Will=North/北森四夜が自作PCに関する話題をお届けする趣味的Blog。 ナンドデモ ヌマゾコニ シズンデイキナサイ・・・!
ARM-based Opteron now available in $2,999 developer kit(The Tech Report)
AMD Opteron 64-Bit ARM-Based Developer Kits Now Available(techPowerUp!)
AMD Opteron 64-Bit ARM-Based Developer Kits Available(Guru3D)
AMD、64bit ARMのOpteron A1100開発者キットを発売(Impress PC Watch)
AMD Announces the Availability of 64-bit ARM Opteron Developer Kits(AMD)

AMDは7月30日、Opteron A1100 series開発者キットの発売を発表した。この開発キットはAMDとしては初めての64-bit ARM―“Seattle”を搭載したものとなる。今回の開発キットのリリースにより、AMDはソフトウェア開発者やインテグレーターに最初にCortex-A57ベースのサーバープラットフォームの標準を提供する会社となる。

今回の開発キットの特徴は以下の通りです。
AMD Readies Steamroller Based A4-7300, Athlon X4 860K / 840, Athlon X2 450 and FX-8370 For AM3+ Processors For Q3 2014(WCCF Tech)

いくつかのメーカー筋の情報によると、AMDは現行のプラットフォームにいくつかの新Processor製品を準備しているようである。新たに投入される新ProcessorにはSocketAM3+向けのFX-8370やSocketFM2+向けで“Steamroller”をベースとするAthlon X4 860K, Athlon X4 840, Athlon X2 450が含まれるという。
Desktop Broadwell LGA is Socket 1150(Fudzilla)

“Broadwell”は2014年第4四半期にまず薄型ノートPC向けに登場する。デスクトップ向けに登場するのは2015年第2四半期である。デスクトップ向けは“Broadwell LGA”とも呼ばれ、現行のLGA1150に対応する。

対応するチップセットはIntel 9 seriesである。つまり、ここ最近にZ97搭載マザーボードを購入している場合は、そのまま“Broadwell LGA”をサポートできるだろう。

“Broadwell LGA”はIntelの新プロセスである14nmプロセスとなる。そして4-coreモデルでTDPは65Wとなる。ひょっとすると後に2-core版も登場するかもしれないが、まず登場するのは4-coreである。
Nvidia Geforce GTX 980M Mobile Maxwell Flagship in October ?(Guru3D)
NVIDIA to release GeForce 980M based on Maxwell GM204 in October?(VideoCardz)
Nvidia Geforce GTX 980M Mobility Maxwell Flagship Landing in October this Year(WCCF Tech)

NoteBook Review ForumにNVIDIAの次世代フラッグシップMobile GPUとなるGeForce GTX 980Mが10月または11月に登場するという話が出てきている。この通りならばデスクトップ向けの“Maxwell”と同時期の登場となるだろう。

GeForce 900M seriesとして名が挙げられているのは以下のGPUです。
AMD to launch Radeon R9 285 equipped with Tonga GPU(VideoCardz)
AMD Tonga becomes Radeon R9 285(SweClockers.com / スウェーデン語)

SweClockers.comによるとAMDは“Tonga”をベースとするグラフィックカードの名前をどうするか決定したようである。
“Tonga”はRadeon R9 285となる。


ご存じの通り“Tonga”は“Tahiti”のメモリバスを削減したものである。“Tonga”のフル仕様は“Tahiti”と同じ数のStreamingProcessorを搭載する。このことから、“Tonga”は“Tahiti”をベースとするRadeon R9 280X, R9 280を数ヶ月以内に置き換える模様である。
Partial specifications of Xeon E5-2600 v3 CPUs(CPU World)

Intelの“Grantley-EP”プラットフォームはPlatform Controller Hub (PCH) である“Wellsburg”と、Microprocessorである“Haswell-EP”―Xeon E5-2600 v3で構成される。そしてこれらは今年第3四半期にローンチされる。“Haswell-EP”の新機能についてはCPU Worldで以前にも報じており、先月にはXeon E5-2600 v3のうち、IいくつかのモデルナンバーがIntelのProduct Change Notificationsから明らかになった。その後、いくつかの情報を元に、このXeon E5-2600 v3のラインナップのリストを作成、周波数やコア数、L3キャッシュ、TDPをまとめた。
HGST Expands Enterprise SAS SSD Storage Portfolio For Data-Intensive Application(techPowerUp!)
HGST、最大1.6TBの12Gbps SAS SSD(Impress PC Watch)
HGST エンタープライズ向けソリッド・ステート・ドライブ製品の拡充(HGST / PDFファイル)

HGSTは7月29日、最大容量が1.6TBとなる第2世代のUltrastar 12Gbps SAS Solid-sate drive (SSD) を発表した。第1世代の12Gbps SSDを基本とした製品で、Ultrastar SSD800MH.B, Ultrastar SSD1600MM, Ultrastar SSD1600MRの3製品が発表された。これらはサーバーや構成のが求められるエンタプライズアプリケーションを走らせるストレージシステムに向けた設計となっている。

特徴として以下の項目が挙げられています。
◇(7月29日)“Haswell Refresh”の追加モデル―Core i3 4160, Pentium G3460他
Haswell Refreshに新モデル、TDP35WのCore i3などが追加(AKIBA PC Hotline!)
安価なHaswell Refreshの新モデルが27日より4モデル発売(ASCII.jp)

“Haswell Refresh”の新モデルとしてCore i3が2種類、Pentiumが2種類発売された。
7月27日より発売されたのはCore i3 4160, i3 4160T (Bulk), Pentium G3460, G3250の4種類である。価格はそれぞれ14000円前後、13500円前後、10400円前後、7000円前後となる。


いずれも7月20日に追加された新モデルとなります。この時追加されたモデルは8種類ですが、今回はそのうち4種類が発売された形になります。残りの4種類―Core i3 4370, i3 4360T, Pentium G3450T, G3250Tも後日入荷する模様です。
ARM Preps Second-Generation “Artemis” and “Maya” 64-Bit ARMv8-A Offerings.(X-bit labs)

ARMは7月22日、64-bitのARM v8命令セットに基づいた複数のIPソリューションを開発していることを明らかにした。そして既に第2世代の64-bitコアのライセンスを始めており、将来的にARM v8ベースのソリューションで、新市場に切り込むことも考えていることを明かした。

「第2四半期にARMは新技術ロードマップ製品のライセンスを開始している。これはまだ発表していないものだ」
ARMのCEOであるSimon Segars氏は決算カンファレンスでこのように語った。
「今日はそのコードネームを明らかにしよう。“Maya”と“Artemis”だ」
Specifications of AMD A8-6410 APU(CPU World)

CPU Worldでは6月にAMDの新しい超低電圧版APUであるA8-6410について紹介した。A8-6410は“Beema”コアを使用するAPUでCPUコア数は4、L2キャッシュ容量は2MBである。GPUはRadeon R5 graphicsとなる。A8-6410はA6-6310よりも周波数が200MHz高く設定されるが、アーキテクチャは同じである。またTurboCored動作時の最大周波数はA6-6310と同じである。TDPも15WでA6-6310と同じ値である。
今回、このA8-6410のスペックがAMDの公式Webサイトに掲載された。