarks(Guru3D)
Early benchmarks results for Intel's i9-7980XE have leaked online(OC3D)
Intel Core i9-7980XE early benchmarks(VideoCardz)

Core i9 7980XEはCore X seriesの最上位で18-core/36-threadの製品となる。今回、このCore i9 7980XEのサンプルを用いたベンチマークが掲載された。

ベンチマークを掲載したのはCoolenjoyと呼ばれるWebサイトで、マザーボードはASUSのAPEXが使われています。IntelはCore i9 7980XEのレビュワー向けサンプルを配布していない模様で、これがどこから出てきたのか等、怪しい点はありますが、発売前の未確定情報と認識して見る分には良いでしょう。
[Core i9 7980XEのベンチマークがリーク]の続きを読む
Coffee Lake more than two core is only anecdotes, Intel may be brewing 8 core products(BenchLife.info)

“Coffee Lake-S”世代となる第8世代Core seriesにさらに2つのコアが追加されるという情報が入っている。来年のどこかで、Intelは8-core/16-threadの製品を追加するだろう。

この話の出所はIntelのサポート資料です。BenchLife.infoにその資料の一部をスクリーンショットしたものが掲載されていますが、その5項目目にこのような記述があります。
[8-coreの“Coffee Lake”の可能性]の続きを読む
Intel Ice Lake: Whitley follows Purley, 10 nm from notebook to server(ComputerBase.de)

Intelの第1世代の10nmプロセスProcessorである“Cannon Lake”は大幅に遅れたが、第2世代の“Ice Lake”はスケジュール通りに進んでいる。Intelは“Ice Lake”をMobileからサーバーまで展開する見込みで、サーバー向けにおいては現在のプラットフォーム―“Purley”の後継となる“Whitley”プラットフォームとともに登場する。

デスクトップ向けにおいては“Ice Lake”世代で最大8-coreが登場するという話も出てきており、来年後半のZ390チップセットで対応すると噂されています。Z370を除くIntel 300 seriesチップセットは“Cannon Lake PCH”と呼ばれていますが、これとは別に“Ice Lake PCH-H”の名を冠するチップセットもロードマップ上にはあるようです。これが300 seriesとどう異なるのかは不明です。
[Mobileからサーバーまでをカバーする“Ice Lake”]の続きを読む
Intel Z390 to support 8C/16T CPUs in H2 2018(VideoCardz)
Intel To Launch Ice Lake 8 Core, 16 Thread Mainstream CPUs in Second Half of 2018 – Will Feature Support on 300 Series Platform(WCCF Tech)
Intel Ice Lake: 10-nm CPUs bring eight cores into the mass market(ComputerBase.de)

Intelが“Cannon Lake”に多大なリソースを割いていたのは公然の秘密であるが、10nmプロセスの遅延により、2年の遅れを経て“Cannon Lake”はMobile向けに限定されることになってしまった。そして10nmプロセスが全体に行き渡るのはその次の“Ice Lake”となる。この“Ice Lake”では8-coreがメインストリーム市場にもたらされることになる。

ノートPC製造業者であるEurocomは2018年までの見通しを明らかにしている。同社はZ370チップセットをスキップしてZ390チップセットに集中する。Z390は2018年末に予定されている真の新型チップセットのフラッグシップモデルである。そしてEurocomは8-core/16-thread CPUがメインストリーム向けにもたらされると発言している。

そのEurocomの発言が以下となります。
[“Ice Lake”世代で8-core/16-threadがメインストリームにもたらされる模様]の続きを読む
Intel Launches New "Dawson Canyon" NUC Chassis, Boards(techPowerUp!)
Intel launches Dawson Canyon NUC (FanlessTech)
Products formerly Dawson Canyon(Intel ARK)

Intelは“Dawson Canyon”のコードネームで呼ばれていたNUC及びそのマザーボードをリリースした。“Dawson Canyon”に搭載されるCPUはTDP15Wの第7世代Core i processorでCore i3 7100U(2-core/4-thread, 2.40GHz, L3=3MB)またはCore i5 7300U(2-core/4-thread, 2.60GHz/TB 3.50GHz, L3=3MB)が搭載される。

型番は以下の通りです。
[新型のNUC―“Dawson Canyon”が発表される]の続きを読む
◇Core i7 8700Kのベンチマークスコア
First Intel Core i7-8700K benchmarks leaked(VideoCardz)
Retail Core i7-8700K Surfaces on Geekbench Database(techPowerUp!)
EVGA INTERNATIONAL CO.,LTD Default string(GeekBench Database)

デスクトップ向けの“Coffee Lake-S”の最上位となるであろうCore i7 8700Kのベンチマークスコアが掲載されています。掲載されたのはCineBench R15とGeekBenchのスコアです。
[“Coffee Lake”の話題2題―Core i7 8700Kのベンチマークスコア 他]の続きを読む
Details of Intel "Coffee Lake-S" CPUs surface on the ASRock website(CPU World)
ASRock confirms Coffee Lake-S on 1151 socket(VideoCardz)

デスクトップ向けの第8世代Core i seriesとなる“Coffee Lake-S”は今秋に予定されていますが、ASRockのLGA1151 CPU support listに“Coffee Lake-S”が6モデル掲載されていたようです。2017年9月10日0時時点では当該ページからは“Coffee Lake-S”の項目は削除されていますが、いくつかのメディアにスクリーンショットが掲載されています。

そのスペック自体は今までのリークとそれ程変わりません。
[ASRockのCPU support listに“Coffee Lake-S”が掲載される]の続きを読む
Intel Skylake-X HCC CPU Delidded by Der8auer, also not Soldered(techPowerUp!)
Der8auer delids Intel 12 and/or 18 core Skylake-X CPUs(Guru3D)
Der8auer delids a Core i9-7920X(The Tech Report)
Der8auer successfully delids Intel's 12-18 core Skylake-X CPUs (OC3D)

有名なオーバークロッカーであるDer8auer氏がFacebookにIntelの12-core CPUであるCore i9 7920Xのヒートスプレッダを剥がした写真を掲載した。
[Core i9 7920Xのヒートスプレッダをはがした話]の続きを読む
Rumor: Intel i7-8700K to launch on 5th October(VideoCardz)

10月5日が第8世代Core i seriesが解禁され、またこの10月5日がリテール向けのローンチ日といわれている。ただし、10月5日にリテール市場で販売されるかどうかまではわからない。

Intel公式からはデスクトップ向けの第8世代Core i series=“Coffee Lake-S”の詳細な発表日は明らかにされておらず、Mobile向けの第8世代Core i series=“KabyLake Refresh”の発表時に10月初め頃と伝えられたのみです。今回、10月5日という話が出てきましたが、Intelの10月初め前後という話と矛盾するものではなく、多少のずれこそあれ、この前後に出てきそうではあります。
Intel Readies "Coffee Lake" Based Skull Canyon NUCs(techPowerUp!)
EXCLUSIVE: Four TURBOCHARGED NUC on the way(FnlessTech)

Intelは強力なTDP28WのCPUを搭載したNUCを投入する模様だ。このNUCは“Coffee Lake-U”を搭載し、2018年第2四半期に登場する。
[“Coffee Lake”世代のハイエンドNUCが計画されているよう]の続きを読む
Intel Announces Xeon-W Workstation CPUs - Skylake-SP and ECC Memory(techPowerUp!)
Intel launches new Xeon Processor W workstation CPUs(bit-tech.net)
Intel releases Xeon W CPUs for workstations(CPU World)

貴金属の名を冠したXeon Platinum, Gold, Silver, Bronzeに続き、Intelはワークステーション向けのXeon W seriesを発表した。Xeon W seriesは先にHEDT向けとして投入されたCore X seriesとX299をProfessional向けとしたような製品で、対応するチップセットはC422となる。

Xeon WはCore X seriesと同様のLGA2066を使用するが、Core X seriesとの違いはECCメモリへの対応とvProのサポートがある。Xeon W seriesは4-coreから18-coreまでがラインナップされ、最大512GBまでのECC RDIMM/LRDIMMに対応する。またPCI-Express 3.0レーン数は全て48レーンとなる。

以下がそのラインナップとなります。
[ワークステーション向けのXeon W seriesが正式発表される]の続きを読む
ntel Core i7-8700K Benchmarks Show a 6 Core CPU Blazing Past AMD’s 8 Core Ryzen 7 1700 and Intel’s 6 Core HEDT Core i7-7800X CPU(WCCF Tech)

デスクトップ向け第8世代Core i seriesとなり、“Coffee Lake”コアを使用するCore i7 8700Kのベンチマークスコアが掲載されています。

Core i7 8700Kは6-core/12-threadで、周波数は3.70GHz/TB 4.70GHzになると言われています。

比較対象としてはCore i7 7700K(4-core/8-thread, 4.20GHz/TB 4.50GHz)、Core i7 7800X(6-core/12-thread, 3.50GHz/TB 4.00GHz)、Ryzen 7 1700(8-core/16-thread, 3.00GHz/TC 3.70GHz)が用いられています。

スコアは以下の通りです。
[Core i7 8700Kのベンチマークスコアが掲載される]の続きを読む
Intel Xeon E3-1285 v6 CPU launched(CPU World)
Intel(R) Xeon(R) Processor E3-1285 v6(Intel ARK)

Intelは8月19日、LGA1151に対応するワークステーション向けのXeon E3の最上位モデルとしてXeon E3-1285 v6をリリースした。

スペックは以下の通りです。
[Xeon E3-1285 v6がローンチされる]の続きを読む
Intel kicks off eighth-gen Core with four cores and eight threads in 15W(The Tech Report)
Intel、薄型ノートでクアッドコアを可能にする第8世代Core Uプロセッサ(Impress PC Watch)
Intel「第8世代Core」に見る、微細化準備が整っても、製品を移行させない/させたくない理由(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
第8世代Coreプロセッサの本当のコードネームはどれ?(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)
Intel,第8世代Coreプロセッサの薄型ノートPC&2-in-1向けモデルを発表――TDP 15Wで4コア8スレッド対応を実現(4Gamer.net)
New 8th Gen Intel Core Processors: Simplifying Today, Opening the Door for What’s Next(Intel)
8th Gen Intel Core(Intel)

Intelは8月21日、第8世代Core i processorを正式発表した。昨今はデスクトップ向けの“Coffee Lake”の噂で持ちきりだったが、これの発表はなかった。そもそも第8世代Core i processorが1つのコードネームでくくることが出来る物ではなく、プロセスすら異なる物が混在するからだ。
[Mobile向けの第8世代Core i processorが正式発表される]の続きを読む
Intel Core "Coffee Lake" Lineup Specs Confirmed in Leaked Distributor Event(techPowerUp!)

Intelは中国のDistributor向けのイベントを開催し、その中で使用されたスライド資料がChiphellに投稿された。そのスライドはメインストリーム向けデスクトップCPUの製品構成を示すもので、5種類の第8世代Core i processor―“Coffee Lake”のSKUが記されていた。

スライドでIntelはCore i7は4-core/8-threadから6-core/12-threadに、Core i5は4-core/4-theradから6-core/6-threadに、Core i3は2-core/4-threadから4-core/4-threadに置き換えられると説明した。メインストリームのデスクトップ向けCore processorの製品構成の大幅な刷新は10年前の“Lynnfield / Clarkdale”以来となる。

そのスペックですが今までのリーク情報とそれほど大きな差はありません。
[中国のDistributor向けイベントで“Coffee Lake”のラインナップが明らかに]の続きを読む
Intel Gemini Lake: Atom gets stronger CPU, graphics and HDMI 2.0(ComputerBase.de)

“BayTrail”、“Braswell / CharryTrail”、“Apollo Lake”と続いた次のAtom系列のコアは“Gemini Lake”である。“Gemini Lake”は改良された“Goldmont Plus” CPUコアを使用し、GPUは“KabyLake”世代のものでExecution Unitの数は最大18となる。そしてエントリーレベルとなるこのSoCとしては重要な機能の追加としてHDMI 2.0のnative supportが挙げられる。
“Gemini Lake”は2018年に登場する。

[“Gemini Lake”のブロックダイアグラム―CPU, GPUの強化とHDMI 2.0対応]の続きを読む