北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Xeon Processor Scalable Family (1-base)(Delta Computer)

上のページそのものは先日発表された“Skylake-SP”―Xeon Processor Scalable Familyを1基搭載するラックサーバーの販売ページですが、その説明文章に興味深いことが書かれています。

SocketP (LGA3647) を使用する“Skyalek-SP”では1-socketに特化したモデルは登場しない。(先代“Broadwell-EP”の1-socket専用モデルであった)Xeon E5-1600 v4の後継には、LGA2066を使用する“Skylake-W”が充てられる。
[Xeon E5-1600 v4 seriesの後継となる“Skylake-W”]の続きを読む
Intel Xeon D family expanded with 5 new processors(CPU World)

Intelは7月19日、Xeon Dの新製品としてXeon D 1553N, 1543N, 1533N, 1523N, 1513Nの5製品を追加した。最大コア数は8-coreでL3キャッシュ容量は最大12MBである。これらは今までのXeon Dと同様にSoCで基本的なI/Oを備えているが、これら5製品の特徴としてデータの圧縮や暗号化を担うハードウェアアクセラレータとしてIntel QuickAssist technologyが加えられたことが挙げられる。

いかにXeon Dの全ラインナップを示します。淡黄色が今回追加された新製品となります。
[Xeon Dの新製品が5種類追加される]の続きを読む
Core i9-7920X CPU was added to Intel's offical pricelist(CPU World)
Intel’s 12-core i9-7920X features 2.9 GHz base clock(VideoCardz)

6月にローンチされたCore X seriesのうち、“Skylake-X”をベースとするものは最大18-coreで、AVX 512命令をサポートし、より効率的なキャッシュ構成を採用、メモリは4ch DDR4に対応する。現在、“Skylake-X”の最上位は10-coreのCore i9 7900Xである。しかし今後10月までにいくつかのモデルが段階的に投入される。そのうち、8月に登場するのが12-coreのCore i9 7920Xである。
そのCore i9 7920Xであるが、7月14日付でIntelの価格表に掲載された。この資料によると、Core i9 7920Xは12-core/24-threadで定格周波数が2.90GHz、L3キャッシュ容量は16.5MBとなる。


スペックは以下の通りです。
[12-coreのCore i9 7920XがIntelの価格表に追加される―周波数は2.90GHz]の続きを読む
Coffee Lake Approach(CPC Hardware)
Intel preparing multiple 6-core Coffee Lake CPUs(VideoCardz)
Intel Six Core Lineup exposed - Core i7-8700K and Core i5-8600K(Guru3D)
Coffee-Lake samples: Six cores for the first time for Core i5 and notebook CPUs(ComputerBase.de)

“Skylake”、“KabyLake”に続くCPUである“Coffee Lake”がこの数ヶ月の後に登場する。マイクロアーキテクチャの観点から見ると“Coffee Lake”は第8世代Core i processorを名乗るが、基本的には2015年に登場した“Skylake”と同様である。しかし、これまでの“Skylake / KabyLake”との最大の違いは6-core製品が用意されることであり、メインストリーム向けのLGA1151プラットフォームに初めて6-coreがもたらされることになる。

まずCore i7 8700Kである。これは6-coreでさらにHyperThreading technologyが有効化され、12-threadで駆動する。周波数は3.70GHz、L3キャッシュ容量は12MB、TDPは95Wである。またKがつかないCore i7 8700というものも予定されており、こちらは定格周波数が3.20GHzとなる。
[複数の6-core製品が投入される“Coffee Lake”]の続きを読む
Intel's Pentium G4560 is not being discontinued(PC Gamer)
The Pentium G4560 is alive and well, says Intel(The Tech Report)

ここ最近になってPentium G4560の販売が打ち切りになるのではないかという噂が流れていた。The Tech Reportではこの話についてIntelに問い合わせたところ、以下のような回答が得られた。

Intelは(Pentium G4560の)提供を続ける。

元の噂が出る前後でPentium G4560の実売価格の変動があったようで、例えばAmazonでは4月下旬に$60の価格をつけていたものが、7月12日時点では品切れとなっていたようです。その他のショップでも値上がりの傾向があったようで、このことが今回の噂の火種になった可能性が指摘されています。

Intelによればこれは通常の需給需給バランスの変動を見ていたのではないか、ということで今のところすぐにPentium G4560の生産が打ち切りになる予定はないようです(Pentium G4580(仮称)のような上位モデルに置き換えられる可能性はあるかもしれないが、それは定期的にあることで、この場合価格はそのまま維持されることが多い)。
Sizing Up Servers: Intel's Skylake-SP Xeon versus AMD's EPYC 7000 - The Server CPU Battle of the Decade?(AnandTech)
Intel launches Skylake-based Xeon Scalable Processors(bit-tech.net)
Intel Xeon Scalable Processor Launch - New Architecture, New Platform for Data Center(PC Perspective)
Intel Xeon Scalable processors with Skylake-SP cores launched(HEXUS)
Intel Unveils Powerful Intel Xeon Scalable Processors(techPowerUp!)
Intel、PurleyことXeonスケーラブル・プラットフォームを発表(Impress PC Watch)
この10年で最大のプラットフォーム進化を謳う「Xeonスケーラブル・プロセッサ」(Impress PC Watch)
Intel,新型Xeonを発表。最大28コア56スレッドに対応するサーバーおよびデータセンター向けCPU(4Gamer.net)
Intel、サーバ向けCPU「Xeon Processor Scalable Family」を正式発表 - アーキテクチャを刷新し、多様なワークロードへの対応を狙う(マイナビニュース)
Intel Unveils Powerful Intel Xeon Scalable Processors, Bringing Next-Generation Business and Consumer Experiences to Life(Intel)

Intelは7月11日、Xeon Scalable Familyを正式発表した。Xeon Scalable Familyはリアルタイム解析や仮想化インフラストラクチャ、高性能コンピューティングなど高度な演算性能が求められる市場にブレークスルーをもたらす製品となる。そしてXeon Scalable Familyが発表されたこの日はデータセンタとネットワーク向けのProcessorにってこの十年で歴史的な日になるとしている。

ラインナップは以下の通り。
[“Skylake-SP”―Xeon Scalable Familyが正式発表される]の続きを読む
Intel Pentium G4560 Cannibalizing Core i3 Sales, Company Effectively Kills it(techPowerUp!)
Rumor: Intel May Discontinue Pentium G4560 Processor(PC Perspective)
Rumours suggest Intel is quietly killing off its Pentium G4560 CPU(HEXUS)

2-core/4-threadのCPUとして非常にコストパフォーマンスの良いCPUとして知られるPentium G4560の販売が終了に向かうという噂が立っている。Pentium G4560はその良好なコストパフォーマンスが故に、Core i3の売り上げを食ってしまっているというのがその理由のようだ。
[Pentium G4560の販売が終了されるという噂が流れている模様]の続きを読む
Intel’s EPYC response: Xeon Scalable Processor “Skylake-SP”(VideoCardz)
Intel’s Skylake SP ‘Purley’ Platform and Xeon Scalable Processors Detailed, Launching Tomorrow(WCCF Tech)

“Skylake-SP”ことXeon Scalable Familyは日本時間7月12日1時15分に解禁される予定ですが、気の早いメディアが早くも資料をリークしています。

“Skylake-SP”は“Purley”と呼ばれるプラットフォームを用い、これまでXeon E7とE5で二分されてきたプラットフォームを統一します。“Intel Xeon Processor Roadmap”と題された資料にその様子が描かれていますが、興味深いのはこの“Purley”プラットフォームが“Skylake”世代に加え、“Cascade Lake”と呼ばれる世代をもサポートすることが記されていることです。“Cascade Lake”の名が出てきたのは初めてではなく、Optane DIMMのプレスリリースで2018年のXeon Scalable Familyとして“Cascade Lake”の名が出ています。
[【Skylake-SP】Xeon Scalable Familyの資料がリーク]の続きを読む
New Intel "Kaby Lake" processors spotted(CPU World)
New Core i3-7130U and Pentium 4415Y mobile CPUs are available(CPU World)

“KabyLake”世代の2-core/4-threadの製品がいくつか追加される模様です。

まずCore i3 7130U(2-core/4-thread, 2.40GHz, L3=3MB, HD 620 graphics(300/1000MHz), TDP15W)とPentium 4415Y(2-core/4-thread, 1.60GHz, L3=2MB, HD 600 series graphics)が6月末付けで追加されています。

そして今後追加されるモデルとしてデスクトップ向けのCore i3とノートPC向けのU series CPUが複数種類、Xeon E3-1285 v6がIntelの“specification update for 7th generation processors”と呼ばれる資料に掲載された模様です。

以下が資料に掲載された未発表モデルとなります。
[“KabyLake”の新モデルが追加される模様]の続きを読む
Intel Purley Launch and Investor Q&A(Intel)

Intelの公式Webサイトで、7月11日に“Intel Purley Launch and Investor Q&A”と呼ばれるイベントが開催されることが明らかにされています。
[“Skylake-SP”と“Purley”プラットフォームのローンチは7月11日?]の続きを読む
List of Intel Xeon micropcoressor(WikiPedia)

英語版WikiPediaに“Skylake-SP”のラインナップが掲載されています。情報元は不明ですが、“Haswell-EP”の時にも同様のことがあり、比較的正確であったことから、ひょっとしたらこれに近いラインナップで出る可能性はあります。以下がそのラインナップとなります。
[“Skylake-SP”世代のXeon Scalable Familyのラインナップ?]の続きを読む
Intel Job Listing reveals Next Generation Core Architecture plans(OC3D)

IntelのJob Listingにより同社が将来のCPUとなる全く新しい次世代CPUアーキテクチャを計画していることが明らかになった。つまり、この数年のうちに“SandyBridge”以来続いてきた現在のCPUアーキテクチャが置き換えられることを意味している。

Job ListingではCore IP Design Engineerを募集しており、オレゴン州のヒルズボロにある次世代CPU設計チーム加わって仕事をすることになる。オレゴンチームは今後十年のIntel microprocessorの基盤となる新しいコアアーキテクチャを開発することになる。
[次世代CPUアーキテクチャは動き始めている―開発はオレゴンチームか]の続きを読む
Intel are rumoured to be releasing Z370 motherboards later this year(OC3D.net)

最近の噂によると“Coffee Lake”とZ370マザーボードは2017年第4四半期のローンチが計画されている模様である。
以前には今年夏の登場が噂されたこともあったが、今度の話ではそれよりもやや時期が後ろになる。しかしながら、“KabyLake”のリリースから1年以内での登場であることには変わりはない。


Z370チップセットがUSB 3.1とWiFiを内蔵すること、“Coffee Lake”が最大6-coreである点は今までと変わりはありません。

“Coffee Lake”の登場時期については揺れ動きが激しく、Computexより前は2018年初めという見方が主流でしたが、Computexの頃より2017年夏という話が出始めます。その後は2018年初めと2017年夏という話が飛び交い、今回はそのちょうど真ん中の2017年第4四半期という予想となっています。

“Coffee Lake”の登場時期予想は当たるも八卦当たらぬも八卦の様相を呈しており、とりあえずは2018年初めまでのどこかの時期で出てくるだろうとしか言えなくなってきています。
The Intel SSD 545s (512GB) Review: 64-Layer 3D TLC NAND Hits Retail(AnandTech)
Intel SSD 545s arrives with 64-layer 3D TLC flash aboard(The Tech Report)
Intel Intros SSD 545s Mainstream SATA SSD(techPowerUp!)
Intel SSD 545S Series 512GB Review - IMFT 64-Layer TLC(PC Perspective)
Intel intros 64-layer, 3D NAND SSD(DigiTimes)
Intel Introduces 545s SATA-SSD with 64-layer 3D NAND(Guru3D)

Intelは6月28日、Intel SSD 545s seriesを発表した。Intel SSD 545s seriesは7mm厚の2.5インチ規格で、SATA 6.0Gbpsに対応するSD製品である。フラッシュメモリにはIMFlash technologyの64層3D TLC NAND flashが用いられ、コントローラにはSilicon Motion SM2259が使用される。そしてIntelによりカスタマイズされたファームウェアが提供される。
[64層3D TLC NANDを使用したIntel SSD 545s seriesが発表される]の続きを読む
Microcode Bug Affects Intel Skylake and Kaby Lake CPUs(PC Perspective)
Hyper-Threading erratum rears its head in Skylake and Kaby Lake(The Tech Report)
Critical Flaw in HyperThreading Discovered in "Skylake" and "Kaby Lake" CPUs(techPowerUp!)
[WARNING] Intel Skylake/Kaby Lake processors: broken hyper-threading(Debian project)
Skylake/Kaby Lakeでシステムクラッシュを引き起こすエラッタが発見。BIOS更新が必要(Impress PC Watch)

これはIntelの“Skylake”ならびに“KabyLake”でHyperThreading technologyをサポートするProcessorのmicrocodeに関する欠陥である。この欠陥により、システムが予期せぬ動作を引き起こす恐れがある。このエラーがー生じた場合アプリケーションやシステムの異常動作やデータの破壊・損失が起こる恐れがある。

Debian projectのこの注意文章はこの欠陥がDebian開発者から直接報告されたことにより発行されたものである。
[“Skylake”と“KabyLake”にHyperThreading周りのエラッタが発見される]の続きを読む
Details for Result ID Genuine Intel(R) CPU 0000 @ 3.10GHz (6C 12T 3.1GHz/4.2GHz, 2.7GHz IMC/3.9GHz, 6x 256kB L2, 12MB L3)(SiSoftware)
Details for Result ID Genuine Intel(R) CPU 0000 @ 2.60GHz (6C 12T 2.59GHz, 6x 256kB L2, 9MB L3)(SiSoftware)
Intel Coffee Lake Six-core Processor Rears its Head on SiSoftware Sandra(techPowerUp!)
Intel’s Coffee Lake-S Engineering Samples Spotted On SiSoft Sandra Database – 6 Core / 12 Thread Processors With 3.5 GHz Base Clock / 4.2 GHz+ Turbo(WCCF Tech)

Coffee Lakeと思われるIntelの6-core CPUがSiSoftwareのデータベースに姿を現し始めています。

6月25日時点で確認できたものは以下の2種類です。

  6-core/12-thread 2.59GHz L3=9MB
  6-core/12-thread 3.10GHz/4.20GHz L3=12MB Power 81.2W
[“Coffee Lake”がSiSoftware Sandraデータベースに姿を現す]の続きを読む
Intel 300-series Chipset Could Integrate WLAN and USB 3.1(techPowerUp!)
Intel 300-series chipsets to impact Realtek, ASMedia and Broadcom in 2018(DigiTimes)

Intelは第8世代Core i seriesとなる“Coffee Lake”とともに300 seriesチップセットを投入する。まずZ370チップセットが登場し、その後H370, B350チップセットが登場する見込みであるが、この300 seriesチップセットにはWireless LANとUSB 3.1 gen 2コントローラが内蔵する。これにより、これらのコントローラをサードパーティとして提供してきたRealtekやBroadcom、ASMediaは苦しい状況に追い込まれることになる。
[Intel 300 seriesはWireless LANとUSB 3.1を内蔵する]の続きを読む
(初出:2017年6月18日17時41分)
Intel Core i9-7900X (Skylake-X) Review(bit-tech.net)

Core i9 7900Xのレビューが掲載されています。ただし、これはいくつかの情報筋を総合したもので、bit-tech.net自身がCore i9 7900Xを入手して検証したものではないと注意書きがあります。

Core i9 7900Xは10-core/20-threadで周波数は3.30GHz/TB 2.0 4.30GHz/TB 3.0 4.50GHz、L3キャッシュ容量は13.75MBとなります。Core X seriesの第一弾の1つとして登場予定で、第一弾の登場時点ではこれが最上位となります(12-coreのCore i9 7920Xは8月、14-core以上は10月予定)。TDPは140W、価格は$999といわれています。

bit-tech.netにはTurbo Boost全コアの周波数も掲載されており、Core i7 7800X, i7 7820X, i9 7900Xの3種類はいずれも4.00GHzとなります。
[Core i9 7900Xのレビューが掲載される【追記 6/19】]の続きを読む
[RUMOR] Intel will release Skylake-X SKUs with soldered IHS in the near future(bits and chips)

bits and chipsで得た情報によると、Intelは近い将来(2017年第4四半期または2018年第1四半期)に、HISをソルダリング仕様とした“Skylake-X”をリリースする可能性があるという。

そもそも“Skylake-X”がソルダリングではなくTIMペーストを用いることになった原因として、“Skylake-X”がRyzen Threadripper対抗のため急遽用意したもので、時間的制約のために妥協せざるを得ない部分があった事が挙げられています。

そしてこのソルダリング仕様の“Skylake-X”についても確定的ではないようで、売れ行きが良好であればコスト削減のため、TIMペースト仕様のままとする(=ソルダリング仕様は出さない)だろうと述べています。
Things are getting Meshy: Next-Generation Intel Skylake-SP CPUs Mesh Architecture(ServerTheHome)
Intel、Xeon Platinumの新アーキテクチャを公開(Impress PC Watch)

これまでのXeon E5およびE7 seriesではリングバスが用いられてきた。しかしリングバスの問題の1つにコアやI/Oコントローラを増やすとそれに応じてリングとブリッジを追加しなければならないというものがあった。Intelはこの問題の解決のため“Skylake-SP”ではMesh architectureを採用することになった。
[“Skylake-SP”はMesh architectureを採用する]の続きを読む