北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
No Dual and Four Cores Zen CPUs, at least initially(Bits and Chips)

Bits and Chipsで得た情報によると、AMDは“Zen”の初期の段階では8-coreのダイのみを供給するという。この戦略は8-coreのダイ1本に絞ることにより、コストの低減を狙ったものである。
製品としてはこの8-coreのダイから8-coreや6-coreの製品を投入することが出来る。そして万が一イールドが不良な場合は4-coreの製品も投入できるだろう。しかし、“Zen”を用いた2-coreの製品は初めのうちは出ない。
NVIDIA teases GeForce 1000 series with “Order of 10” campaign (update: countdown has started!)(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX 1080 and GTX 1070 “Pascal” cards to go official this week(VR-Zone)
NVIDIA Teases "Pascal" Launch with "Order of 10" Puzzle(techPowerUp!)
Order of 10(order of 10.com)

“Order of 10”と呼ばれるWebサイトで5月6日に向けたカウントダウンが行われている。

Order of 10のページそのものはずいぶんと抽象的な内容で、「手の込んだパズル」と各メディアも表現しています。それとともにNVIDIAがレビュワーに「興味深いブリーフケース」を送付したと各メディアでは報じています。

これだけだと何のことかよく分かりませんが、これが“Pascal”―GeForce 1000 seriesが5月6日に発表されることを示唆しているのではないかと言われているようです。

ただし、仮に5月6日にGeForce 1000 seriesの発表があったとしても、レビューが公開され、製品が出回るのは6月上旬だろうと見込まれています。
Intel(R) Core(TM) i7-6785R Processor(Intel ARK)
Intel(R) Core(TM) i5-6685R Processor(Intel ARK)
Intel(R) Core(TM) i5-6585R Processor(Intel ARK)
Intel Adds Crystal Well-based Skylake-R Processors: 65W with 128MB eDRAM(AnandTech)

Intel ARKにCore i7 6785Rとi5 6685Rがひっそりと追加されています。今までの“R”processor同様どちらも最上位のiGPU―Iris Pro Graphics 580を搭載し、TDPは65Wとなります。

(追記:2016年5月4日23時36分)

Core i5 6585RについてもIntel ARKへの追加を確認しました。

スペックは以下の通りです。
◇Radeon R9 M480は“Polaris 11”を使用する
AMD Radeon R9 M480 based on Polaris 11 GPU(VideoCardz)

Mobile向けGPUであるRadeon R9 M480は“Polaris”を搭載することになるようだ。Radeon R9 M480のDevice IDは67E0であり、これは“Baffin”こと“Polaris 11”を示すものである。
◇5月6日に開催される“Editors' Day”で2種類の“Pascal”がお披露目される
NVIDIA Pascal Editors’ Day to take place next week(VideoCardz)
Two NVIDIA ‘Pascal’ based cards to be previewed to media next week(VR-Zone)

VideoCardzでは3つの独立した情報筋からNVIDIAが5月6日に開催するEdtors' Day 2016で、プレス向けに新しい“Pascal”搭載グラフィックカードの情報を明らかにするという情報を得た。

明らかにされるグラフィックカードは2種類で、おそらくはGeForce GTX 1080とGTX 1070と考えられる。
Intel cuts Atom chips, basically giving up on the smartphone and tablet markets(PCWorld)

Intelはスマートフォンおよび通常型タブレット市場から撤退する。同社はこれまで数十億ドルをかけてこれらの市場の開拓を狙っていたが、徒労に終わってしまった。

Intelのスポークスマンによると、これらのMobile向けチップとして位置づけられていた“SoFIA”とその後継となる“Broxton”を直ちにキャンセルした。

またIntelは“CherryTrail”のコードネームで呼ばれているAtom x5についてもフェードアウトさせる見込みで、これらは“Apollo Lake”のコードネームで呼ばれるPentium, Celeronに置き換えられる。“Apollo Lake”は純粋なタブレット型端末というよりもHybridタイプに向けた製品である。そして多くのPCメーカーはハイブリッド型のPCタイプの製品には“CherryTrailよりも“Skylake”コアのCore Mを選択している。
AMD Polaris aiming at VR-capable graphics cards(VideoCardz)

AMDのRay Taylor氏 (Corporate Vice President, Alliances, Content & VR at AMD) によると、“Polaris”はVR市場に向けたアーキテクチャであるという。

VR gameの最低スペックは通常GeForce GTX 970またはRadeon R9 290以上となる。これらが搭載されたシステムは750万(※)ユニット前後となるが、$50のVR gameを売りたいとすると、この市場規模は決して大きいとは言えない。我々はここを掘り起こしにかかっており、つまり大手ゲームメーカーに小切手を用意し始めている。あるいはinstall TAM (Total Addressable Market) を増やしにかかっている。

TAMについてはここではVR gameに対応できる市場という意味でいいでしょうか。とにかくAMDはVR game市場をさらに増やしたい、ということが読み取れます。
AMD Polaris 10 "Ellesmere" as Fast as GTX 980 Ti: Rumor(techPowerUp!)
AMD Polaris 10 GPU To Offer Near 980 Ti Performance For 299 USD?(Guru3D)
AMD Polaris 10 GPU Reportedly Offers Near 980 Ti Performance For 300 USD(Game Dabate)

14nm FinFETプロセスで製造される“Polaris 10”はGeForce GTX 980 Tiに近い性能を有しながらも、一方で価格は(GeForce GTX 980 Tiと比べて)非常に安価となる。

“Polaris 10”はメインストリーム帯を担い、(Radeon R9 Fury seriesではなく)Radeon 300 seriesの後継となる。そして“Polaris”を搭載したRadeon R9 490XはGeForce GTX 980 Tiに近い性能を$300~400の価格帯で実現する。