北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Zen in the plan, RX 470 and 460 shortly, semi-custom sets to(ComputerBase.de)
AMD May Ship Limited Volume of Zen FX Processors in Late Q4 2016, Full Volume Availability in Q1 2017(WCCF Tech)

AMDは第2四半期の決算報告を行うとともに、“Zen”の出荷スケジュールについて次のように述べています。

AMDは2017年上半期のサーバー向け製品のローンチに現在もっとも力を入れている。そしてデスクトップ向けはその前にローンチされる。本格的な量が出荷されるようになるのは2017年第1四半期となるが、今年第4四半期末に限定数を出荷する見込みで、立ち上げと顧客の準備の態勢を整える。
[“Zen”は今年第4四半期に限定数が出回り、本格的な出荷は2017年第1四半期]の続きを読む
NVIDIA Announces “NVIDIA Titan X” Video Card: $1200, Available August 2nd(AnandTech)
NVIDIA Announces the GeForce GTX TITAN X Pascal(techPowerUp!)
Nvidia unveils a Pascal-powered Titan X with 11 TFLOPS on tap(The Tech Report)
NVIDIA、最上位Pascalビデオカード「TITAN X」を突如公開(Impress PC Watch)
NVIDIA,Pascal世代の新GPU「TITAN X」を発表。製品名から「GeForce」表記が外れた最上位モデルは,シェーダプロセッサ3584基を集積(4Gamer.net)
The New NVIDIA TITAN X: The Ultimate. Period.(NVIDIA)
NVIDIA Titan X(NVIDIA)

NVIDIAは7月22日、新アーキテクチャの“Pascal”をベースとするTitan Xを発表した。Titan Xは“Pascal”アーキテクチャとしては最大規模のGPUとなり、CUDA coreは最高記録の3584となる。

今回のTitan Xは“GeForce”の名を冠さず、“Titan X”のみのシンプルな製品名となっています。スペックは以下の通りです。
[【NVIDIA】“Pascal”世代のTitan Xを発表]の続きを読む
AMD 2017 Opteron has three sockets(Fudzilla)

“Zen”アーキテクチャを用いたOpteronは2017年中盤に登場するが、Fudzillaで得たさらに詳しい情報によるとこれらは3種類のsocketがあるという。

まず4-coreまたは8-coreの“Zen” OpteronはSP4r2 BGA socketを用いる。これらは“Snowy Owl”のコードネームがつけられている。
一方、同じ“Snowy Owl”の名を持つOpteronとして8, 12, 16-coreの製品が予定されており、こちらはSP4 BGA socketを用いる。SP4 BGAはSP4r2とpin互換性を有するが、なぜこれらが呼び分けられているのかは不明である。
[“Zen”世代のOpteronは3種類のsocketが用意される―SP4, SP4r2, SP3]の続きを読む
Intel Begins Shipment Of Seventh Generation Core: Kaby Lake(AnandTech)

Intelは7月20日に第2四半期の決算報告を行った。その中で同社のCEOであるBrian Krzanich氏は第7世代のCore i pcoressorである“KabyLake”の出荷がすでに行われていることを明らかにした。

第1弾となるのはMobile向けの“KabyLake-U”と“KabyLake-Y”で以前の情報では第3四半期頃の予定となっていたため、今の時期に出荷が開始されているのであれば、順調に進んでいることになるでしょう。先立つ6月には“KabyLake”の量産が開始されたという話も出ており、“KabyLake”の展開は予定通り進められそうです。8月にはIDFが開催される見込みで、この時に“KabyLake”の詳細やあるいはその先の話を聞くことができるかもしれません。

なおデスクトップ向けの4-core+GT2は来年初め頃と言われています。

"Specifications AMD Zen engineering samples leaked ' (Hardwareinfo.nl)

AnandTechのForumに“Zen”CPUのEngineering Sampleのスペックがリークされた。リーク元の人物はかつて“Polaris”のEngineering Sampleの情報もリークしており、AMDに近い人物の可能性がある。

現在のEngineering Sampleのrevisionは“A0”である。そして4種類のチップ―4-core, 8-core, 24-core, 32-coreが存在するという。このうち4-coreと8-coreはSocketAM4向けで、残りの2つはサーバー向けであるという。
[“Zen”のEngineering Sampleのスペックがリーク]の続きを読む
実売35,000円台から、GeForce GTX 1060が各社から登場(AKIBA PC Hotline!)
最安は約3.2万円! 「GeForce GTX 1060」の深夜販売を実施(ASCII.jp)
GTX 1060搭載カード8製品が一斉発表。税込の予想実売価格は3万円台半ば~4万円弱に(4Gamer.net)
各社、GeForce GTX 1060搭載のオリジナルクーラー採用ビデオカードを発売(Impress PC Watch)

7月19日22時を持ってGeForce GTX 1060の販売が解禁された。同時に各メディアからレビューも掲載されている。

GeForce GTX 1060は“Pascal”系列の新コアとなるGP106を用いている。上位のGP104がトランジスタ数約72億、ダイサイズ314mm2であったのに対し、GP106はトランジスタ数約44億、ダイサイズ約200mm2のより小型のダイとなっている。メモリインターフェースは192-bit、L2キャッシュ容量は1.5MBでこれもGP104の同256-bit / L2=2MBと比較すると3/4の規模となっている。GP106はGPCが2基で構成されるため、CUDA core数は1280、StreamMultiprocessor数は10となる(GP104のフルスペックはGeForce GTX 1080のそれと同じで、GPC 4基、CUDA core数は2560、StreamMultiprocessorは20となる)
TDPは120Wで、PCI-Express電源コネクタは6-pin×1となる。
[GeForce GTX 1060が発売される]の続きを読む
Intel、2018年に14nmの新CPU“Coffee Lake”を投入(Impress PC Watch)

現行のIntel Core i Processorは14nmプロセスの“Skylake”をベースとしていますが、この次の世代となるのは同じく14nmプロセスの“Kaby Lake”となります。この“Kaby Lake”の位置には本来10nmプロセスの“Cannon Lake”が来るはずでしたが、プロセス技術の開発の難航化に伴い、3番目の14nmプロセスCPUとして据えられたという経緯があります。

今までの情報では“Kaby Lake”の次は10nmプロセスの“Cannon Lake”になると言われていましたが、どうやらこれも様子が変わってきた模様です。

Mobile向けの2-core+GT2のCPUについてはこれまでの情報通り“Kaby Lake”の次に10nmプロセスの“Cannon Lake”が投入されます。しかしそれ以上の4-core+GT2/GT3eや2-core+GT3eのCPUについては4番目の14nmプロセスCPUとなる“Coffee Lake”が据えられる模様です。
[【6-coreで】4番目の14nm CPU―“Coffee Lake”【こころぴょんぴょん】]の続きを読む
Intel Skylake-X and Kaby Lake-X Processors Detailed – Supported by Basin Falls-X Platform With LGA 2066 Socket, Launching in 2H 2017(WCCF Tech)

現行のハイエンドデスクトップ向けCPUは“Broadwell-E”ですが、これの後継となる“Skylake-X”と“KabyLake-X”はともにLGA2066と呼ばれるsocketと“Basin Falls”と呼ばれるプラットフォームを用いることが明らかにされています。

“BasinFalls X-series Platform Overview”と題されたスライドでは“Broadwell-E”の次の世代のハイエンドデスクトップ向けプラットフォームの概要が記されています。使用されるPCHは“KabyLake-X PCH”でCPUとはDMI 3.0 x4で接続されます。PCHから出るI/OはPCI-Express 3.0が24レーン、USB 3.0が10ポート、SATA 6.0Gbpsが8ポートとなります。
[“Skylake-X”と“KabyLake-X”はともにLGA2066 socketを用いる]の続きを読む
AMD VEGA10 and VEGA11 GPUs spotted in OpenCL driver(VideoCardz)

最新のCrimson softwareのOpenCL driverに“Vega 10”と“Vega 11”の記述があった模様です。

  SI:Tahiti
  CI/GFX 7:Milos, Kryptos, Hawaii, Navis, Pennar, Bonaire, Kabini
  VI/GFX 8:IceLand, Tonga, Carrizo, Bermuda, Fiji
  GFX 8.1:Amur, Stoney, Ellesmore, Derecho
  GFX 9:Greenland, Raven1X, Vega 10, Vega 11
[AMDのOpenCL driverに“Vega 10/Vega 11”の記述があった模様]の続きを読む
Rumor: 16nm for NVIDIA's Volta Architecture(PC Perspective)

NVIDIAが“Volta”では10nmプロセスを使わないという噂が出てきている。“Volta”で使われるプロセスは“Pascal”都同じ16nmプロセスになるという。GPUの性能を純粋に引き上げる方法はおおざっぱに2つで、1つは現行のアーキテクチャをより効率的なものにすること、もう1つはより大型のチップを作ることである。
[“Volta”は16nmプロセスで製造される・・・らしい]の続きを読む