北森四ツ夜が自作PCに関する話題をお届けする趣味的Blog。 ナンドデモ ヌマゾコニ シズンデイキナサイ・・・!
AMD Bristol Ridge APUs Will Succeed Kaveri Refresh in 2016 on the 28nm Node(WCCF Tech)
AMD Bristol Ridge succeeds Kaveri Refresh(SweClockers.com)

夏に登場するノートPC向けAPUである“Carrizo”は“Excavator” CPUを使用する。しかし、“Carrizo”はSocketFM2+向けには計画されず、“Kaveri Refresh”あるいは“Godavari”と呼ばれるAPUが今夏のデスクトップ向けに登場する。

しかし、誰もがただ周波数が上がったものよりも、次世代技術を採用した製品をほしがることだろう。そして今回、“Bristol Ridge”と呼ばれる聞き慣れぬコードネームが入ってきた。そしてこの“Bristol Ridge”は「“Carrizo”のデスクトップ向け」に非常に良く似たものとなる。
AMD Radeon Rx 400 series are codenamed Arctic Islands(VideoCardz)
AMD Arctic Islands is the new generation of Radeon for model year 2016(SweClockers.com)

“Pirate Islands (→Caribbian Islands)”の次のAMD GPUのコードネームは“Arctic Islands”となるようだ。“Arctic Islands”は2016年のGPUを示すものとなり、次世代CPUアーキテクチャの“Zen”と同時期に登場するものとなる。

ここまでのRadeon seriesにつけられたコードネームをまとめると以下のようになります。
AMD Allegedely Readying “Godavari” Kaveri-Refresh Platform For Launch In Summer 2015(WCCF Tech)
AMD releases Kaveri Refresh the summer - Carrizo-FM2 + deleted from the plans(SweClockers.com)
Report: AMD plans Kaveri refresh for June-July time frame(The Tech Report)
AMD A10-8850K lifts graphics frequencies by 19 percent against A10-7850K(SweClockers.com)

AMDは今年中盤にノートPC向けに“Carrizo”と“Carrizo-L”を投入する。一方で、“Carrizo”がSocketFM2+向けに登場するかどうかは少し前から音沙汰がなくなっていた。

AMDの現在の製品計画では2015年にあったSocketFM2+向け“Carrizo”の計画は破棄されたという。代わりとして“Kaveri”の新Revisionである“Godavari”が投入される。“Godavari”は以前“Kaveri Refresh”と呼ばれていたものである。
Details leak out on AMD's first Zen-based desktop CPUs(The Tech Report)
Details emerge on AMD Summit Ridge 14nm parts(Fudzilla)
AMD's 'Zen' to arrive with 'Summit Ridge' CPUs in Q3 2016(HEXUS)
AMD Zen To Be Featured Inside Summit Ridge Family of 14nm Processors – Rumored To Feature FM3 Socket Support and DDR4 Memory Compatiblity(WCCF Tech)
AMD’s next-gen ‘Zen’ CPU architecture rumored to debut in Q3 2016(VR-Zone)
AMD Zen first in Summit Ridge of 14 nanometers(SweClockers.com)

知っての通りAMDは新たなx86アーキテクチャを開発しており、そのコードネームは“Zen”という。今回、SweCloclers.comが“Zen”アーキテクチャを採用したデスクトップ向けについての掘り下げた情報を掲載した。

SweClockers.comによると“Zen”アーキテクチャを採用した製品群は“Summit Ridge”と呼ばれるという。“Summit Ridge”は14nmプロセスで製造され、コア数は最大で8-coreとなる。TDPは最大95Wである。メモリコントローラはDDR4に対応、またPCI-Express 3.0レーンを内蔵する。対応SocketはSocketFM2+の後継となるSocketFM3である。
AMD Radeon R9 300 series rumors(VideoCardz)
AMD R9 380X Listed Online – New Fiji XT Board Certified(WCCF Tech)

ノルウェーのオンラインショップであるCDONにASUSとMSIのRadeon R9 380Xとされるものが掲載された。どちらも7999krという価格がつけられており、同じショップのGeForce GTX 980よりもはるかに高いものであった。

CDONは決して小さなショップではなく、今まで未発表のGPUを掲載したことはないと聞いていた。ひょっとすると将来的に正式に掲載する時のためのプレースホルダーか、GoogleでのSEOを確保のためなのかもしれないが、本当のところはよく分からない。

7999krという価格は単純に日本円に直すと121546円(1kr=15,19円)となります。ずいぶんと高価ですが、この価格の情報自体がかなり初期の不確定なもののようであり、まだこの価格になると決めつけない方がいいでしょう(ただ、巨大ダイでHBM採用であるため、お安いカードにはならないだろうという印象はあるが)。
Nvidia to reveal range-topping GM200 at GTC in March(HEXUS)
Nvidia unveils GM200 on the GPU Technology Conference 2015(SweClockers.com)

NVIDIAはGM200を3月17日から20日に開催されるGPU Technolgy Conference (GTC) で明らかにする計画であるようだ。GM200はTeslaまたはQuadroとして発表される見込みで、以前にはGM200を搭載するカードとしてQuadro M6000の話が出たこともあった。
Intel introduced Core i7-4720HQ and i7-4722HQ mobile CPUs(CPU World)

Intelは22nmプロセスの“Haswell”をベースとした2種類のMobile CPUを新たにローンチした。新たに登場したのはCore i7 4720HQとi7 4722HQで、それぞれCore i7 4710HQとi7 4712HQの後継となり、周波数の向上によって3~4%の性能向上を果たしている。価格は$378である。

Core i7 4720HQは4-coreでL3=6MB、iGPUはHD 4600 graphicsである。CPUの周波数はBase 2.60GHz / Boost 3.60GHzで、ともにCore i7 4710HQから100MHz向上している。サポートする機能はHyperThreading technology, VT-x, VT-d, AES, AVX等である。
GPU Fiji, un grande chip monolitico anche per AMD GPU Fiji, a large monolithic chip for AMD(Bits'n chips / イタリア語)
AMD’s Radeon R9 380X ‘Fiji XT’ GPU Die Size and GCN Specification Leaked – Releasing in June 2015(WCCF Tech)

NVIDIAのGM200に対抗し、AMDは完全に新しいグラフィックカードを開発している。そのGPUのコードネームが“Fiji”であるが、今までのフラッグシップGPUとはいくつか異なる点がある。

まず第1に“Fiji”は今までのRadeonおよびFireProと比較すると非常に大きなダイとなる。“Fiji”のダイサイズは550mm2と見込まれており、現行の最大GPUコアである“Hawaii”の438mm2と比較しても大きいことが分かる。“Fiji”は非常に複雑なコアとなり、かつてMulti-GPUに頼っていた時代よりも、研究・開発に高いコストをかけるようになっている。
GeForce GTX 960 4GB appear in March(ComputerBase.de / ドイツ語)
NVIDIA GeForce GTX 960 4 GB VRAM Models To Launch In March 2015 – Will Adopt A Hefty Price Range(WCCF Tech)

GeForce GTX 960が発売されたが、NVIDIAは既に4GB版を将来的に投入可能なようにしている。今までその時期は分からなかったが、Inno3Dが4GB版GeForce GTX 960の登場時期が3月であることを明らかにした。
Does the GeForce GTX 970 have a memory allocation bug ?(Guru3D)
GeForce GTX 970 Design Flaw Caps Video Memory Usage to 3.3 GB: Report(techPowerUp!)

GeForce GTX 970は今期のパフォーマンスセグメントのグラフィックカードとしては最もポピュラーなカードと言えるかもしれない存在でアリ、$329.99の価格としては素晴らしい性能を有している。しかし、とあるパワーユーザーの検証によると、このGeForce GTX 970に不具合があるかもしれないという。GeForce GTX 970でGPUメモリベンチマークを走らせると4GB搭載されているメモリのうち700MB分を利用できないというのだ。