Will=North/北森四夜が自作PCに関する話題をお届けする趣味的Blog。 ナンドデモ ヌマゾコニ シズンデイキナサイ・・・!
14nm process to bring healthy competition among foundries: Q&A with Globalfoundries senior VP Chuck Fox(DigiTimes)
GlobalFoundries starts 14nm LPE volume production in 1H 2015(Guru3D)

GlobalFoundriesでは14nm LPE (Low Power Early) の生産を2015年上半期に計画している。そして14nm LPP (Low Power Plus) の生産は2015年下半期だ。既にこれらのプロセスを使用したチップのデザインの注文も受けており、複数のクライアントはまず14nm LPEプロセスを用いたチップを求めるだろう。しかし、14nm LPPプロセスの生産が開始すれば、複数のクライアントからオーダーを受けることができるだろう。

GlobalFoundriesの14nmプロセスですが、まず14nm LPEプロセスが2015年上半期に、続いて14nm LPPプロセスが2015年下半期に大量生産に入る模様です。
AMD Working on "Dynamic Frame Rate Control" Feature(techPowerUp!)
AMD to add Dynamic Frame Rate Control(Guru3D)

AMDがRadeon graphics card向けに“Dynamic Frame Rate Control”と呼ばれる新しいソフトウェア機能を開発している。この情報はWeb上で非公式に、AMDのChris Hook (director of PR) 氏より明らかにされたもので、“AMD_Chris”のハンドルでいくつかのForumに姿を現している。“Dynamic Frame Rate Control”あるいはDFRCと呼ばれる昨日はフレームレートのリミッターで、フレームレートを減らすことで消費電力を抑えるものである。おそらく、求められるフレームレートが達成できる程度に周波数を落とすものと思われる。
Toshiba Launches 6TB Enterprise Capacity HDD Models(techPowerUp!)
Toshiba Launches 6TB HDD(Guru3D)
6TBのニアライン向けHDDの製品化について (Toshiba)

東芝はエンタープライズ向けの3.5インチHDD製品であるMG04 seriesに容量6TBのモデルを追加した。対応インターフェースはSATAまたはSASとなる。そしてSAS対応モデルは12Gbpsの転送速度に対応し、ラインナップとして6TB, 5TB, 4TB, 2TBが用意される。
Biostar Announces A70MGP Socket FM2+ Motherboard(techPowerUp!)
Biostar launches 'exclusive' A70M chipset FM2+ board(bit-tech.net)
A70MGP Ver. 6.x(BIOSTAR)

BIOSTARは12月16日、A70M chipsetを搭載するマザーボード―“A70MGP”を発表した。A70MはSocketFM2+ APU向けの廉価チップセットとして位置づけられており、USB 3.0やSATA 6.0Gbpsに対応する。

スペックは以下の通り。
AMD Fiji XT and Bermuda XT make Mystery Appearance(Guru3D)
[Captain Jack - Fiji XT](Chiphell)

以前にも同様の「リーク」はあったが、再びChiphellのForumに彼とも彼女ともつかない人物からの投稿があった。この投稿はAMDの次世代GPUとなるであろう“Fiji XT”と“Bermuda XT”のものとされる性能が示されたものである。このうち“Bermuda XT”はRadeon R9 390 seriesになると予想されているものである。

20タイトルのゲームの平均性能では“Fiji XT”のEngineering SanpleがGeForce GTX 980よりも10~15%程上回っている。一方、GM200のカットダウン版は“Fiji XT”よりも2~5%良いスコアを出している。

Battlefield 4 multiplayerでの消費電力は“Fiji XT”のES品がGeForce GTX 980よりも10~15%高く、GM200のカットダウン版と比較すると“Fiji XT”の方が数%程低い。
Intel teases Broadwell NUCs ahead of launch(bit-tech.net)
Intel "Broadwell" NUC Spotted on Company Website(techPowerUp!)
Intel shows pictures of new Broadwell NUC(PC Perspective)
Intel Broadwell NUC 2.0 pictures reveal hardware details(HEXUS)
Intel NUC 2.0 Rock Canyon Broadwell System Images Posted By Intel!(Legit Reviews)
Broadwell NUC in the wild(FanlessTech)
Discovered mini-PC with NUC Broadwell on Intel's website(ComputerBase.de / ドイツ語)
Mini PC: Intel(R) NUC(Intel)

IntelのWebサイトに意図したかせざるか“Broadwell”世代のNUCが掲載された。これを最初に発見したのはドイツのWebサイトであるComputerBase.deであり、IntelがNUCのlanding pageを更新した際に、掲載されたNUCの写真が未発表のものであることを指摘している。
Intel, AMD pushing new tablet lineups despite weakening demand(DigiTimes)

タブレットの出荷予測は弱まっており、2014年は10%の伸び、そして2015年にはフラットとなる。しかし、IntelとAMDは2015年も積極的にタブレット向けの新製品を投入する。そして、これらの市場シェアは200万ユニットと見込まれる。

Intelは現行の22nmプロセス世代の“BayTrail”の後継となる14nmプロセスの“CherryTrail”を予定しており、2015年3月に大量生産に入る見込みである。“CherryTrail”はより低い消費電力を実現するとともに、第8世代のGPUを搭載する。そしてWindowsとAndroidに対応する。
AMD Planning Graphics Refresh in 2015, 16nm FinFET In 2016(WCCF Tech)

AMDのCTOであるMark Papermaster氏がBarclays Global Technology Conferecneでプレゼンテーションを行い、AMDの現在の戦略と将来の技術計画について語った。Papermaster氏はまず初めにAMDが2015年に20nmプロセスのGPUを用意することを再度断言した。

以前、“Fiji XT”とされるGPUのスペックがリークしており、おそらくこの“Fiji”はRadeon Rx 300 seriesとして来年登場するのではないかと推測されるものであった。Papermaster氏の話では“Fiji XT”に特別に突っ込んだ話はなかったが、興味深い事項を利くことができた。

グラフィックはAMDが注力する分野であり強みでもある。今まで競合他社と我々でリーダーシップを争ってきた。驚くことではないかもしれないが、我々は手を緩めるつもりではない。そしてこれから先も非常に強力なグラフィックを見ることができるだろう。AMDはそのグラフィックのリフレッシュを予定しており、2015年には熱狂するものをお届けする。
Seagate launches ultra-cheap 8TB Archive drive(bit-tech.net)
Seagate's Archive HDD uses shingled recording to squeeze 1.33TB per platter(The Tech Report)
Seagate launches 8TB Archive HDD at 250 EURO(Guru3D)
Affordable Active Archive Hard Drives for Cloud Storage(Seagate)

Seagateは最新のエンタープライズ向けHDD製品の価格を発表し、8TB製品が$260になることを明らかにした。

Seagateは今回ローンチしたHDD製品群にShingled Magnetic Recording (SMR) を使用し、1プラッタあたりの容量を1.33TBに向上した。ラインナップは5TB, 6TB, 8TBである。これらはエンタープライズ向けとされるが、製品名を見る限りでは高速なNear-line向けではない。SeagateはこのHDD製品群を速度の重要性が比較的低いFar-line storage向けとしており、回転数は5900rpmである。キャッシュは128MBで、平均スループットは150MB/sとしている。

発表されたのはArchive HDD v2と呼ばれる製品群で8TB, 6TB, 5TBの3製品です。モデルナンバーは8TBがST8000AS0002、6TBがST6000AS0002、5TBがST5000AS0011となります。対応インターフェースはSATA 6.0Gbpsです。回転数は5900rpm、キャッシュ容量は128MB、消費電力は動作時7.5W、Idle時5Wとなります。8TBという大容量ながら$260という比較的手ごろな価格もその特徴となります。
AMD Releases Catalyst 14.12 Omega Software(techPowerUp!)
AMD Catalyst 14.12 Driver - The Omega Driver - Meet Omega(Guru3D)
AMD Catalyst Omega Driver Release - Performance, Features, Stability(PC Perspective)
AMD Catalyst(TM) Omega driver(AMD)

AMDはCatalyst 14.12 Omegaをリリースした。このCatalyst 14.12 Omegaは定例のドライバアップデートであるが、新しいImage Quality EnhancementやGama Image-Quality enhancementが含まれ、また通常のドライバ更新で行われる個々のゲームの性能改善やバグ修正も施される。

Catalyst 14.12 Omegaで含まれる機能の1つにVirtual Super Resolutionがある。これはNVIDIAのDynamic Super Resolutionと同等の機能で、使用しているディスプレイよりも大きな解像度をシミュレートするものである。またFrame-pacingの改善も行われ、これによりゲームの動作がよりなめらかとなる。